FC2ブログ

空飛ぶ色いろnatsuno07

ようこそ! 
本に関すること、日々のこと、いろいろです。
ゆっくり遊んで行ってください。
文中敬称略とさせていただきます。
引用は青字にしています。

プロフィール

author: natsuno07 ♀
絵を見ることが好き。 読書が好き。文鳥が好き。
日常のあれこれ書いてます。
詩のサイトはこちら
シア・シュガー
うちの文鳥




yumenosuke


natsuno07



@soratobuiroiro

更新通知なつぶやき


カレンダー


09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


記事の年月でさがす


2019年 10月 【1件】
2019年 09月 【3件】
2019年 08月 【6件】
2019年 07月 【6件】
2019年 06月 【5件】
2019年 05月 【5件】
2019年 04月 【5件】
2019年 03月 【8件】
2019年 02月 【7件】
2019年 01月 【6件】
2018年 12月 【5件】
2018年 11月 【6件】
2018年 10月 【4件】
2018年 09月 【7件】
2018年 08月 【6件】
2018年 07月 【7件】
2018年 06月 【6件】
2018年 05月 【10件】
2018年 04月 【12件】
2018年 03月 【17件】
2018年 02月 【20件】
2018年 01月 【4件】
2017年 12月 【3件】
2017年 11月 【3件】
2017年 10月 【7件】
2017年 09月 【8件】
2017年 08月 【12件】
2017年 07月 【6件】
2017年 06月 【11件】
2017年 05月 【12件】
2017年 04月 【14件】
2017年 03月 【15件】
2017年 02月 【12件】
2017年 01月 【6件】
2016年 12月 【9件】
2016年 11月 【13件】
2016年 10月 【2件】
2016年 09月 【3件】
2016年 08月 【6件】
2016年 07月 【8件】
2016年 06月 【9件】
2016年 05月 【11件】
2016年 04月 【1件】
2016年 03月 【8件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【2件】
2015年 12月 【8件】
2015年 11月 【3件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【2件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【4件】
2015年 04月 【6件】
2015年 03月 【7件】
2015年 02月 【5件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【3件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【3件】
2014年 05月 【6件】
2014年 04月 【6件】
2014年 03月 【8件】
2014年 02月 【3件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【4件】
2013年 09月 【12件】
2013年 08月 【15件】
2013年 07月 【15件】
2013年 06月 【10件】
2013年 05月 【11件】
2013年 04月 【6件】
2013年 03月 【7件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【4件】
2012年 10月 【6件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【10件】
2012年 07月 【10件】
2012年 06月 【2件】
2012年 05月 【7件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【10件】
2012年 02月 【7件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【9件】
2011年 10月 【12件】
2011年 09月 【5件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【15件】
2011年 06月 【6件】
2011年 05月 【9件】
2011年 04月 【11件】
2011年 03月 【5件】
2011年 02月 【4件】
2011年 01月 【11件】
2010年 12月 【7件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【9件】
2010年 09月 【8件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【16件】
2010年 06月 【18件】
2010年 05月 【14件】
2010年 04月 【16件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【4件】
2009年 12月 【10件】
2009年 11月 【12件】
2009年 10月 【12件】
2009年 09月 【4件】
2009年 08月 【15件】
2009年 07月 【15件】
2009年 06月 【8件】
2009年 05月 【14件】
2009年 04月 【19件】
2009年 03月 【11件】
2009年 02月 【14件】
2009年 01月 【23件】
2008年 12月 【14件】
2008年 11月 【19件】
2008年 10月 【7件】
2005年 01月 【1件】



カテゴリでさがす

手書き風シリーズ星本の種類、など
記事のメインカテゴリーです。



キーワードでさがす




タグでさがす

手書き風シリーズ星記事の多い順です。


RSSリンクの表示




お問い合わせ


こちらから

2013.05.09  博士の愛した数式  


hakasenoaishita_.jpg
博士の愛した数式 (新潮文庫)
(2012/07/01)
小川洋子

1975年、交通事故で頭に大怪我をして、
それ以降は80分しか記憶の続かない博士にとって、
江夏は阪神の選手であり続けます。
だから博士の家の家政婦の息子である少年が、
「江夏は広島カープに移籍した」という話しを聞かせると
博士は80分間の間だけ激しくショックをうけます。
博士は「阪神の」江夏の大ファンなのです。
少年は深く後悔して、
その後は、そのことについて話さないことに決めます。

でも、それでいいのか?
わたしが、今よりもっとずっと野球をよく見て、阪神ファンだった頃
江夏はすでに「広島カープの選手」でした。
めっぽう強かった広島のリリーフピッチャー江夏が
こころに焼きついています。
そして引退後、薬物で逮捕されたことも。

何を知っているわけではないけれど。
江夏がまだ阪神にいることにして、
ナイターを平和に観戦する風景は嘘だと思うのでした。
でも、多くの場合平和というものはそういうものかもしれない。
ともあれ、博士の永遠の記憶の中にある背番号28
その怒りとも悲しみとも喜びともつかない「存在感」には、
こころ打たれるものがあります。

この小説は2003年に出版されています。
少年の誕生日が9月11日であり、
博士と少年の「離れ」での記憶の最後になることには
意味があるのだろうと思います。
2001年の不幸なテロも予測できない
どんな原発事故も予測できない
すこしいびつだけれど、平和に見える1980年代後半の風景です。

関連記事in my blog: ことり


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村




2013.03.29  ビブリア古書堂の事件手帖 4 


biburiokosho4.jpg
ビブリア古書堂の事件手帖 4 栞子さんと二つの顔
(アスキー・メディアワークス 2013/02/22)
三上 延

このシリーズの文庫本が本屋さんの平台に並んでいるのが
前々から気になってました。
テレビドラマを見ていたらやっぱり面白そう。
江戸川乱歩のエピソードを
ドラマで放映される前に急いで読みました。
あとから録画しておいたドラマを見てみると、
貴城慶子と田辺邦代の姉妹のイメージが全然違ってました。
ヒトリ書房の店主も。

ともあれ、
コレクター魂というか、フェチな感じが
江戸川乱歩とあいまって、
なかなかに濃くなりそうなところを
香りよく仕上げている感じ。
横溝正史が江戸川乱担当の編集者だったとは・・
というような、「ふうん」と思う情報も多々あり、
とても面白かったです。

ドラマの栞子さんはショートで童顔、
挿絵の栞子さんは髪が長くて眼鏡ガール。
ゴウラさんは、てっきり鎌倉→神奈川→箱根の「強羅さん」
だと思い込んでましたが、「五浦さん」 でした。


関連記事in my blog: ぼくらは少年探偵団

よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村




2012.10.31  クリスティのハロウィーン・パーティー  


Hallow_.jpg
ハロウィーン・パーティー (ハヤカワ・ミステリ)
(早川書房 1971/12/15)
アガサ・クリスティー 作 中村 能三 訳

ハローウィンが近づいたので、
アガサ・クリスティのこの推理小説を読み返しました。
「殺人を見たことがある」
という少女の発言から、ハローウィンパーティで悲劇が起こります。

こどもの頃に江戸川乱歩を読んだ時のような「怖いもの見たさ」、
で、読んでいるというわけでもなく、
ただ、なんとなく時間をつぶしてしまったような感じ。
何故、犯人が罪を犯したのか、という
動機に関しては
まぁ、ふうん・・というような感じです。
そのくせ読み返すのは三度目。
裏を返せば、こういうリアリティのない人を
「犯人」にしたい気持ちが
万国共通的にあるのかも、なんて思ったりもします。

話しは違いますが、10月から始まったドラマの
「悪夢ちゃん」にはまってます。
背中に羽を生やした「夢王子」というのが出てきます。
こちらもリアリティ・ゼロ。
「夢王子」はイイ者か?ワル者か?
はたまた、笑えるだけか?
知りたいような、知りたくないような。

関連記事 in my blog: ハローウィン・いろいろ,  ツヨイ味方


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村




2012.04.02  ピトロクリの谷 


先日、古本を売ってきました。
どうして昨日までずっと持っていたものを今日捨てようと思うのか?
なぜこれは、今日もまた捨てないと思うのか?
人のこころはうつろうのね。
そういえば、何百年もかわらない
絵のような風景、ピトロクリの谷っていうのが出てくる
夏目漱石の「永日小品」の中の「昔」を読み返してみました。

変るも変わらないも、そもそも
こんな話だっけ、と初めて読む気持ち。
そしてスコットランドの民族衣装、
キルトの説明が、面白いかったです。

俥の膝掛のように粗い縞の織物である。
それを行灯袴に、膝頭まで裁って、竪に襞を置いたから、
膝脛は太い毛糸の靴足袋で隠すばかりである。


「俥」とは人力車かな?「靴足袋」はハイソックス。
「行灯袴」?譬えが古すぎてわからん、と調べて納得。
変わらない風景の話なのに、変わっていることがいっぱい。
うちにある新潮文庫は、こんな可愛い表紙じゃないですが、
今日もまた「捨てない」と思い、
すっかり変色しても本棚に残っています。
永日小品を含む、短編が多数収められているものです。

buncho.jpg
文鳥・夢十夜 (新潮文庫)
(2002/09)
夏目 漱石


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村




2011.10.01  鳩の栖 


ワンセグドラマの「野田ともうします」を何気に見ていたら、
30歳、それはオウムを飼うかどうか決断するトシゴロ、だそうです。
長生きのオウムを「飼いとげる」なら30歳がギリ。
え゛、いいなぁー、鳥はみんな短命なのかと思ってた。
うちの文鳥を目の前に、
「飼い主がずっとそばにいてあげられるわけじゃないんだよ。」
というような説教をしたいものだと思うのでした。

「野川」の伝書鳩の話が心に残ったので、同じ長野まゆみの、
短編集「鳩の栖」を読みました。
「鳩の栖」は、エレジーという言葉を思い出させる短編集です。
文鳥と遊んだり、こぜりあいしたりしながら、
心のどこかで水琴窟の音に耳をすますような
そんな気持ちになったりするのです。

hatonosumika.jpg
鳩の栖 (集英社文庫)
(2000/11/17)
長野 まゆみ


関連記事 in my blog: 野川,  野川公園の風景


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村




2010.06.03  濹東綺譚 


梨木 香歩の「家守綺譚」を読んだとき、「綺譚」って言葉なんかいいなぁ
と思った勢いで、「濹東綺譚」を読んでみました。
雨が降ってきて、女が傘に飛び込んでくるという出だしは、
けっこう綺麗なんですけど。
つまるところ、こういう恋愛系「一人称小説」はヒトゴトだし・・・
ま、ふうん・・という感じで。
ただやっぱり「濹東綺譚」というタイトルは雰囲気あるなぁと思います。
川のイメージ、墨絵のイメージ、「水」の気配がする感じ。
「家守綺譚」にも、池や川が出てきます。
「綺譚」は水のある場所で起きる・・そんな感じがするのです。

木村荘八の挿絵がよい・・
とあちこちで書かれていますが、不思議な行き止まり感があります。
東京の街角も今とはまるで違います。
ほんのり江戸の香りを残している風景。
木村荘八の著書で
同じ岩波文庫に「新編 東京繁昌記」というのがありました。
これも面白そうです。

関連記事 in my blog: 不思議な偶然


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村





2009.11.27  震える岩 


歌舞伎座
(オンマウスで幕見席への入り口)

さよなら公演もあとわずか。
10月から、こっち、毎月観劇してます。
3階席ばっかりなので、なんとか下に降りて見たいものですが、
1月から、どーんとお値段が。
・・・それはともかくとして、
今月は、舞台に垂直に作られているバルコニー席
(カレーコーナーに近い)にはじめて座りました。
あそこで見るとどんなだろう?とずっと思ってました。

1.花道は見えないけれど壁伝いに台詞が響いてくるので、
あたかも後ろに立たれたような気がする
2.舞台が平行四辺形に見えて、みょうな感じに寸詰まりになってしまう

などということを知りました。
普通ならがっかりするのに、
舞台を見ていても視界に客席が入り込んでくるため、
長い間、たくさんの人がここで芝居を見たんだなぁと、
しみじみしたりしました。

歌舞伎座
(三階席へ向かう階段、オンマウスで、廊下の絵画。)

11月は忠臣蔵。
あだ討ちの話なんてあんまり興味ないぞ・・と思っていたのですが、
宮部みゆきの「震える岩」を読んで以来、
気になる話になりました。
討ち入りのあったのが元禄15年。
それから100年後の江戸で起きた赤穂浪士にまつわる怪異譚。
人は、生まれてくる時代を選べない、その時代に生きるより仕方ない
そういうカナシサが生む、不思議話です。

舞台の由良之助(内蔵助)は仁左衛門。
カッコイイから、昼行灯には見えないけれど、
廓で遊んでいても、こころは堅物な感じでありました。

震える岩―霊験お初捕物控
(講談社文庫 1997/09)
宮部 みゆき

関連記事 in my blog: あんじゅう,  英雄の書


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村