FC2ブログ

空飛ぶ色いろnatsuno07

ようこそ! 
本に関すること、日々のこと、いろいろです。
ゆっくり遊んで行ってください。
文中敬称略とさせていただきます。
引用は青字にしています。

プロフィール

author: natsuno07 ♀
絵を見ることが好き。 読書が好き。文鳥が好き。
日常のあれこれ書いてます。
詩のサイトはこちら
シア・シュガー
うちの文鳥




yumenosuke


natsuno07



@soratobuiroiro

更新通知なつぶやき


カレンダー


10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


記事の年月でさがす


2019年 10月 【2件】
2019年 09月 【3件】
2019年 08月 【6件】
2019年 07月 【6件】
2019年 06月 【5件】
2019年 05月 【5件】
2019年 04月 【5件】
2019年 03月 【8件】
2019年 02月 【7件】
2019年 01月 【6件】
2018年 12月 【5件】
2018年 11月 【6件】
2018年 10月 【4件】
2018年 09月 【7件】
2018年 08月 【6件】
2018年 07月 【7件】
2018年 06月 【6件】
2018年 05月 【10件】
2018年 04月 【12件】
2018年 03月 【17件】
2018年 02月 【20件】
2018年 01月 【4件】
2017年 12月 【3件】
2017年 11月 【3件】
2017年 10月 【7件】
2017年 09月 【8件】
2017年 08月 【12件】
2017年 07月 【6件】
2017年 06月 【11件】
2017年 05月 【12件】
2017年 04月 【14件】
2017年 03月 【15件】
2017年 02月 【12件】
2017年 01月 【6件】
2016年 12月 【9件】
2016年 11月 【13件】
2016年 10月 【2件】
2016年 09月 【3件】
2016年 08月 【6件】
2016年 07月 【8件】
2016年 06月 【9件】
2016年 05月 【11件】
2016年 04月 【1件】
2016年 03月 【8件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【2件】
2015年 12月 【8件】
2015年 11月 【3件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【2件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【4件】
2015年 04月 【6件】
2015年 03月 【7件】
2015年 02月 【5件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【3件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【3件】
2014年 05月 【6件】
2014年 04月 【6件】
2014年 03月 【8件】
2014年 02月 【3件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【4件】
2013年 09月 【12件】
2013年 08月 【15件】
2013年 07月 【15件】
2013年 06月 【10件】
2013年 05月 【11件】
2013年 04月 【6件】
2013年 03月 【7件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【4件】
2012年 10月 【6件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【10件】
2012年 07月 【10件】
2012年 06月 【2件】
2012年 05月 【7件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【10件】
2012年 02月 【7件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【9件】
2011年 10月 【12件】
2011年 09月 【5件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【15件】
2011年 06月 【6件】
2011年 05月 【9件】
2011年 04月 【11件】
2011年 03月 【5件】
2011年 02月 【4件】
2011年 01月 【11件】
2010年 12月 【7件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【9件】
2010年 09月 【8件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【16件】
2010年 06月 【18件】
2010年 05月 【14件】
2010年 04月 【16件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【4件】
2009年 12月 【10件】
2009年 11月 【12件】
2009年 10月 【12件】
2009年 09月 【4件】
2009年 08月 【15件】
2009年 07月 【15件】
2009年 06月 【8件】
2009年 05月 【14件】
2009年 04月 【19件】
2009年 03月 【11件】
2009年 02月 【14件】
2009年 01月 【23件】
2008年 12月 【14件】
2008年 11月 【19件】
2008年 10月 【7件】
2005年 01月 【1件】



カテゴリでさがす

手書き風シリーズ星本の種類、など
記事のメインカテゴリーです。



キーワードでさがす




タグでさがす

手書き風シリーズ星記事の多い順です。


RSSリンクの表示




お問い合わせ


こちらから

2016.12.14  エノケソ一代記 


enokeso0.jpg
(うちの文鳥が、恐れ多くもエノケソさんの顔に乗ってます。
すみません。)

世田谷パブリックシアターで「エノケソ一代記」を観てきました。
三谷幸喜の脚本で、猿之助と吉田羊が出演
エノケンの話かぁ、エノケンって、
サザンの歌詞に「エノケンロッパの芝居とちゅう・・」
てのがあったよね、とまるでわかってない状態で出かけました。
(エノケンロッパという人がいるのだと思っていた)
舞台がはじまってからしばらくしてようやく気づいたことに
エノケンじゃなくて、「えのけそ」
芝居の中の観客そのままに、だまされてしまっておったのでした。
戦前から戦後にかけて大人気だったという喜劇王
・・・に憧れ、尊敬し、偽者を各地で演じ続ける
「エノケソ」の可笑しくて、やがて悲しい物語。

そして、この芝居にはロッパ・・
いや、「くちっぱ」も登場して、なんと三谷幸喜が演じています。
はじめて観る三谷幸喜のお芝居で、
とってもレアな役者三谷幸喜を見ることができました。
ラッキーでした。くちっぱ、好きでした。
そして吉田羊は、思ったとおりの素敵っぷりでした。
他に好きだったのが山中崇の「柳沢さん」たち。
四国、東北、九州、関西、関東に出没する
さまざまな柳沢さんが、「おそまつくん」の5つ子のごとく
一人五役で登場します。
場面が変わるごとに、期待が高まるのです。
どんな柳沢さんが現れるだろうと。

舞台を見て大笑いしたあげくに、涙してしまいました。



よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村






2016.11.18  遠野物語・奇ツ怪其之三 




ここのところ観たいなと思ったお芝居が続いて、
先日は三軒茶屋のパブリックシアターで、
「遠野物語 奇ツ怪 其ノ三」を観ました。
今年の6月には遠野にも行ったし、
あの「雁助さん」役の山内圭哉が出演するというので
楽しみにしていました。

「標準化政策」により、逸脱するものを違法とする
そんな、ある時、あるところに
怪奇現象を文章にした嫌疑で捕まったヤナギダ(仲村トオル)と
警察から委託されて検閲するイノウエ(山内圭哉)がいました。

といわれても、アリスの穴に落ちたみたいで
なんのこっちゃですが、次第に
「ヤナギダ」と「イノウエ」のつかさどる
「言い伝え」と「事実」との境界はあいまいになり
夕暮れと明け方をたそがれ、かわたれというように、
どちらかわからないし、いつなのかもわからない
不思議な感覚に襲われてきます。
二人の間を物語は、
「あや取り」みたいに、ほどけて一本の輪になったかと思うと
複雑に絡み合って橋になったり、川になったりします。
その入れかわりがあまりに自然で
夢の中にいるような感じでもありました。

ニュースは忘れられてしまう、だから物語にして
伝えていかなければならないのだ、とヤナギダは言います。
一方イノウエは、娘の失踪を「神隠し」と言われても
決して認めることはできないのだと言います。
わたしは、どちらかというとイノウエに共感しました。
このイノウエ、最初はコテコテの関西弁で登場したのに
物語に巻き込まれていくうちに、思いっきり遠野弁になってました。
流されるタイプだからこそ流されたくないのか。
遠野弁といえば、「朝が来た」では成澤泉役だった瀬戸康史が
九州男児らしいのに遠野出身の人としか思えないのでした。
そして、舞台で見るのは初めてでしたが、銀文蝶がすてきでした。
彼女の声は、舞台で聞いてこそなのかなと。

関連記事 in my blog: 雁助さん, わくらば


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村






2016.11.15  タンゴ 冬の終わりに 


Fuyutan0.jpg
(1984年 初演時のチラシ)

先日亡くなった平幹二郎が演じている、
「タンゴ、冬の終わりに」は、初演と再演の2回見ています。
その後、ずいぶんたってから同じ役を堤真一がやっているのを観ました。
つい最近のことのように思っていたら
なんと10年前の今日、2006年11月15日でした。
日記を読み返すと、
「若い頃観たときの、
何がなんだかわからないけれど感動してしまうような
そういう感覚は全然思い出せず、
小学生の時楽しかったシーソーに乗っても、
何がそんなに楽しかったのか思い出せないような・・。」
なんて書いてありました。

それからさらに10年の歳を重ね
はたと気づけば、この舞台を演出した蜷川幸雄も
相手役の松本典子も亡くなってしまって、それこそ、
取り壊しになる映画館「北国シネマ」の客席に坐っているような
寂しさがあります。
最後の台詞が好きでした。
ここは予定通り、5月に取り壊されます
美しく、哀しい廃墟・・魂のすみか・・
それ自体 ひとつの魂

初演は4月、桜の季節だったので、舞台がはければ消えていく
そういう切なさがなんともいえずいいなと思ったものでした。

久しぶりに、チラシを引っ張りだしてきて、
ちょっと面白いことに気づきました。
初演のときは、「鳴り響くタンゴが呼び醒ます、平家伝説の世界」
とあり、引退した俳優、清村盛(主人公)について、
「最後に演じた平清盛役で、現実と虚構の壁が壊れたとも」
なんて説明書きがあります。
そうだったかなぁ、
と戯曲を読み返してみましたが、やっぱりそんなシーンはありません。
再演の時のチラシには、
「あの輝かしくも哀しかった青春の日々、追憶と狂気
たぐりよせる愛の残照」
とあり、
うん、それは確かにという感じです。
初演は、予定していたものとは違ったものに仕上がって
チラシの変更は間に合わなかったのかもしれない。
それでも、まぁ、いいやという長閑さ。30年前でした。

Fuyutan1.jpg
(1986年 再演時のチラシ)

関連記事 in my blog: 雨の夏、三十人のジュリエットが還ってきた



よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村








2016.11.14  るつぼ 




今年は渋谷でハロウィンのために交通規制が引かれたりしてましたが、
これもまたハロウィンゆえの上演なのかなと思いながら
渋谷のシアターコクーンで、アーサー・ミラーの「るつぼ」を見ました。
魔女裁判の事件を元に集団心理の怖さを描いた芝居です。
舞台は、1692年のアメリカ東部のせーラム。
日本でいえば元禄時代。
地球規模の異常気象で、洋の東西を問わず
作物が不作となり、飢饉が発生していたそうです。
少女数名が魔女に取りつかれた、という騒ぎに端を発して、
死刑者が19人にも及ぶ異常事態。

その大騒動は、村人たちの小さくまた個人的な騒動が
寄り集まって、増幅していくものでした。
たとえば、病弱な妻の目を盗んで、若い女と浮気した農夫。
この農夫に恋い焦がれる若い女が
恋敵の妻を魔女だと言い立てるのです。
この三人を演じていたのは、
堤真一、松雪泰子、黒木華。
黒木華の安珍清姫みたいな無邪気さと残酷さ。
松雪泰子の静かだけれど、ゆるぎない存在感。
そこまで女に想われてしまうがうなずける堤真一の魅力。
恋物語としては、
道徳観とか、正義感とかいう部分が強すぎる台本ですが
それでもなお、鮮やかな心模様を見た気がします。

このキャストで、
清水邦夫の「タンゴ、冬の終わりに」を見てみたいなと
思ったのでした。

関連記事 in my blog: なにか、きらめくものを思い浮かべて


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村






2016.10.15  あの大鴉、さえも 


Ogarasu.jpg

池袋の東京芸術劇場で竹内銃一郎の「あの大鴉、さえも」を観ました。
台本では3人の男のところ、
小林聡美、片桐はいり、藤田桃子の3人の女に入れ替わっています。
舞台は斜めになったまっ白い壁
やや高い位置にあるドアノブ、ものすごく高い位置にある蛇口
それから木の椅子。
下手側に木の机があって、チェス盤が乗っています。
ガラス板を運んでいる三人組が迷子になっている
やたらに重いガラスに振り回され
何度も限界を感じては
気が付くと前とはちがう局面に立っている彼らの(彼女たちの)
パントマイムな動きに声を立てて笑ってしまいます。

時折、下手側のチェス盤の位置に
三人組とは別の視点が現れます。
誰かがチェス盤を頬杖をついて覗き込んで
この人もまた行き先を考えています。
状況について説明しようとしています。
この芝居を観ようと思ったのは、大昔に観た
「戸惑いの午后の惨事」がとても好きだったからですが、
このお芝居にもまた戸惑い、途方に暮れている
ひとたちの姿がありました。

芝居を観ていてまるで関係ないのですが、母のことを考えていました。
母は、どちらかというと片付けものが苦手で、
毎年衣替えの季節がくると、家族のものを押入れから出してきて
出したあげくに途方放棄、「明日続きをやるわ」と。
学校から帰ってくると、ああまた家の中が・・と愕然とする。
わたしは、どちらかというと片付けものが好きなほうなので
何故そうなるかと思いながら、自分の物は自分で片付けようとすると
「考えがあるから待ってちょうだい」といって母に阻止されるのです。
今の母は、もうすっかり耄碌してしまっていて片付けものどころではありません。
それなのに行くと「忙しいだろうから、よっぽど暇なときに顔見せてちょうだい」
なんてことを言います。
どんなに途方に暮れているように見えても「考えがある」風です。
わたしも相当忙しいですが、
「だから、よっぽど暇だから来たの」と。
それが、なんだか見えないけれど壊れやすくて重いガラスを
「押すなよ」「足が痛いんだよ」と言いながら運んでいる3人組と
なんだか似てるような・・・。

それはそもそもの台本どおりの「3人の男たち」
だったら感じられなかったことかもしれません。
最後に彼ら(彼女ら)の運ぶ「大ガラス」には
きれいな月が映っていいたようです。


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村






2016.03.22  野鴨中毒 


野鴨

東京芸術劇場で、結城座の「野鴨中毒」を見ました。

冒頭、木の鳥かごを持った男が舞台にあらわれ、
飛散した鉛銃弾で鉛中毒になった
水鳥の最期について語ります。
ベトナムの俳優によるベトナム語の台詞。
やがて黒衣の葬列が静かに彷徨いこんできます。
自殺を禁じているキリスト教会の墓地には、埋葬できないらしい。
それに行きあった一人の猟師が
宗旨を問わない墓所へ案内することになります。
いったい何があったか道々猟師に語り聞かせる形で、
イプセンの「野鴨」が始まります。

自殺したのは14歳の少女でした。
その少女の母はベトナム人の女優レ・カインが演じています。
映画「夏至」で次女を演じた美しい人です。
イプセンの「野鴨」には出てこない、
鉛中毒で死んでいく鴨の姿が投影されることで
「ほかに生きるすべがどこにもない」生き物の嘆きが見えてきます。
水鳥たちは、消化のために小石を食べます。
散弾銃の破片と小石の違いを
わからずに摂取するので鉛中毒になるのです。
嘘だろうが本当だろうが食べる
芝居の中で、絶望にかられた少女の父親が家に帰ってきて
そのわりにはパクパク食事をとるシーンがあります。
なんともいえず愛しいシーンです。
生き物というのはそういうものだなと思う。
でもそこに、毒が含まれているとしたら。

義憤にかられて真実をぶちまけた男が、
なぜ自分のことを食卓の13人目の客と言ったのか、
なぜ、少女は自ら命を絶ったのか、
よくわからないこともありましたが、
愛するものを失う嘆きの声が、ただただ沁みました。
このお芝居は、日本を皮切りに、ベトナムや
他の国でも演じられるそうです。
音楽も、人形も、演者の人たちも素晴らしかったです。
結城座のお芝居は好きなものがたくさんありますが、
いままで一番感動した「テンペスト」を抜く感動でした。

関連記事 in my blog: 早春の「真夏の夜の夢」


よろしければポチっとお願いいたします。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






2015.11.09  放浪記 ふたたび 


Moji5.jpg
(関門海峡)

仲間由紀恵の「放浪記」をシアタークリエで観てきました。
この夏にちょうど門司で林芙美子ゆかりの展示品など見てきたところ、
そこにTRICKの山田奈緒子がオーバーラップして
絶対観たいなと思ったのです。

主演女優が若返ったら、放浪記の背景がぐっと古びて感じられました。
すでに「時代劇」の領域です。
帝劇より舞台も近いし、
門司にもあった、レトロな町並みに入り込んだようです。
若返り、若返りと言うなよって感じですが、
若返ったので、
危なっかしさといけなさと
可愛げと明るさと人恋しさがくっきりしてました。
「日夏京子め何を言う」
あんな雑魚寝状態の安宿で、人の迷惑顧みず
夜中に原稿を埋めていた芙美子が、
いつか、寝る暇もなく執筆に追われるほど出世して
書斎でうたた寝をしているのが
「しあわせじゃない」
わけがあろうか。
あの日あの晩、あんなに一心不乱に原稿を埋めていた芙美子にとって
「物書き」になれないほうがよほど不幸なんじゃないだろうか。
そんな「しなやかさ」と
「がむしゃらさ」が感じられる、
まだまだ元気な芙美子でした。

秋はいゝな
朝も夜も
私の命がレールのやうにのびて行きます。
(詩集 蒼馬を見たり 「秋のこゝろ」)



門司
(大正時代の門司港の街並みを再現した海峡レトロ通り。)

関連記事 in my blog: 放浪記 その1, 木村荘八展


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村