FC2ブログ

空飛ぶ色いろnatsuno07

ようこそ! 
本に関すること、日々のこと、いろいろです。
ゆっくり遊んで行ってください。
文中敬称略とさせていただきます。
引用は青字にしています。

プロフィール

author: natsuno07 ♀
絵を見ることが好き。 読書が好き。文鳥が好き。
日常のあれこれ書いてます。
詩のサイトはこちら
シア・シュガー
うちの文鳥




yumenosuke


natsuno07



@soratobuiroiro

更新通知なつぶやき


カレンダー


06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


記事の年月でさがす


2019年 07月 【1件】
2019年 06月 【5件】
2019年 05月 【5件】
2019年 04月 【5件】
2019年 03月 【8件】
2019年 02月 【7件】
2019年 01月 【6件】
2018年 12月 【5件】
2018年 11月 【6件】
2018年 10月 【4件】
2018年 09月 【7件】
2018年 08月 【6件】
2018年 07月 【7件】
2018年 06月 【6件】
2018年 05月 【10件】
2018年 04月 【12件】
2018年 03月 【17件】
2018年 02月 【20件】
2018年 01月 【4件】
2017年 12月 【3件】
2017年 11月 【3件】
2017年 10月 【7件】
2017年 09月 【8件】
2017年 08月 【12件】
2017年 07月 【6件】
2017年 06月 【11件】
2017年 05月 【12件】
2017年 04月 【14件】
2017年 03月 【15件】
2017年 02月 【12件】
2017年 01月 【6件】
2016年 12月 【9件】
2016年 11月 【13件】
2016年 10月 【2件】
2016年 09月 【3件】
2016年 08月 【6件】
2016年 07月 【8件】
2016年 06月 【9件】
2016年 05月 【11件】
2016年 04月 【1件】
2016年 03月 【8件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【2件】
2015年 12月 【8件】
2015年 11月 【3件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【2件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【4件】
2015年 04月 【6件】
2015年 03月 【7件】
2015年 02月 【5件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【3件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【3件】
2014年 05月 【6件】
2014年 04月 【6件】
2014年 03月 【8件】
2014年 02月 【3件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【4件】
2013年 09月 【12件】
2013年 08月 【15件】
2013年 07月 【15件】
2013年 06月 【10件】
2013年 05月 【11件】
2013年 04月 【6件】
2013年 03月 【7件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【4件】
2012年 10月 【6件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【10件】
2012年 07月 【10件】
2012年 06月 【2件】
2012年 05月 【7件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【10件】
2012年 02月 【7件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【9件】
2011年 10月 【12件】
2011年 09月 【5件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【15件】
2011年 06月 【6件】
2011年 05月 【9件】
2011年 04月 【11件】
2011年 03月 【5件】
2011年 02月 【4件】
2011年 01月 【11件】
2010年 12月 【7件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【9件】
2010年 09月 【8件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【16件】
2010年 06月 【18件】
2010年 05月 【14件】
2010年 04月 【16件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【4件】
2009年 12月 【10件】
2009年 11月 【12件】
2009年 10月 【12件】
2009年 09月 【4件】
2009年 08月 【15件】
2009年 07月 【15件】
2009年 06月 【8件】
2009年 05月 【14件】
2009年 04月 【19件】
2009年 03月 【11件】
2009年 02月 【14件】
2009年 01月 【23件】
2008年 12月 【14件】
2008年 11月 【19件】
2008年 10月 【7件】
2005年 01月 【1件】



カテゴリでさがす

手書き風シリーズ星本の種類、など
記事のメインカテゴリーです。



キーワードでさがす




タグでさがす

手書き風シリーズ星記事の多い順です。


RSSリンクの表示




お問い合わせ


こちらから

2017.08.15  古い旅の絵本ー 8月15日に思うこと 



古い旅の絵本―茂田井武画集
(JULA出版局 1999/12/15)
茂井田 武
(表紙絵は、雪の日のレマン湖)

前からほしいなと思っていたこの画集を
古本屋さんで手にいれました。
戦争末期、茂田井武から出版前の原画(折本)を託された編集者は、
外套に専用の内ポケットを縫い付けて
避難の時には必ず持って逃げたそうです。

青いソフトに降る雪は過ぎしその手か囁きか
「古い旅」という題とあいまって
白秋の詩を思い浮かべる表紙絵は
レマン湖の雪景色なのだそうです。
レマン湖といえば、先日読んだ、「家族手帳」
湖のほとりにあるローザンヌの街で
夏を過ごす若者の話が描かれている章がありました。
かつてフランス語の授業で読んだところです。

自分もこんな女性になりたいと思うような憧れの教授の講義でした。
いまでもありありと覚えているのですが、あるとき
「もし、日本にまた徴兵制度が復活するときがあったら、
あなたがた、自分は女性だから関係ないと思ってはいけない」と
強い口調で先生がおっしゃいました。
先生の目の前にいるわたしたちは、
先生が終戦を迎えたころと同じくらいの年齢でした。
先生の同年代の男子は、男子だからという理由で徴兵検査を受け、
召集され、戦地で負傷する、飢餓にくるしむ
マラリアにくるしむ、凍傷にくるしむ、人殺しをする、
男子だから・・
それは、女子に学問など必要ないというのと同じくらい理不尽。
もう他界されているし、
自分は断片的な言葉を覚えているだけなので、真意は不明です。
でも「家族手帳」をテキストに選んだということは、
強い「反戦」の思いを持たれていたと思います。

わたしの描きたい絵は印象のレンズを通して焼き付けられた
脳中の印画というべきもので、記憶にひっかかって抜けないもの
過去の印象の鮮やかなものたちである。


これは、本のあとがきに引用されている茂田井武のことばです。
印象のレンズの向こうに、
たとえば、夜のセーヌをすべっていく遊覧船の明かりが見える。
(「家族手帳」のワンシーンです。)
あるいは戦禍の中、外套の内ポケットに絵本をかかえて
必死に逃げていく人の姿が見える。
さまざまな、人々の日常。
フランス語の授業をしている先生の姿。
授業中、居眠りをしている自分の姿。
それは記憶にひっかかって抜けないもの
過去の印象の鮮やかなものたちです。

終戦から72年たった今、また「戦前」にリセットされた感のある今
ほんとうに守りたいと思うものを
どのように守るのか
もっと考えなきゃいけないんだと思うのでした。

関連記事 in my blog:  光の時代,  家族手帳 Livret de famille, 青いソフトに


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト




← 奈良美智がつくる 茂田井武展 夢の旅人 / Home / プラハ動物園のハシビロコウと文鳥 →

Comment Post


Name:
Title:

Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home