FC2ブログ

空飛ぶ色いろnatsuno07

ようこそ! 
本に関すること、日々のこと、いろいろです。
ゆっくり遊んで行ってください。
文中敬称略とさせていただきます。
引用は青字にしています。

プロフィール

author: natsuno07 ♀
絵を見ることが好き。 読書が好き。文鳥が好き。
日常のあれこれ書いてます。
詩のサイトはこちら
シア・シュガー
うちの文鳥




yumenosuke


natsuno07



@soratobuiroiro

更新通知なつぶやき


カレンダー


11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


記事の年月でさがす


2019年 11月 【4件】
2019年 10月 【4件】
2019年 09月 【3件】
2019年 08月 【6件】
2019年 07月 【6件】
2019年 06月 【5件】
2019年 05月 【5件】
2019年 04月 【5件】
2019年 03月 【7件】
2019年 02月 【7件】
2019年 01月 【6件】
2018年 12月 【5件】
2018年 11月 【6件】
2018年 10月 【4件】
2018年 09月 【7件】
2018年 08月 【4件】
2018年 07月 【7件】
2018年 06月 【6件】
2018年 05月 【10件】
2018年 04月 【12件】
2018年 03月 【16件】
2018年 02月 【20件】
2018年 01月 【4件】
2017年 12月 【3件】
2017年 11月 【3件】
2017年 10月 【7件】
2017年 09月 【8件】
2017年 08月 【12件】
2017年 07月 【6件】
2017年 06月 【11件】
2017年 05月 【12件】
2017年 04月 【14件】
2017年 03月 【14件】
2017年 02月 【12件】
2017年 01月 【6件】
2016年 12月 【9件】
2016年 11月 【13件】
2016年 10月 【2件】
2016年 09月 【3件】
2016年 08月 【6件】
2016年 07月 【8件】
2016年 06月 【9件】
2016年 05月 【11件】
2016年 04月 【1件】
2016年 03月 【8件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【2件】
2015年 12月 【8件】
2015年 11月 【3件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【2件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【4件】
2015年 04月 【6件】
2015年 03月 【7件】
2015年 02月 【5件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【3件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【3件】
2014年 05月 【6件】
2014年 04月 【6件】
2014年 03月 【8件】
2014年 02月 【3件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【4件】
2013年 09月 【12件】
2013年 08月 【15件】
2013年 07月 【15件】
2013年 06月 【10件】
2013年 05月 【11件】
2013年 04月 【6件】
2013年 03月 【7件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【4件】
2012年 10月 【6件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【10件】
2012年 07月 【10件】
2012年 06月 【2件】
2012年 05月 【7件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【10件】
2012年 02月 【7件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【9件】
2011年 10月 【12件】
2011年 09月 【5件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【15件】
2011年 06月 【6件】
2011年 05月 【9件】
2011年 04月 【11件】
2011年 03月 【5件】
2011年 02月 【4件】
2011年 01月 【11件】
2010年 12月 【7件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【9件】
2010年 09月 【8件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【16件】
2010年 06月 【18件】
2010年 05月 【14件】
2010年 04月 【16件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【4件】
2009年 12月 【10件】
2009年 11月 【12件】
2009年 10月 【12件】
2009年 09月 【4件】
2009年 08月 【15件】
2009年 07月 【15件】
2009年 06月 【8件】
2009年 05月 【14件】
2009年 04月 【19件】
2009年 03月 【11件】
2009年 02月 【14件】
2009年 01月 【23件】
2008年 12月 【14件】
2008年 11月 【19件】
2008年 10月 【7件】
2005年 01月 【1件】



カテゴリでさがす

手書き風シリーズ星本の種類、など
記事のメインカテゴリーです。



キーワードでさがす




タグでさがす

手書き風シリーズ星記事の多い順です。


RSSリンクの表示




お問い合わせ


こちらから

2019.02.12  風が強く吹いている 


kazetsuyo201902.jpg

たどりつきたい場所があるわけでもないのに
毎日毎日走り続けてしまう。
そういう人間のなかに、走るという行為に対する好悪を
断言できるものなどいるだろうか。


正月休みを終えた電車の中で読み始めて
数ページもしない箇所で、
これから何がどうなるかもわかっていないのに
うるっと来てしまいました。
仕事は好きだからやっている、嫌いだからやめる
とかいうのとも違う。といってお金がもらえればいいのとも違う
生きるということばに置き換えてもいいかも。
「生きること」が好きか嫌いかなんて言えない。

故障を抱えた指導者が、
ぐれていたり、拗ねていたりする才能のある人を軸に
素人集団をたたきあげる
リトルリーグだとか、タップダンスだとか
ハリウッド映画では
たびたび見かけるストーリのような気がします。
「やってみなきゃわかんないじゃないか」
そんな愛と希望と勇気を与えてくれる話、という大筋は、
だいたい勝敗がみえているという
マラソンの試合のようなものかもしれません。
それだけなら、ありがちな話ですが、そうではない。
そこにその時その状態で
彼らがどう走ったのかという物語が
とてつもなく面白いのでした。

現実に生きるということは箱根駅伝のように
その区間に適しているだろうと思われた走者として
走っているわけではありません。
歯をくいしばって走った先で、歓声が待ち構えているわけでもない。
彼らが大人として、出ていく先の「社会」では
東体大の榊のような考えの方が優勢です。
でもまるで選択の余地がないわけじゃない。
その区間をどう走るのか
そこに「風が強く吹いている」というタイトルがぐっときます。

幕末の志士たちが登場すると必ず
「風雲急を告げる」なんてことばが
枕詞みたいにくっついてきますが、
伝説を生んだ青竹荘
歴史の中にはそういう場所や空間や出会いがあるものなのか。
青竹荘の大家さんと犬のニラも愛しいです。
レースの伴走をしている車から大家さんが
「碁というものは・・」と語りだすシーンは大爆笑でした。

関連記事 in my blog: 舟を編む


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
関連記事




← ジョバンニはいつ「銀河鉄道」に乗ったのか / Home / 琥珀のまたたき →

Comment Post


Name:
Title:

Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home