FC2ブログ

空飛ぶ色いろnatsuno07

ようこそ! 
本に関すること、日々のこと、いろいろです。
ゆっくり遊んで行ってください。
文中敬称略とさせていただきます。
引用は青字にしています。

プロフィール

author: natsuno07 ♀
絵を見ることが好き。 読書が好き。文鳥が好き。
日常のあれこれ書いてます。
詩のサイトはこちら
シア・シュガー
うちの文鳥


yumenosuke


natsuno07



@soratobuiroiro

更新通知なつぶやき


カレンダー


08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


記事の年月でさがす


2018年 09月 【2件】
2018年 08月 【6件】
2018年 07月 【7件】
2018年 06月 【6件】
2018年 05月 【10件】
2018年 04月 【12件】
2018年 03月 【17件】
2018年 02月 【20件】
2018年 01月 【4件】
2017年 12月 【3件】
2017年 11月 【3件】
2017年 10月 【7件】
2017年 09月 【8件】
2017年 08月 【12件】
2017年 07月 【6件】
2017年 06月 【11件】
2017年 05月 【12件】
2017年 04月 【14件】
2017年 03月 【15件】
2017年 02月 【12件】
2017年 01月 【6件】
2016年 12月 【9件】
2016年 11月 【13件】
2016年 10月 【2件】
2016年 09月 【3件】
2016年 08月 【6件】
2016年 07月 【8件】
2016年 06月 【9件】
2016年 05月 【11件】
2016年 04月 【1件】
2016年 03月 【8件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【2件】
2015年 12月 【8件】
2015年 11月 【3件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【2件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【4件】
2015年 04月 【6件】
2015年 03月 【7件】
2015年 02月 【5件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【3件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【3件】
2014年 05月 【6件】
2014年 04月 【6件】
2014年 03月 【8件】
2014年 02月 【3件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【4件】
2013年 09月 【12件】
2013年 08月 【15件】
2013年 07月 【15件】
2013年 06月 【10件】
2013年 05月 【11件】
2013年 04月 【6件】
2013年 03月 【7件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【4件】
2012年 10月 【6件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【10件】
2012年 07月 【10件】
2012年 06月 【2件】
2012年 05月 【7件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【10件】
2012年 02月 【7件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【9件】
2011年 10月 【12件】
2011年 09月 【5件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【15件】
2011年 06月 【6件】
2011年 05月 【9件】
2011年 04月 【11件】
2011年 03月 【5件】
2011年 02月 【4件】
2011年 01月 【12件】
2010年 12月 【7件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【9件】
2010年 09月 【8件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【16件】
2010年 06月 【18件】
2010年 05月 【14件】
2010年 04月 【16件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【4件】
2009年 12月 【10件】
2009年 11月 【12件】
2009年 10月 【12件】
2009年 09月 【4件】
2009年 08月 【15件】
2009年 07月 【15件】
2009年 06月 【8件】
2009年 05月 【14件】
2009年 04月 【19件】
2009年 03月 【11件】
2009年 02月 【14件】
2009年 01月 【23件】
2008年 12月 【14件】
2008年 11月 【19件】
2008年 10月 【7件】
2005年 01月 【1件】



カテゴリでさがす

手書き風シリーズ星本の種類、など
記事のメインカテゴリーです。



キーワードでさがす




タグでさがす

手書き風シリーズ星記事の多い順です。


RSSリンクの表示




お問い合わせ


こちらから

2017.10.18  おらんだ帽子 



おらんだ帽子
(新潮社  1977/10/10)
三浦 哲郎 装画 下田 義寛

先日、「探検バクモン」で横尾忠則が
亡き愛猫をレクイエムのような気持ちで描いている
芸術至上主義に芸術のためではなく
ただ猫への愛のために描いているという話をしていました。
入院中に描かれた猫の絵は、目の前にある点滴の管や
薬袋などと一緒に描かれていて、
しなやかさと温かい感触が伝わってくるようでした。

猫といえば、
「バラの構図」で、トムも描いていました。
その猫を愛する女性(トムに絵を描くことをすすめた牧師館の娘)が、
猫を失った時見せた悲しみの表情
それをトムは画家の目で記憶しています。
そして死ぬ直前にトムがつぶやいたのは、その猫の名でした。
晩年、その女性は「トムを誰よりも愛したのはわたしでした」と語っています。

三浦哲郎の小説もまた
画家が自分の妻や子供をモデルに絵を描くのに似ていると思います。

最近、短編集の「おらんだ帽子」を読みました。
オランダに旅行した作者が、ヘルペスで入院した母親に
帽子を土産に買ってくるという話です。
作者がアムステルダムでみつけた帽子は、
日本の女性には少し大きめです。
その帽子を目深にかぶって日向っぽっこをしている母親を
少し遠目にながめているところで物語は終わりです。
東北訛りのある母親が「オラんだ」と言ったのは
「自分のだ」と言う意味で
それがたまたまオランダ土産の帽子であったという、
そう書いてしまうとそれだけの話ですが、
少し笑っているような、泣いているような、
肉親を見舞う人間の切なさが伝わってきます。

この物語は、もうひとつの「木靴」という物語ともつながっています。
母を見舞う前に、見舞っている別の親戚。
もう余命いくばくもないと言われている人を見舞ったとき思い出している
完成されなかった木靴の話。
故郷へ戻ると、病院のはしごになってしまう中年、
描かれている夕方過ぎの病棟の雰囲気や、
ばったり出会う若い親戚の様子
こまやかな描写に描き出される光景は、
ただ「愛のために描かれた」
レクイエムのような物語だと思うのでした。

関連記事 in my blog: A Pattern of Roses, 
金田一温泉 ユタと不思議な仲間たちの舞台


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト




← 端島の光 / Home / A Pattern of Roses →

Comment Post


Name:
Title:

Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home