空飛ぶ色いろnatsuno07

ようこそ! 
本に関すること、日々のこと、いろいろです。
ゆっくり遊んで行ってください。
文中敬称略とさせていただきます。
引用は青字にしています。

プロフィール

author: natsuno07 ♀
絵を見ることが好き。 読書が好き。文鳥が好き。
日常のあれこれ書いてます。
詩のサイトはこちら
シア・シュガー
うちの文鳥


yumenosuke


natsuno07



@soratobuiroiro

更新通知なつぶやき


カレンダー


06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


記事の年月でさがす


2018年 07月 【3件】
2018年 06月 【6件】
2018年 05月 【10件】
2018年 04月 【12件】
2018年 03月 【17件】
2018年 02月 【20件】
2018年 01月 【4件】
2017年 12月 【3件】
2017年 11月 【3件】
2017年 10月 【7件】
2017年 09月 【8件】
2017年 08月 【12件】
2017年 07月 【6件】
2017年 06月 【11件】
2017年 05月 【12件】
2017年 04月 【14件】
2017年 03月 【15件】
2017年 02月 【12件】
2017年 01月 【6件】
2016年 12月 【9件】
2016年 11月 【13件】
2016年 10月 【2件】
2016年 09月 【3件】
2016年 08月 【6件】
2016年 07月 【8件】
2016年 06月 【9件】
2016年 05月 【11件】
2016年 04月 【1件】
2016年 03月 【8件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【2件】
2015年 12月 【8件】
2015年 11月 【3件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【2件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【4件】
2015年 04月 【6件】
2015年 03月 【7件】
2015年 02月 【5件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【3件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【3件】
2014年 05月 【6件】
2014年 04月 【6件】
2014年 03月 【8件】
2014年 02月 【3件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【4件】
2013年 09月 【12件】
2013年 08月 【15件】
2013年 07月 【15件】
2013年 06月 【10件】
2013年 05月 【11件】
2013年 04月 【6件】
2013年 03月 【7件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【4件】
2012年 10月 【6件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【10件】
2012年 07月 【10件】
2012年 06月 【2件】
2012年 05月 【7件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【10件】
2012年 02月 【7件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【9件】
2011年 10月 【12件】
2011年 09月 【5件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【15件】
2011年 06月 【6件】
2011年 05月 【9件】
2011年 04月 【11件】
2011年 03月 【5件】
2011年 02月 【4件】
2011年 01月 【12件】
2010年 12月 【7件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【9件】
2010年 09月 【8件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【16件】
2010年 06月 【18件】
2010年 05月 【14件】
2010年 04月 【16件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【4件】
2009年 12月 【10件】
2009年 11月 【12件】
2009年 10月 【12件】
2009年 09月 【4件】
2009年 08月 【15件】
2009年 07月 【15件】
2009年 06月 【8件】
2009年 05月 【14件】
2009年 04月 【19件】
2009年 03月 【11件】
2009年 02月 【14件】
2009年 01月 【23件】
2008年 12月 【14件】
2008年 11月 【19件】
2008年 10月 【7件】
2005年 01月 【1件】



カテゴリでさがす

手書き風シリーズ星本の種類、など
記事のメインカテゴリーです。



キーワードでさがす




タグでさがす

手書き風シリーズ星記事の多い順です。


RSSリンクの表示




お問い合わせ


こちらから

2017.09.09  ネロが見たルーベンスの絵 


ワッフル
(十字架にかけられるキリスト像 オンマウスで、十字架から降ろされるキリスト像。)

アントワープの聖母大聖堂には、ルーベンスの絵が三作品あります。
イエスの処刑の前後を描いた祭壇画が二点。
どちらも観音開きになる、屏風のような作品です。
そしてもう一点は大聖堂の真正面、祭壇上部に飾られている作品です。
聖母被昇天。イエスの死を見届けた聖母マリアが
沢山の天使とともに、空へ上って行く絵です。
「フランダースの犬」の主人公ネロが
月明かりの中で見たというルーベンスの絵は、
わたしがかつて読んだ本の挿絵によると、
向かって左側に置かれていた「キリストの昇架」のようです。

rubens4.jpg

とてつもなく天井の高い、この大きな聖堂の中に入ると、
どこかセンチメンタルに思えていた「フランダースの犬」が、
宗教的な物語であることに気づかされます。
今から145年前、1872年にイギリスで出版された子供向けの物語。
舞台となったベルギーでは
さして有名ではなかったそうです。
日本でいえば明治4年。
まだ電気もガスも水道もいきわたらない時代、
貧富の差は、身分の格差でもあり、
ネロのように10歳にならないうちから家計のために働く子供は
世界中、決してめずらしくはなかったでしょう。
そんなネロは死の間際にルーベンスの絵を見て心から喜びます。
いったい何が魂を救うのか、ひしひしと考えさせられます。

最後の画像は、わたしが子供の頃から持っている本にある挿絵です。
話の流れからすると、聖母被昇天を見上げている方が
しっくりくる気がしますが、
この位置にある絵に覆いをかけていたとは考えにくいので
やはり、金を払わないと見られない絵とは
二枚の祭壇画のことだったのでしょう。
文鳥が隠していますが、次章のタイトルは
「もう まにあわない」となっています。
「この後、時は延ぶることなし」という
聖書の黙示録の言葉を彷彿とさせます。
原書には章タイトルはありませんので、
川端康成がつけたものでしょう。
物語の内容などほぼ忘れていましたが、
このシーン、この挿絵だけはずっと心に残り続けていました。

rubens3.jpg

関連記事 in my blog:  アントワープ聖母大聖堂,  幼年世界文学全集 ーフランダースの犬


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト




← ルーベンスゆかりの街 / Home / 「南極料理人」に異国で食べる料理を思う →

Comment Post


Name:
Title:

Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home