空飛ぶ色いろnatsuno07

ようこそ! 
本に関すること、日々のこと、いろいろです。
ゆっくり遊んで行ってください。
文中敬称略とさせていただきます。
引用は青字にしています。

プロフィール

author: natsuno07 ♀
絵を見ることが好き。 読書が好き。文鳥が好き。
日常のあれこれ書いてます。
うちの文鳥


yumenosuke


natsuno07



@soratobuiroiro

更新通知なつぶやき


小鳥なつぶやき




カレンダー


10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


記事の年月でさがす


2017年 11月 【2件】
2017年 10月 【7件】
2017年 09月 【8件】
2017年 08月 【12件】
2017年 07月 【6件】
2017年 06月 【10件】
2017年 05月 【13件】
2017年 04月 【14件】
2017年 03月 【14件】
2017年 02月 【12件】
2017年 01月 【7件】
2016年 12月 【9件】
2016年 11月 【13件】
2016年 10月 【2件】
2016年 09月 【3件】
2016年 08月 【6件】
2016年 07月 【8件】
2016年 06月 【9件】
2016年 05月 【12件】
2016年 03月 【8件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【2件】
2015年 12月 【8件】
2015年 11月 【3件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【4件】
2015年 04月 【6件】
2015年 03月 【7件】
2015年 02月 【5件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【3件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【3件】
2014年 05月 【6件】
2014年 04月 【6件】
2014年 03月 【8件】
2014年 02月 【3件】
2014年 01月 【3件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【4件】
2013年 09月 【12件】
2013年 08月 【15件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【11件】
2013年 05月 【11件】
2013年 04月 【6件】
2013年 03月 【7件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【4件】
2012年 10月 【5件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【10件】
2012年 07月 【10件】
2012年 06月 【2件】
2012年 05月 【7件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【10件】
2012年 02月 【7件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【13件】
2011年 09月 【5件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【15件】
2011年 06月 【6件】
2011年 05月 【9件】
2011年 04月 【11件】
2011年 03月 【5件】
2011年 02月 【5件】
2011年 01月 【13件】
2010年 12月 【7件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【10件】
2010年 09月 【8件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【16件】
2010年 06月 【18件】
2010年 05月 【14件】
2010年 04月 【16件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【4件】
2009年 12月 【11件】
2009年 11月 【11件】
2009年 10月 【12件】
2009年 09月 【5件】
2009年 08月 【16件】
2009年 07月 【15件】
2009年 06月 【8件】
2009年 05月 【14件】
2009年 04月 【19件】
2009年 03月 【12件】
2009年 02月 【14件】
2009年 01月 【23件】
2008年 12月 【14件】
2008年 11月 【19件】
2008年 10月 【7件】



カテゴリでさがす

手書き風シリーズ星本の種類、など
記事のメインカテゴリーです。



キーワードでさがす




タグでさがす

手書き風シリーズ星記事の多い順です。


RSSリンクの表示




2017.04.10  戦争と美術 画家の魂  


purahahato_.jpg
(プラハの街角で見かけた、本物の鳩を手と頭に乗せた少年像)

戦争画を描くに至った有名画家のことをも考えながら思ったものだ。
「生きる上に必要なこと」という根本的なものを忘れて、
「美」あるいは「名誉」に囚われたゆえではなかったか。
芸術の落とし穴がポッカリ開いている。
それは平凡な生活を忘れるところにあるように思えてならない。


「きままなる旅」というエッセイの中に出てくるこの文章を読んで、
司修の「戦争と美術」を読んでみようと思いました。

藤田嗣治の戦争画は、
2012年の東京国立近代美術館60周年の
「美術にぶるっ!」で初めて見ました。
「戦争と美術」の中で、アメリカ人たちが、
この絵のどこが「戦意高揚」を鼓舞する絵なのだ?
と首をかしげたと書かれていましたが、確かに。
藤田嗣治といえばすぐに思い浮かぶ
「猫と独特の白い肌をした女性の絵」
あるとき、こういう一連の絵を司修が評価すると、
「きまぐれ美術館」の洲之内 徹が、
「そうではなくて、藤田の戦争画こそが芸術だ」と言う。

なぜだろう?
まえがきですっかり好奇心を掻き立てられたところへ、
ユダヤ人であったシャガール
ナチの協力者であったレニ・リーフェンシュタール、
松本竣介と軍部のやり取りなどが紹介されていきます。
最後、あとがきには松本竣介も属した「新人画会」
の画家を訪ねて当時のことを聞くシーンがあります。
アトリエの天井を見上げながら
淡々と記憶をたどる画家の姿が印象的です。

本が書かれたのは、25年前。
著者は、ある危機感を抱きながらこの本を書いています。
25年後の現在、その危機は現実のものとなりつつあるのか。
そんな、いろいろただならない今日この頃ですが、
藤田嗣治の作品をもっと見てみたいなと思っています。
結局画家の魂というものは、伝記でもない、評論でもない
絵の中にあると思うからです。

sensotobi1.jpg
戦争と美術
(岩波新書 1992/7/20)
司 修 著


関連記事 in my blog: 生々流転,  松本竣介展

よろしければポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト




← ドン・ジョバンニ 初演の劇場 / Home / アトリー 妖精のおよめさん →

Comment Post


Name:
Title:

Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home