FC2ブログ

空飛ぶ色いろnatsuno07

ようこそ! 
本に関すること、日々のこと、いろいろです。
ゆっくり遊んで行ってください。
文中敬称略とさせていただきます。
引用は青字にしています。

プロフィール

author: natsuno07 ♀
絵を見ることが好き。 読書が好き。文鳥が好き。
日常のあれこれ書いてます。

please also see シア・シュガー


過去記事から









@soratobuiroiro

更新通知なつぶやき


カレンダー


02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


記事の年月でさがす


2020年 06月 【4件】
2020年 05月 【5件】
2020年 04月 【3件】
2020年 03月 【3件】
2020年 02月 【3件】
2020年 01月 【8件】
2019年 12月 【8件】
2019年 11月 【4件】
2019年 10月 【4件】
2019年 09月 【3件】
2019年 08月 【6件】
2019年 07月 【6件】
2019年 06月 【5件】
2019年 05月 【5件】
2019年 04月 【5件】
2019年 03月 【8件】
2019年 02月 【7件】
2019年 01月 【6件】
2018年 12月 【5件】
2018年 11月 【6件】
2018年 10月 【4件】
2018年 09月 【8件】
2018年 08月 【4件】
2018年 07月 【7件】
2018年 06月 【6件】
2018年 05月 【10件】
2018年 04月 【12件】
2018年 03月 【17件】
2018年 02月 【20件】
2018年 01月 【4件】
2017年 12月 【3件】
2017年 11月 【3件】
2017年 10月 【7件】
2017年 09月 【8件】
2017年 08月 【12件】
2017年 07月 【6件】
2017年 06月 【11件】
2017年 05月 【12件】
2017年 04月 【14件】
2017年 03月 【15件】
2017年 02月 【12件】
2017年 01月 【6件】
2016年 12月 【9件】
2016年 11月 【13件】
2016年 10月 【2件】
2016年 09月 【3件】
2016年 08月 【6件】
2016年 07月 【8件】
2016年 06月 【9件】
2016年 05月 【11件】
2016年 04月 【1件】
2016年 03月 【8件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【2件】
2015年 12月 【8件】
2015年 11月 【3件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【2件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【4件】
2015年 04月 【6件】
2015年 03月 【7件】
2015年 02月 【5件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【3件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【3件】
2014年 05月 【6件】
2014年 04月 【6件】
2014年 03月 【8件】
2014年 02月 【3件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【4件】
2013年 09月 【12件】
2013年 08月 【15件】
2013年 07月 【15件】
2013年 06月 【10件】
2013年 05月 【11件】
2013年 04月 【6件】
2013年 03月 【7件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【4件】
2012年 10月 【6件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【10件】
2012年 07月 【10件】
2012年 06月 【2件】
2012年 05月 【7件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【10件】
2012年 02月 【7件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【9件】
2011年 10月 【12件】
2011年 09月 【5件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【15件】
2011年 06月 【6件】
2011年 05月 【9件】
2011年 04月 【11件】
2011年 03月 【5件】
2011年 02月 【4件】
2011年 01月 【11件】
2010年 12月 【7件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【9件】
2010年 09月 【8件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【16件】
2010年 06月 【18件】
2010年 05月 【14件】
2010年 04月 【16件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【4件】
2009年 12月 【10件】
2009年 11月 【12件】
2009年 10月 【12件】
2009年 09月 【4件】
2009年 08月 【15件】
2009年 07月 【15件】
2009年 06月 【8件】
2009年 05月 【14件】
2009年 04月 【19件】
2009年 03月 【11件】
2009年 02月 【14件】
2009年 01月 【23件】
2008年 12月 【14件】
2008年 11月 【19件】
2008年 10月 【7件】
2005年 01月 【1件】



カテゴリでさがす

手書き風シリーズ星本の種類、など
記事のメインカテゴリーです。



キーワードでさがす




タグでさがす

手書き風シリーズ星記事の多い順です。


RSSリンクの表示




お問い合わせ


こちらから

2020.03.13  古くて懐かしい本 新しくて懐かしい本 


cover.jpg

子供のころ、いちばん好きだったお話は
メアリー・ポピンズでした。
今も大切に持っているのですが、
大人になってから読もうとすると、
どうにも重くて仕方ない。
岩波の愛蔵版は、愛蔵というだけあって、
紙の変色などが少なく、丈夫なつくりの本です。
見返しや、カラーページの美しさは
今時の本にない贅沢さです。
ただ、重い。特に
「風に乗ってきたメアリー・ポピンズ」と
「帰ってきたメアリー・ポピンズ」が一緒になっている本は
相当に手ごわいのです。

もうちょっと、子供のころみたいに気軽に読みたい。
と思い、岩波少年文庫を買うことにしました。
今じわじわと読んでいるところです。
真新しさのおかげで新鮮に読めるのがとてもいいです。
その本に、カバーをかけました。
これもまた、先月の原画展で買った
マルーさんの絵の包装紙です。

「風に乗ってきたメアリー・ポピンズ」には
風を切って飛ぶ鳥たちの絵柄。
「帰ってきたメアリー・ポピンズ」には
凧糸を思わせる草花の絵柄
「公園のメアリー・ポピンズ」は
陽ざしが明るい公園の花壇のような絵柄
「扉をあけるメアリー・ポピンズ」は、
夜のガラス窓に映る扉のような青い絵柄。

大好きな物語が、かなり軽くなって
またさらに大切な本になりました。

関連記事 in my blog: わるい火曜日, 二度とふたたび


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村






2020.03.07  わたしのものよ 


Watashinomonoyo.jpg
わたしのものよ
(WAVE出版 2018/6/20)
絵・文 マルー

先月、URESICAへ「ライオンとタカとアリになった男の子」
の原画展を見に行った時、
以前からほしいなと思っていたこの絵本を
ついに「わたしのもの」にしました。
マルーさんがいらしていたので、サインもいただきました。

リリさんの家の猫、サカナちゃんの
なんとチャーミングなことか。
そして、この絵本の最後のことばが
とても素敵です。
フカフカしたあたたかい気持ちになれます。
自分も、うちの文鳥もみんな同じだな
と思います。

これも以前から気になっていた吉本ばななの
「鳥たち」の表紙絵もマルーさんとのことで、
読んでみたいなと思っているところです。


関連記事 in my blog: ライオンとタカとアリになった男の子


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村




2020.03.01  ひな祭り 母のはは、は。 


hinamatsuri2020-1.jpg

今年も、西荻のLoupe(ルーペ)で買った金花糖を
母の古いお雛様と一緒に飾りました。
ぼんぼりの前にある徳利、
三人官女の前にある、鯛、ハマグリ、サザエ、茄子です。
お雛様を出すのは結構面倒なのですが
金花糖も飾れると思うと急に楽しみになります。

こどもの頃、雛段に飾られる
「灯りをつけられない」ぼんぼりと
「たべられない菱餅」には、なんだかとてつもない
「秘密」があるような気がしていました。

母が子供だったころは戦争中で、
お砂糖を使った菱餅が作れないため
木で代用したのだそうです。
思い返すと、母も祖母も
ほとんど「戦争」の話はしませんでした。
だからいっそう、お砂糖がない
という意味がよくわからず、子ども心に謎めいて
感じられたのだろうと思います。

甘い金花糖と甘くない菱餅を飾っていると
お雛様を前に願われつづける
「健やかさ」ということなどを
もうこの世にいない母や祖母
そして、会ったことのない曾祖母と話しているような
そんな気持になるのでした。

hinamatsuri2020-2.jpg

関連記事 in my blog: ぎん色いろ色ー金花糖,   三月ひなのつき,


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村





 Home