FC2ブログ

空飛ぶ色いろnatsuno07

ようこそ! 
本に関すること、日々のこと、いろいろです。
ゆっくり遊んで行ってください。
文中敬称略とさせていただきます。
引用は青字にしています。

プロフィール

author: natsuno07 ♀
絵を見ることが好き。 読書が好き。文鳥が好き。
日常のあれこれ書いてます。
詩のサイトはこちら
シア・シュガー
うちの文鳥




yumenosuke


natsuno07



@soratobuiroiro

更新通知なつぶやき


カレンダー


07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


記事の年月でさがす


2019年 10月 【1件】
2019年 09月 【3件】
2019年 08月 【6件】
2019年 07月 【6件】
2019年 06月 【5件】
2019年 05月 【5件】
2019年 04月 【5件】
2019年 03月 【8件】
2019年 02月 【7件】
2019年 01月 【6件】
2018年 12月 【5件】
2018年 11月 【6件】
2018年 10月 【4件】
2018年 09月 【7件】
2018年 08月 【6件】
2018年 07月 【7件】
2018年 06月 【6件】
2018年 05月 【10件】
2018年 04月 【12件】
2018年 03月 【17件】
2018年 02月 【20件】
2018年 01月 【4件】
2017年 12月 【3件】
2017年 11月 【3件】
2017年 10月 【7件】
2017年 09月 【8件】
2017年 08月 【12件】
2017年 07月 【6件】
2017年 06月 【11件】
2017年 05月 【12件】
2017年 04月 【14件】
2017年 03月 【15件】
2017年 02月 【12件】
2017年 01月 【6件】
2016年 12月 【9件】
2016年 11月 【13件】
2016年 10月 【2件】
2016年 09月 【3件】
2016年 08月 【6件】
2016年 07月 【8件】
2016年 06月 【9件】
2016年 05月 【11件】
2016年 04月 【1件】
2016年 03月 【8件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【2件】
2015年 12月 【8件】
2015年 11月 【3件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【2件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【4件】
2015年 04月 【6件】
2015年 03月 【7件】
2015年 02月 【5件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【3件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【3件】
2014年 05月 【6件】
2014年 04月 【6件】
2014年 03月 【8件】
2014年 02月 【3件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【4件】
2013年 09月 【12件】
2013年 08月 【15件】
2013年 07月 【15件】
2013年 06月 【10件】
2013年 05月 【11件】
2013年 04月 【6件】
2013年 03月 【7件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【4件】
2012年 10月 【6件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【10件】
2012年 07月 【10件】
2012年 06月 【2件】
2012年 05月 【7件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【10件】
2012年 02月 【7件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【9件】
2011年 10月 【12件】
2011年 09月 【5件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【15件】
2011年 06月 【6件】
2011年 05月 【9件】
2011年 04月 【11件】
2011年 03月 【5件】
2011年 02月 【4件】
2011年 01月 【11件】
2010年 12月 【7件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【9件】
2010年 09月 【8件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【16件】
2010年 06月 【18件】
2010年 05月 【14件】
2010年 04月 【16件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【4件】
2009年 12月 【10件】
2009年 11月 【12件】
2009年 10月 【12件】
2009年 09月 【4件】
2009年 08月 【15件】
2009年 07月 【15件】
2009年 06月 【8件】
2009年 05月 【14件】
2009年 04月 【19件】
2009年 03月 【11件】
2009年 02月 【14件】
2009年 01月 【23件】
2008年 12月 【14件】
2008年 11月 【19件】
2008年 10月 【7件】
2005年 01月 【1件】



カテゴリでさがす

手書き風シリーズ星本の種類、など
記事のメインカテゴリーです。



キーワードでさがす




タグでさがす

手書き風シリーズ星記事の多い順です。


RSSリンクの表示




お問い合わせ


こちらから

2019.08.26  魔術師のおい 


書影
魔術師のおい
(岩波少年文庫)
C.S. ルイス 作 瀬田貞二 訳
(オンマウスで、廃墟の街を行くポリーとディコリー。
廃墟のシーンは印象的でした)

ナルニア国物語の7つの物語は、1950年から1956年まで
1年に1冊のペースで出版されています。
前に、その出版年順で読みましたので、
こんどは、ナルニア国史の
時系列順に読んでみることにしました。
そのようにして読んでみて思ったことですが、
もし初めてナルニア国物語を読むのであれば、
やはり出版年順で読むのがいいのではないかと思います。
この一連の物語を、作者がこの順番で語っていることにも
「意味」があると思います。
それに現在、過去、未来を自由に行き来できるのが、
この物語の面白さであり、重要なところかと思います。

「魔術師のおい」はナルニア国誕生の物語で、
時系列で並べると1番最初に来る物語です。
出版年順では6冊目、これに7冊目の「さいごの戦い」が続きます。
聖書でいうならば、創世記にあたりますが、
この二つの物語が終盤に並ぶことで
ラスト7冊目の黙示録的世界が強烈に印象付けられます。

このようにナルニア国物語は、
キリスト教主義的な考えの上に成り立っている
児童文学ですが、
読むたびに不思議に感じるところがあります。
なぜ、こんなにキリスト教的だけれども
あくまでも「聖書」に似せた物語であるのか。
キリスト教世界が身近ではない国ならともかく
聖書の物語が浸透しているヨーロッパで
なぜ、イエス・キリストではなくライオンのアスランなのか。
なんとなくその「似ている感」にひっかかりを感じたりします。

ライオンはイングランドを象徴するそうですが、
ナルニア国物語は、第二次世界大戦の痛手から立ち直ろうとしている
そういう時代の「イギリス」の物語であり
キリスト教世界的な物語であるということよりも
そのことの方が重要だったからなのか・・。

「魔術師のおい」はロンドンにまだ馬車が走っていたころの物語で、
古き良き、ともいえるけれど、古き悪き時代でもある
そんな「現在」を生きるポリーとディコリーという少年少女が出てきます。
二人は自分たちの力で「現在」と「未来」を守り切り開こうとします。
「魔女とライオン」のあの街灯は、あの洋服ダンスは
そういう理由でそうなのか、ということがわかったりもします。
そして、ナルニア国物語に登場する少年少女の中でも
かなりポリーとディコリーは好きだな、と思ったのでした。

関連記事 in my blog: ふたたびナルニア国へ


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村
スポンサーサイト







 Home