FC2ブログ

空飛ぶ色いろnatsuno07

ようこそ! 
本に関すること、日々のこと、いろいろです。
ゆっくり遊んで行ってください。
文中敬称略とさせていただきます。
引用は青字にしています。

プロフィール

author: natsuno07 ♀
絵を見ることが好き。 読書が好き。文鳥が好き。
日常のあれこれ書いてます。
詩のサイトはこちら
シア・シュガー
うちの文鳥




yumenosuke


natsuno07



@soratobuiroiro

更新通知なつぶやき


カレンダー


03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


記事の年月でさがす


2019年 05月 【1件】
2019年 04月 【5件】
2019年 03月 【8件】
2019年 02月 【7件】
2019年 01月 【6件】
2018年 12月 【5件】
2018年 11月 【6件】
2018年 10月 【4件】
2018年 09月 【7件】
2018年 08月 【6件】
2018年 07月 【7件】
2018年 06月 【6件】
2018年 05月 【10件】
2018年 04月 【12件】
2018年 03月 【17件】
2018年 02月 【20件】
2018年 01月 【4件】
2017年 12月 【3件】
2017年 11月 【3件】
2017年 10月 【7件】
2017年 09月 【8件】
2017年 08月 【12件】
2017年 07月 【6件】
2017年 06月 【11件】
2017年 05月 【12件】
2017年 04月 【14件】
2017年 03月 【15件】
2017年 02月 【12件】
2017年 01月 【6件】
2016年 12月 【9件】
2016年 11月 【13件】
2016年 10月 【2件】
2016年 09月 【3件】
2016年 08月 【6件】
2016年 07月 【8件】
2016年 06月 【9件】
2016年 05月 【11件】
2016年 04月 【1件】
2016年 03月 【8件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【2件】
2015年 12月 【8件】
2015年 11月 【3件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【2件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【4件】
2015年 04月 【6件】
2015年 03月 【7件】
2015年 02月 【5件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【3件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【3件】
2014年 05月 【6件】
2014年 04月 【6件】
2014年 03月 【8件】
2014年 02月 【3件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【4件】
2013年 09月 【12件】
2013年 08月 【15件】
2013年 07月 【15件】
2013年 06月 【10件】
2013年 05月 【11件】
2013年 04月 【6件】
2013年 03月 【7件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【4件】
2012年 10月 【6件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【10件】
2012年 07月 【10件】
2012年 06月 【2件】
2012年 05月 【7件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【10件】
2012年 02月 【7件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【9件】
2011年 10月 【12件】
2011年 09月 【5件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【15件】
2011年 06月 【6件】
2011年 05月 【9件】
2011年 04月 【11件】
2011年 03月 【5件】
2011年 02月 【4件】
2011年 01月 【11件】
2010年 12月 【7件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【9件】
2010年 09月 【8件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【16件】
2010年 06月 【18件】
2010年 05月 【14件】
2010年 04月 【16件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【4件】
2009年 12月 【10件】
2009年 11月 【12件】
2009年 10月 【12件】
2009年 09月 【4件】
2009年 08月 【15件】
2009年 07月 【15件】
2009年 06月 【8件】
2009年 05月 【14件】
2009年 04月 【19件】
2009年 03月 【11件】
2009年 02月 【14件】
2009年 01月 【23件】
2008年 12月 【14件】
2008年 11月 【19件】
2008年 10月 【7件】
2005年 01月 【1件】



カテゴリでさがす

手書き風シリーズ星本の種類、など
記事のメインカテゴリーです。



キーワードでさがす




タグでさがす

手書き風シリーズ星記事の多い順です。


RSSリンクの表示




お問い合わせ


こちらから

2019.04.10  桜ほうさら 


書影
(オンマウスで、下巻。)
桜ほうさら
(PHP文芸文庫 2016/1/5)
宮部 みゆき

きのうの強風で、花吹雪が舞っていたなと思ったら、
強い寒気が戻ってきて、青梅ではほんとうに雪が降りました。
東京で桜に雪が降ったのは2001年以来です。
さてそんな桜の季節に、「桜ほうさら」を再読しました。
「いろいろなことがあって大変だ」ということを甲州では
「ささらほうさら」というそうで、
「桜ほうさら」は、それをもじったタイトルです。

主人公の笙之介の父は商人から賄賂を受け取ったという咎で
切腹しますが、どうやらそこには「藩」のお家騒動の
思惑が絡んでいるようです。
笙之介は父の無実を晴らすため、偽の証文を書いた
代書屋を探しに江戸にやってきて、
蛇の道は蛇と、「写本」の仕事をしています。
その一連の物語の間に、別の二つの事件が起きます。
最初に読んだときは、物語の謎解きが気になって
実はあまり印象に残らなかったのですが、
再読して、「三八野愛郷録」と題された書物の存在が
とても印象深く残りました。

それがしなどは、昔のことはどんどん忘れると
金吾郎は言うのだった。(中略)
奥州の小藩に仕える武士にとっては、
日々の暮らしがそれだけ厳しく、余裕のないものだった
ということだろう。
それは同時に、主君の御用掛を務める金吾郎が、
その立場に甘えず、寄りかからず、常に自分より
弱い立場の者たちと共に生きてきたということも
表しているのではないか。


笙之介は自分と同姓同名の別人を探していた金吾郎の
ある問題を解決する手伝いをします。
この金吾郎が、別れ際に
天明の大飢饉の際の自藩の記録をつづった「救荒録」を渡します。
そして物語の終わりに笙之介はその記録を
広く世に頒布するために、
「写本」の仕事を続けようと決意するのです。
天明の大飢饉といえば、三浦哲郎の「おろおろ草紙」の時代です。
そのものすさまじい悲惨さから得た教訓を
次の世代につなごうとする地方の小藩の一藩士の思いの深さ。
藩のお家騒動に家族を巻き込まれ、別の地獄をみた笙之介の決意。
桜の季節は、志の始まりの季節でもあるなと
思いながら本を閉じました。


関連記事 in my blog: おろおろ草紙


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト




 Home