FC2ブログ

空飛ぶ色いろnatsuno07

ようこそ! 
本に関すること、日々のこと、いろいろです。
ゆっくり遊んで行ってください。
文中敬称略とさせていただきます。
引用は青字にしています。

プロフィール

author: natsuno07 ♀
絵を見ることが好き。 読書が好き。文鳥が好き。
日常のあれこれ書いてます。
詩のサイトはこちら
シア・シュガー
うちの文鳥




yumenosuke


natsuno07



@soratobuiroiro

更新通知なつぶやき


カレンダー


02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


記事の年月でさがす


2019年 07月 【1件】
2019年 06月 【5件】
2019年 05月 【5件】
2019年 04月 【5件】
2019年 03月 【8件】
2019年 02月 【7件】
2019年 01月 【6件】
2018年 12月 【5件】
2018年 11月 【6件】
2018年 10月 【4件】
2018年 09月 【7件】
2018年 08月 【6件】
2018年 07月 【7件】
2018年 06月 【6件】
2018年 05月 【10件】
2018年 04月 【12件】
2018年 03月 【17件】
2018年 02月 【20件】
2018年 01月 【4件】
2017年 12月 【3件】
2017年 11月 【3件】
2017年 10月 【7件】
2017年 09月 【8件】
2017年 08月 【12件】
2017年 07月 【6件】
2017年 06月 【11件】
2017年 05月 【12件】
2017年 04月 【14件】
2017年 03月 【15件】
2017年 02月 【12件】
2017年 01月 【6件】
2016年 12月 【9件】
2016年 11月 【13件】
2016年 10月 【2件】
2016年 09月 【3件】
2016年 08月 【6件】
2016年 07月 【8件】
2016年 06月 【9件】
2016年 05月 【11件】
2016年 04月 【1件】
2016年 03月 【8件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【2件】
2015年 12月 【8件】
2015年 11月 【3件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【2件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【4件】
2015年 04月 【6件】
2015年 03月 【7件】
2015年 02月 【5件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【3件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【3件】
2014年 05月 【6件】
2014年 04月 【6件】
2014年 03月 【8件】
2014年 02月 【3件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【4件】
2013年 09月 【12件】
2013年 08月 【15件】
2013年 07月 【15件】
2013年 06月 【10件】
2013年 05月 【11件】
2013年 04月 【6件】
2013年 03月 【7件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【4件】
2012年 10月 【6件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【10件】
2012年 07月 【10件】
2012年 06月 【2件】
2012年 05月 【7件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【10件】
2012年 02月 【7件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【9件】
2011年 10月 【12件】
2011年 09月 【5件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【15件】
2011年 06月 【6件】
2011年 05月 【9件】
2011年 04月 【11件】
2011年 03月 【5件】
2011年 02月 【4件】
2011年 01月 【11件】
2010年 12月 【7件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【9件】
2010年 09月 【8件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【16件】
2010年 06月 【18件】
2010年 05月 【14件】
2010年 04月 【16件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【4件】
2009年 12月 【10件】
2009年 11月 【12件】
2009年 10月 【12件】
2009年 09月 【4件】
2009年 08月 【15件】
2009年 07月 【15件】
2009年 06月 【8件】
2009年 05月 【14件】
2009年 04月 【19件】
2009年 03月 【11件】
2009年 02月 【14件】
2009年 01月 【23件】
2008年 12月 【14件】
2008年 11月 【19件】
2008年 10月 【7件】
2005年 01月 【1件】



カテゴリでさがす

手書き風シリーズ星本の種類、など
記事のメインカテゴリーです。



キーワードでさがす




タグでさがす

手書き風シリーズ星記事の多い順です。


RSSリンクの表示




お問い合わせ


こちらから

2019.03.28  ファイヤー! 


Fire201903.jpg
ファイヤー!
(朝日ソノラマ 1973/8/24)
水野 英子

去年の秋頃から延々と親の家の片づけをしています。
好きな本はあとで楽しみながら片づけるぞ、と思って
ようやくそこまで来たものの、まぁ、本は重い。
段ボール3箱つめたくらいのところで
魂が抜けるくらい疲れてしまい、
気持ちだけでは進めないと思い知るのでした。

へたり込みながらも、
これどうするのよと思って読み始めたりするので
まったく埒があきません。
でもどうするかは読まないと決まらない・・
というわけで
かれこれ40年以上まえの昭和少女漫画の名作
水野英子の「ファイヤー」を読みました。
天才的なミュージシャンの破滅的な人生を描いたもので、
「ウッドストック」の野外ライブがあった頃のアメリカが舞台です。
谷ゆき子のバレエ漫画と同じく
1970年代テイストの「波乱万丈」です。

これは自分より7歳上の姉が大好きだった漫画で、
セブンティーンに連載されていたそうです。
だから小学生向けの漫画よりはずっと大人な展開です。
主人公のアロンは純度が高いけど毒性も強い系男子。
のけぞるほどの音楽的才能を持ち、その才能と純粋さゆえに
周りも自分も傷つけまくります。
どちらかというと萩尾望都の「アメリカン・パイ」に出てくるような
ミュージシャンが好きなので、
アロンについては、「ふうん」という感じですが、
「アメリカ史」の1つのシーンとして面白いなと思いました。

そういえば、最近会う人会う人、
「ボヘミアン・ラプソディ」がよかったと言うので、
映画は見たいのですが、
「オペラ座の夜」のProhet's Songという曲は
萩尾望都の「百億の昼と千億の夜」と
自分の中で勝手にリンクしています。
そのため周辺情報を追加しないで
「音楽だけ」を永久保存したいなぁという気持ちもあり躊躇しています。

関連記事 in my blog: アメリカンパイ, 谷ゆき子の世界


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト




2019.03.25  この道はいつか来た道 


konomichi201903.jpg

西荻窪のシアター2+1という小劇場で
「この道はいつか来た道」と
「バースデプレゼント」というお芝居を観ました。

「この道は・・」は別役実の作品で、
歌を口ずさみながら現れた不思議な感じの女の人と
実はその夫であるらしい男の人のやりとりが
小一時間ほどの間続くというものです。

有名な北原白秋の歌は
「ああ、そうだよ、お母様と馬車で来た道」
という風に続くと覚えていたのですが、
「馬車」が登場するのは「アカシアの花」や「時計台の丘」のあとだし
正確には「お母様と馬車で行ったよ」らしいです。
登場した女性と同じようになんだか自分も記憶が混濁しているような。
しかも同じ山田耕作と白秋が作った
「からたちの花」と微妙に混ざっていくのです。

その理由はたぶん
「からたちの棘はいたいよ」という歌詞と
お芝居の中で自分という感覚をどんどん失いかけている
女性が「痛がって死にたい」というからではないかと
思ったりするのでした。
夫婦であるという感覚をくりかえし失い
また思い出すためにお互いを傷つけあう
そんな二人なのに、透明感があって
最後は降りしきる雪の中で浄化されていくような。

誘ってくれた友達によると
演じているお二人は本当にご夫婦だそうで、
それだからいっそう台詞が面白い時もありました。
女性を演じられていた福井緑さんの声が
とても涼やかなので、時折少女のようにも感じられるところが
いいなと思うのでした。
男性を演じられた田中亮一さんが舞台挨拶の際に
「別役実のお芝居はわかったようなわからないような」と
おっしゃっていましたが、
ほんと途中からよくわからなくなったりもするだけに
ひとつひとつの台詞を丁寧に聞かせてくれる
お二人の芝居じゃなかったら、
それほどいいなとは思えなかったかもしれません。

そういえば、如月小春の
「工場物語」に出てくる男女ともどこか似ているような
そんな気がしていました。

関連記事 in my blog: 光の時代ー Le Temps de Lumiere


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村




2019.03.22  希望荘 


kiboso201903.jpg
希望荘
(文春文庫 2018/11/10)
宮部 みゆき

杉村三郎が主人公のミステリー4作目です。
出版社のサイトで著者のインタビューを読んでみたら、
海外ミステリーから「インスパイア」されている
部分があるそうなので、きっと詳しい人は
なるほどなぁと思うのかもしれません。
そういうことは全くわからない私は、
ミステリーそのものよりも・・・
「杉村三郎の結婚に反対の親族・その4」みたいな気分で
「この結婚はどうなんだ」などと思っていました。

とか何とかいいながらも宮部みゆきの本は
読みたいので、ずっと読んできたのですが、
「希望荘」を読み始めたら、杉村三郎がなんと
離婚をしているではないですか。
前作をふりかえってみると、たしかに
そんな展開もあったような。
もーすぐ忘れちゃうので、やだやだです。
とはいえ親族その4みたいな読者としては、
もちろん、つらい部分も多いだろうけれど、
良かったのではないかと思ったりするのでした。

「希望荘」の他に3篇の作品が載っています。
東日本大震災後の東京が舞台ですが、
25年くらい前の東京が舞台の
「淋しい狩人」と少し似た感じになっていて
読者的にも、帰ってきたような気持ちになりました。
日常にふと感じる違和感が
とても重かったり深かったり酷かったりする
何かにつながっているのです。
杉村三郎は探偵ですが、
「病」の原因を丁寧に発見してくれる
信頼のおける「町医者」のような感じでもあります。

4つの作品はどれも
かなり怖いものを秘めているミステリーです。
どの怖さをいちばん怖いと感じるのでしょうか。
わたしは、「砂男」がわかりやすく怖かったけれど、
じわじわと後まで残る感じで「聖域」も怖かったです。


関連記事 in my blog: 淋しい狩人


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村




2019.03.16  Endless Shock 2019 


和田倉門
(和田倉門あたり。オンマウスで、別のアングル。)

今年もEndless Shockを観に行ってきました。
東京駅で降りて、帝劇まで歩いていく途中
夕暮れを背景にした和田倉門を見ながら
平成ももう残りわずかなんだなと、しみじみとしてしまいました。

平成12年が初演なので、
平成年間のうちの19年上演され続け、
Endless Shockというロゴにもすっかり風格が感じられます。
その間、東京駅はすっかり綺麗になったし
お隣の東京会館はいつの間にか建て替えられているし。
よく考えると、時代はすっかり変わったような気がしますが、
終演後に、「今までで一番良かったぁ」
と思いながら、劇場の外に出てくるのは今年も同じだったのでした。

そうは言っても平成を振り返る気持ちで考えると、
その年ごとに感動があって、
その中には、もう見ることはできないかもしれないシーンもあるし
自分が一番良かったと思う気持ちの根拠は
いったいどの辺にあるんだろう、と考えたりもしました。

今年はオーケストラの生演奏になって、
音にやさしい包容力が生まれました。
そこにしかない時間というものが感じられます。
同じ場所で同じ空気を伝わって聞こえてくる
楽器の響きもまた、台詞や歌と同じなんだなと思いました。
1幕の最後の殺陣も美しさがいや増してすごかったです。

舞台のニューヨークは今の時代なのかと思うと
パンナムのスッチーがいたり
実は劇場の亡霊なのか、なんだか謎です。
「今しかない」ものと、「変わらずにありつづけるもの」
それが同時にある舞台で
特に「今」が輝くから、今年が一番良かったと思うのかも。
今年は梅田にも観に行きたいなぁ。
問題は、チケットが取れるのか。

shock201903.jpg
(今年もパンフレットと一緒にデジカメできたうちの文鳥、桜にとまっている風。)


関連記事 in my blog: Endless Shock 2018, すみれ色してた窓で


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村





2019.03.13  小原古邨展 


koson201903.jpg

去年の秋に茅ヶ崎美術館で開かれていた展覧会が開かれたときは、
行きたい行きたいと思いながら、
あまりにも忙しくて、あきらめたのですが、
原宿の太田美術館でも古邨の絵が
見られるというので、でかけてきました。
(会期は3月24日まで)

描かれている鳥たちが表情豊かで
鳥好きにはたまりません。
日本画では題材としてよく取り上げられるし
羽根模様などが美しく、装飾的に描かれてはいますが
結構、無表情だったりして。
ほんとは、もっと表情豊かな愛情深い生き物なんだよ、
と思う、そういう目の感じや、しぐさが
かゆいところに手が届く的に?表現されています。
ほんとにぬくもりを感じる絵ばかりでした。

日曜美術館で、竹と雀の絵が紹介されているのを見て、
家守奇譚と冬虫夏草の文庫のカバー絵の、
神坂雪佳と勘違いしましたが、
小原古邨の方が11歳若い1877年(明治10年)生まれだそう。
神坂雪佳は、物語を感じる絵で、
古邨の絵は、ナイスショットな動物写真のような。

ウィークデーの閉館の40分前くらいに入りました。
とても混んでいました。

関連記事 in my blog: 家守奇譚,  冬虫夏草


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村




2019.03.10  八甲田山死の彷徨 


hakko201902.jpg
八甲田山 死の彷徨
(新潮文庫 1978/1/30)
新田 次郎

今年の2月に、北海道に歴史的な寒波というニュースがありましたが、
今から100年以上前
1902年(明治35年)1月25日に観測された
旭川マイナス41度が、日本での観測史上最低気温なんだとか。
まさにその大寒波が日本上空に来ていた年に起こった悲劇
八甲田山雪中行軍中の遭難事故を題材にした
新田次郎の小説を読みました。

通信手段も気象観測方法も精度の低い時代の雪中行軍
ふつうの冬でも難所だと言われる八甲田を
史上最悪の寒波が襲う中
彷徨せざるを得なかった5聯隊の惨状に震撼とします。
踏破した31聯隊のことが書かれている部分でも
十分「地獄」だと思いながら読んでいましたが、
5聯隊については、読んだだけでPTSDになりそうなくらい
すさまじい状況でした。

文庫本の解説は出版当時70歳(1907年生)の山本健吉によるものです。
著者の新田次郎より5歳年上です。
この事故があったときには生まれてはいないけれど、
大人たちが話しているのを聞いて知っているという世代です。
下記にちょっと長めですが引用します。

高橋誠一郎氏が、
「世間ではよく明治というとよかった時代のように言うひとがあるが
私の印象では少しもよくなかった、それは暗い時代だった」
と言ったことがある。
私はそれに強い共感を覚えたが、明治40年生まれの私が
明治の暗さを具体的に知っていたわけはない。(中略)
この作品によって、幼児からはぐくまれた漠然とした
明治日本のかなしさの思いが、
ようやく具体化されたという喜びがともったことを
ここにひとこと言い添えておきたいのである

(文中「」を追加しました。高橋誠一郎は、
明治17年生まれの経済学者だそうです。)

どんなに隠されていたとしても
起きた出来事の暗さやひずみについて
子供たちが漠然とした疑問や悲しみをいだいている。
それは子供が「自然」に近いところにいるからかもしれません。
どれだけ時代が新しくなっても自然の猛威を前にすると
「時代に秘められている暗さ」は「時代の愚かさ」として
多くの犠牲を生むことになる。
そんなことを考えさせられたのでした。

関連記事 in my blog: つぶやき岩の秘密, おろおろ草紙


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村




2019.03.05  ぎん色いろ色ー金花糖 


kinkato201903.jpg

東京スーベニル手帖を開くと最初に目にはいるのが
招き猫と犬張子ととっくりが籠にはいっている可愛らしい金花糖。
錦華糖とも書くようです。
最近は見かけないけれど、子供の頃は三月の節句になると
白いとっくりの砂糖菓子が売られていたなぁ。
と思ってみていたところ、下の方に小さく小さく
(この本の文字は写真を強調するためおおむね小さい)
西荻窪喜久屋とありました。

おお、これは駅前の、あのお店ではないか、
そう思ってお節句の前に行ってみたのが数年前。
風格のある背の高いガラス棚に並べられた金花糖は
招き猫やとっくりのほかに、海の幸、山の幸。
「色どりをきれいに選んだほうがいいですよ」と
お店の方が親切にいろいろ取り出して並べてくれました。
まるで子供の頃のおままごとを思い出すような
やさしい気持ちになれる買い物でした。

その喜久屋さんが、昨年お店をたたんでしまわれ、
もう金花糖をご近所では買えないのだな、とがっかりしていたら、
喜久屋さんの前の道をもう少し北に歩いた先にある
Loupe(ルーペ)という雑貨屋さんで扱っているとのこと。
鯛とサザエと筍を買ってきました。

今年は久しぶりに母の古いお雛様も出し
西荻から出張お供えをしたりしたもので、
ちょっと鯛のしっぽが割れてますが
お店では壊れないように丁寧に包んでくれたのです。
繊細なお菓子なので、
お店の方も仕入れて売るには神経を使われることでしょう。
このやさしい風情のお菓子は残ってほしいなと思います。

関連記事 in my blog: 三月ひなのつき, 東京スーベニイル手帖


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 鳥ブログ 白文鳥へ
にほんブログ村





2019.03.02  2019年3月 読みたい本 


umenisuzume.jpg
(梅に鶯じゃなくて雀。細い枝に数羽摑まっていましたが、
スマホを向けたら、この子だけ撮らせてくれました。)

3月になり、ぐっと朝になるのが早くなりました。
近くの公園では
ちょっとちょっと咲いていた梅がいっきに満開になりました。
雀や、目白、四十雀など
小鳥様一行が団体でお花見しています。
「花は来年も咲くけれども」
今飛びまわっている小鳥たちのうちで、
来年も同じ梅の枝にいるだろう小鳥はわずか。
よく厳しい冬を乗り越えてきたものです。
うちの文鳥も去年の今頃は
タマゴ詰まりになりかけてものすごく心配しました。
今年は元気なので、
このままいっきに春爛漫になってほしいと思っています。

3月に読みたい本は、
昨年亡くなった梅原猛の「湖の伝説」
三浦哲郎の「夕雨子」のモデルになった
日劇のダンサー、水原まゆみのエッセイなど。

東海道53次の方は、
一日1万歩いかない日も出てきました。
なんとか豊橋あたりを通過。
名古屋につく頃は(歩数が)、
桜が咲いているのやら。

関連記事 in my blog: 2019年2月 読みたい本,  花は来年も咲くけれども


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村




 Home