FC2ブログ

空飛ぶ色いろnatsuno07

ようこそ! 
本に関すること、日々のこと、いろいろです。
ゆっくり遊んで行ってください。
文中敬称略とさせていただきます。
引用は青字にしています。

プロフィール

author: natsuno07 ♀
絵を見ることが好き。 読書が好き。文鳥が好き。
日常のあれこれ書いてます。
詩のサイトはこちら
シア・シュガー
うちの文鳥




yumenosuke


natsuno07



@soratobuiroiro

更新通知なつぶやき


カレンダー


10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


記事の年月でさがす


2019年 05月 【3件】
2019年 04月 【5件】
2019年 03月 【8件】
2019年 02月 【7件】
2019年 01月 【6件】
2018年 12月 【5件】
2018年 11月 【6件】
2018年 10月 【4件】
2018年 09月 【7件】
2018年 08月 【6件】
2018年 07月 【7件】
2018年 06月 【6件】
2018年 05月 【10件】
2018年 04月 【12件】
2018年 03月 【17件】
2018年 02月 【20件】
2018年 01月 【4件】
2017年 12月 【3件】
2017年 11月 【3件】
2017年 10月 【7件】
2017年 09月 【8件】
2017年 08月 【12件】
2017年 07月 【6件】
2017年 06月 【11件】
2017年 05月 【12件】
2017年 04月 【14件】
2017年 03月 【15件】
2017年 02月 【12件】
2017年 01月 【6件】
2016年 12月 【9件】
2016年 11月 【13件】
2016年 10月 【2件】
2016年 09月 【3件】
2016年 08月 【6件】
2016年 07月 【8件】
2016年 06月 【9件】
2016年 05月 【11件】
2016年 04月 【1件】
2016年 03月 【8件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【2件】
2015年 12月 【8件】
2015年 11月 【3件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【2件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【4件】
2015年 04月 【6件】
2015年 03月 【7件】
2015年 02月 【5件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【3件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【3件】
2014年 05月 【6件】
2014年 04月 【6件】
2014年 03月 【8件】
2014年 02月 【3件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【4件】
2013年 09月 【12件】
2013年 08月 【15件】
2013年 07月 【15件】
2013年 06月 【10件】
2013年 05月 【11件】
2013年 04月 【6件】
2013年 03月 【7件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【4件】
2012年 10月 【6件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【10件】
2012年 07月 【10件】
2012年 06月 【2件】
2012年 05月 【7件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【10件】
2012年 02月 【7件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【9件】
2011年 10月 【12件】
2011年 09月 【5件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【15件】
2011年 06月 【6件】
2011年 05月 【9件】
2011年 04月 【11件】
2011年 03月 【5件】
2011年 02月 【4件】
2011年 01月 【11件】
2010年 12月 【7件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【9件】
2010年 09月 【8件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【16件】
2010年 06月 【18件】
2010年 05月 【14件】
2010年 04月 【16件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【4件】
2009年 12月 【10件】
2009年 11月 【12件】
2009年 10月 【12件】
2009年 09月 【4件】
2009年 08月 【15件】
2009年 07月 【15件】
2009年 06月 【8件】
2009年 05月 【14件】
2009年 04月 【19件】
2009年 03月 【11件】
2009年 02月 【14件】
2009年 01月 【23件】
2008年 12月 【14件】
2008年 11月 【19件】
2008年 10月 【7件】
2005年 01月 【1件】



カテゴリでさがす

手書き風シリーズ星本の種類、など
記事のメインカテゴリーです。



キーワードでさがす




タグでさがす

手書き風シリーズ星記事の多い順です。


RSSリンクの表示




お問い合わせ


こちらから

2018.11.27  戦う操縦士 (古典新訳文庫) 


tatakausojushi20181101.jpg
戦う操縦士
(光文社古典新訳文庫 2018/3/20)
サン=テグジュペリ 著 鈴木 雅生 訳 望月 通陽 表紙

古典新訳文庫で、「戦う操縦士」を読みました。
堀口大學訳で読み返したのは8年も前のこと。
その時は途中からとても難解になって時間のかかる読書でしたが、
今回も決してすらすらと読んでしまえるわけではありませんでした。
けれど、古い言葉の多い堀口訳で読むより
ずっと理解しやすく、後半難解な箇所が来るはず
と身構えながら読んでいたら、ふっと終わってしまったので
驚いたりしました。

後半部分、《共同体》と《人間》との関係を
カテドラルとカテドラルを作る石材に例えているあたりは
以前読んだよりもずっとわかりやすかったです。
サン=テグジュペリの思考や哲学について、
わかったとも共感したともいえませんが
偵察機としての危険な飛行に飛び立つ
パイロットの「思い」というものにこころ打たれます。

敵の攻撃が激しくなってきたそうだ。
それでも私は、この夕暮れの青さに驚かずにはいられない。
(中略)
ポーラ、おかしな戦争だよ。なにもかもが青く染まった
どこかさびしい戦争だよ。(19章より)


これは幼い頃の記憶にある乳母のポーラを
偵察飛行中に、思い出しているシーンです。
詩のような美しい訳だと思います。
古い新潮文庫の
難波 淳郎のカバー絵を改めて思い出すのでした。

光文社のホームページに
訳者のインタビュー記事をみつけました。
「あとがきのあとがき=訳者・鈴木雅生氏インタビュー記事」
その中で、訳者は
「誤読されると危険な作品」と語っています。
たしかにわたしもまた上に引用したように、
部分だけきりとって、
自分のいいように読んでしまいたくなっているのかもしれませんが、
そんな反省もふまえ
また読み返したくなるだろうと思います。

関連記事 in my blog: 戦う操縦士, 夜間飛行


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト




2018.11.21  戦う操縦士 古い文庫本のこと 


tatakausojushi20181102.jpg
戦う操縦士
(新潮文庫 1956/11/5, 1970年20刷)
サン=テグジュペリ 著 堀口 大學 訳 難波 淳郎 表紙

「戦う操縦士」の古い文庫本です。
「人間の土地」「夜間飛行」の時と同様、
このカバー絵も音楽的ですが、
これまでのジャジーな雰囲気に加えて
クラッシックな趣もあるような気がします。
人間の土地や、夜間飛行に出てくるような
荒れた天候とは真逆の
視界も良好に思われる、美しい青空。
しかし、この飛行はこれまでの
郵便飛行とは違う困難に直面しているのです。

この絵を見た時に浮かんだのが
「虐殺されたモーツアルト」という
「人間の土地」のラストに出てくることばでした。
フランスを去るポーランド人労働者で混雑した
列車の中で見かけた子供の寝顔に
モーツアルトの音楽のような美しさを
サン=テグジュペリは、見出します。
しかし、それと同時に人間一人一人の中にある
「虐殺されたモーツアルト」という絶望感も
見ているのです。

「夜間飛行」よりも、そもそもの刷数が少なかったのかもしれませんが
先に20刷を越えているということは
当時は、けっこう読まれていた本なのでしょうか?
今までの文庫よりも保存状態がいいのは、
古書店でみつけて買ったものだからです。


関連記事 in my blog: 夜間飛行 古い文庫本のこと


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村




2018.11.18  みんなのレオ・レオーニ展 


書影
(みんなのレオ・レオーニ展チラシ、オンマウスで、図録表紙。)

11月の初めころに用事があって新潟に行ったときに、
新潟県立万代島美術館で「みんなのレオ・レオーニ展」を見ました。
新潟は12月の中旬まで、その後は来年の4月から広島へ。
そして夏頃に東京へも来るようです。
それから鹿児島と沖縄へ。
巡回予定はこちら

5年前見たときには、原画の色の鮮やかさを堪能しましたが、
今回は、グラフィックデザイナーとしての作品や、
オブジェなども見ることができました。
新潟県立万代島美術館の中には、日本語の絵本が
沢山用意されていたので、それも読ませてもらいながら、
ゆっくり過ごすことができました。

前にも思ったけれど、自分が背負いきれないほど大きな殻で
身動きがどれなくなってしまうかたつむりの話は
なかなかに怖く悲しいです。
「せかいいちおおきなうちーりこうになったかたつむりのはなし」
というタイトルです。
このかたつむりは、自ら進んで殻を大きくしたから
自業自得ともいえますが、
実は、知らず知らずに背負わされている大きな借財のようなものだったら
どうなんだろう、なんて考えたりするのでした。

また「うさぎをつくろう」のような作品を見ていると、
ただ受け身で絵本を読んでもらうというのにとどまらない
こどもが読んでいるうちに、自分でも試してみたくなるような
そんなきっかけを促すような絵本でもあるなぁと思うのでした。

関連記事 in my blog: ひとあしひとあし


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村







2018.11.12  トロールの森 2018 


Troll201801.jpg
(おどるあなたをおぼえている/ 新江 千代)

11月3日にはじまったトロールの森、はじまった日に行きました。
初日はいろいろイベントがあって、その後べつの日に行ったときより
ずっとにぎやかでした。
静かに見るのも、イベントと一緒に見るのもどちらも楽しいと思います。
トランプのキングやクイーンがピンク色の衣装を着ている
ような感じの人たちが、公園のボードに乗って
優雅に水遊びを楽しんでいたり、
なかなかにワンダーランドなことになっていました。

今年は「不在」というテーマで、
林のあちこちに衣食住の痕跡をみるような
そんなアート作品がありました。
不在というのは、いつか帰る予定があるということ
今はたまたまいないということで、
空き家とは違うのだななどということをつらつらと考えながら。

Trolls2017
(Celebration/宮嵜浩 オンマウスで、ズームアウト。)

トロールたちに用意された、こんなゴージャスな食卓もあるし
大きな道のようなテーブルクロスもありました。

Troll201803.jpg
(テーブルクロス/ 金沢寿美)


関連記事 in my blog: トロールの森 2017

よろしければポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村





2018.11.07  夜間飛行 吉原幸子詩集 


Yakanhiko20180803.jpg
夜間飛行
(思潮社 1978/5/14)
吉原 幸子

サン=テグジュペリの夜間飛行を読み終えたあと
久しぶりに開きました。
吉原幸子は「あとがき」で、
この詩集のタイトルを見た読者は、
ゲランの香水「夜間飛行」と、
サン=テグジュペリの小説とどちらを連想するだろうか?
と書いています。

ゲランの香水といえば、
その昔、なぜか母が持っていました。
エキゾチックな香水瓶で、どことなく楽器のように見える
丸いボディに尖ったキャップ。
嗅がせてもらったことはあるけれど、
どんな香りだったのか、まるで覚えていません。
ゲランの香水は、サン=テグジュペリの作品をイメージして
生まれたのだとか。

小説「夜間飛行」には、
消息を絶ったパイロットの新婚の妻が
オフィスにやってくるシーンがあります。
その女性とパイロットの上司であるヴィエールが会う
そっけないけれど、印象的なシーン。
解説にもありましたが、時系列を逆にしていることで、
いっそう際立つ香りのような描かれ方です。

さて、詩集を開いてみて、
このフレーズ好きだったなぁというのは
「雨なのに」という詩の一節。

(冒頭略)
おなじ音に包まれてねむることはできる
でも
おなじゆめをみることはできない
(中略)

おなじゆめをみることはできない
でも
おなじ音に包まれてねむることはできる


大人の恋人たちの感じる愛と孤独の詩を
少し驚くような気持ちで読み返しました。


関連記事 in my blog: 夜間飛行


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村





2018.11.04  2018年11月 読みたい本 


November2018.jpg
(善福寺公園 トロールの森2018)

10月から年末にかけては、ともかく忙しくて余裕のない時期。
いろんなことを見失うというか、見過ごすというか
でも、前にも書いたような気がしますが、
11月という月は好きです。
クリスマスだとかハローウィンとかいう行事はなくて
淡々とした初冬への入り口
その銀色な感じが好きなのです。

10月から読み始めている「戦う操縦士」は持ち越しとなり、
隙間、隙間でちょっとずつ読んでいます。
次なる本は短編や詩集なら、どうかなと思って見ています。
三浦哲郎が芥川賞を受賞した「忍ぶ川」
「ディラン・トマス詩集」など。
ビブリア古書堂の新作も気になっていますが、
こちらはお正月のお楽しみの予定。
古書店といえば、宮部みゆきの「淋しい狩人」も
読み返したいです。


関連記事 in my blog: 2018年10月 読みたい本


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村




 Home