空飛ぶ色いろnatsuno07

ようこそ! 
本に関すること、日々のこと、いろいろです。
ゆっくり遊んで行ってください。
文中敬称略とさせていただきます。
引用は青字にしています。

プロフィール

author: natsuno07 ♀
絵を見ることが好き。 読書が好き。文鳥が好き。
日常のあれこれ書いてます。
うちの文鳥


yumenosuke


natsuno07



@soratobuiroiro

更新通知なつぶやき


小鳥なつぶやき




カレンダー


09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


記事の年月でさがす


2017年 11月 【2件】
2017年 10月 【7件】
2017年 09月 【8件】
2017年 08月 【12件】
2017年 07月 【6件】
2017年 06月 【10件】
2017年 05月 【13件】
2017年 04月 【14件】
2017年 03月 【14件】
2017年 02月 【12件】
2017年 01月 【7件】
2016年 12月 【9件】
2016年 11月 【13件】
2016年 10月 【2件】
2016年 09月 【3件】
2016年 08月 【6件】
2016年 07月 【8件】
2016年 06月 【9件】
2016年 05月 【12件】
2016年 03月 【8件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【2件】
2015年 12月 【8件】
2015年 11月 【3件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【4件】
2015年 04月 【6件】
2015年 03月 【7件】
2015年 02月 【5件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【3件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【3件】
2014年 05月 【6件】
2014年 04月 【6件】
2014年 03月 【8件】
2014年 02月 【3件】
2014年 01月 【3件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【4件】
2013年 09月 【12件】
2013年 08月 【15件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【11件】
2013年 05月 【11件】
2013年 04月 【6件】
2013年 03月 【7件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【4件】
2012年 10月 【5件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【10件】
2012年 07月 【10件】
2012年 06月 【2件】
2012年 05月 【7件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【10件】
2012年 02月 【7件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【13件】
2011年 09月 【5件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【15件】
2011年 06月 【6件】
2011年 05月 【9件】
2011年 04月 【11件】
2011年 03月 【5件】
2011年 02月 【5件】
2011年 01月 【13件】
2010年 12月 【7件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【10件】
2010年 09月 【8件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【16件】
2010年 06月 【18件】
2010年 05月 【14件】
2010年 04月 【16件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【4件】
2009年 12月 【11件】
2009年 11月 【11件】
2009年 10月 【12件】
2009年 09月 【5件】
2009年 08月 【16件】
2009年 07月 【15件】
2009年 06月 【8件】
2009年 05月 【14件】
2009年 04月 【19件】
2009年 03月 【12件】
2009年 02月 【14件】
2009年 01月 【23件】
2008年 12月 【14件】
2008年 11月 【19件】
2008年 10月 【7件】



カテゴリでさがす

手書き風シリーズ星本の種類、など
記事のメインカテゴリーです。



キーワードでさがす




タグでさがす

手書き風シリーズ星記事の多い順です。


RSSリンクの表示




2017.10.03  A Pattern of Roses 



A Pattern of Roses
(Oxford University Press 1972)
K.M. Peyton

てっきりオランダの話だと思っていた「フランダースの犬」が
イギリス児童文学の古典だと知って、思い出したのが
K.M.ペイトンの「バラの構図」のことです。
以前にも書いたことがありますが、
1910年頃に小作農の子供として生きたトムと
1970年頃に生きる16歳のティムの物語が錯そうする
ミステリー仕立ての小説です。

小作農の子トムの話は、
「フランダースの犬」と重なるところがあります。
トムは、はやり絵の才能を持っている少年で、
貧しく、家計を助けるべく働いています。
ネロがアロアの絵を描いたように
牧師館に来た身分違いの少女に淡い想いを抱きながら、
ポートレートを描くシーンもあります。

現代(1970年代)を生きるティムは
引っ越してきた古い家の天井裏に
トムがかつて描いた
少女のポートレートの絵を見つけたことから
トムが何故たったの15歳で死ななければならなかったのか、
探ることになります。
ティムはトムの墓をみつけ
やがてトムと同じ日に死んでいる10匹の猟犬の墓も見つけます。

ネロの生きた時代からは40年もたっていますが、
トムの生きた時代もやはり「身分」というものに縛られ
将来には何の選択の余地もないのでした。
金持ちが大切に飼育している猟犬のほうが
よほどましかもしれないほどの貧しさ中で生きるトムは、
ネロと違って、絵で名をあげようなどとはこれっぽちも思っていません。
なのに、絵の才能があったことをきっかけに
運命の歯車が狂うのです。

原書は社会人になってすぐ、
どうしても欲しくて買ったものですが、
こちらももう絶版になっています。
「フランダースの犬」はこれからもどこかしらで古典として残るのでしょうが、
「バラの構図」はいつか忘れられてしまう物語なのかもしれません。
とてもさびしいです。
作者のK.M.ペイトンは美術学校を卒業して
美術の先生をしていた人で、表紙絵は本人によるものです。


関連記事 in my blog: バラの構図,   卒業の夏


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

スポンサーサイト




 Home