FC2ブログ

空飛ぶ色いろnatsuno07

ようこそ! 
本に関すること、日々のこと、いろいろです。
ゆっくり遊んで行ってください。
文中敬称略とさせていただきます。
引用は青字にしています。

プロフィール

author: natsuno07 ♀
絵を見ることが好き。 読書が好き。文鳥が好き。
日常のあれこれ書いてます。

please also see シア・シュガー


過去記事から









@soratobuiroiro

更新通知なつぶやき


カレンダー


06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


記事の年月でさがす


2020年 07月 【1件】
2020年 06月 【4件】
2020年 05月 【5件】
2020年 04月 【3件】
2020年 03月 【3件】
2020年 02月 【3件】
2020年 01月 【8件】
2019年 12月 【8件】
2019年 11月 【4件】
2019年 10月 【4件】
2019年 09月 【3件】
2019年 08月 【6件】
2019年 07月 【6件】
2019年 06月 【5件】
2019年 05月 【5件】
2019年 04月 【5件】
2019年 03月 【8件】
2019年 02月 【7件】
2019年 01月 【6件】
2018年 12月 【5件】
2018年 11月 【6件】
2018年 10月 【4件】
2018年 09月 【8件】
2018年 08月 【4件】
2018年 07月 【7件】
2018年 06月 【6件】
2018年 05月 【10件】
2018年 04月 【12件】
2018年 03月 【17件】
2018年 02月 【20件】
2018年 01月 【4件】
2017年 12月 【3件】
2017年 11月 【3件】
2017年 10月 【7件】
2017年 09月 【8件】
2017年 08月 【12件】
2017年 07月 【6件】
2017年 06月 【11件】
2017年 05月 【12件】
2017年 04月 【14件】
2017年 03月 【15件】
2017年 02月 【12件】
2017年 01月 【6件】
2016年 12月 【9件】
2016年 11月 【13件】
2016年 10月 【2件】
2016年 09月 【3件】
2016年 08月 【6件】
2016年 07月 【8件】
2016年 06月 【9件】
2016年 05月 【11件】
2016年 04月 【1件】
2016年 03月 【8件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【2件】
2015年 12月 【8件】
2015年 11月 【3件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【2件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【4件】
2015年 04月 【6件】
2015年 03月 【7件】
2015年 02月 【5件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【3件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【3件】
2014年 05月 【6件】
2014年 04月 【6件】
2014年 03月 【8件】
2014年 02月 【3件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【4件】
2013年 09月 【12件】
2013年 08月 【15件】
2013年 07月 【15件】
2013年 06月 【10件】
2013年 05月 【11件】
2013年 04月 【6件】
2013年 03月 【7件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【4件】
2012年 10月 【6件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【10件】
2012年 07月 【10件】
2012年 06月 【2件】
2012年 05月 【7件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【10件】
2012年 02月 【7件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【9件】
2011年 10月 【12件】
2011年 09月 【5件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【15件】
2011年 06月 【6件】
2011年 05月 【9件】
2011年 04月 【11件】
2011年 03月 【5件】
2011年 02月 【4件】
2011年 01月 【11件】
2010年 12月 【7件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【9件】
2010年 09月 【8件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【16件】
2010年 06月 【18件】
2010年 05月 【14件】
2010年 04月 【16件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【4件】
2009年 12月 【10件】
2009年 11月 【12件】
2009年 10月 【12件】
2009年 09月 【4件】
2009年 08月 【15件】
2009年 07月 【15件】
2009年 06月 【8件】
2009年 05月 【14件】
2009年 04月 【19件】
2009年 03月 【11件】
2009年 02月 【14件】
2009年 01月 【23件】
2008年 12月 【14件】
2008年 11月 【19件】
2008年 10月 【7件】
2005年 01月 【1件】



カテゴリでさがす

手書き風シリーズ星本の種類、など
記事のメインカテゴリーです。



キーワードでさがす




タグでさがす

手書き風シリーズ星記事の多い順です。


RSSリンクの表示




お問い合わせ


こちらから

2016.03.22  野鴨中毒 


野鴨

東京芸術劇場で、結城座の「野鴨中毒」を見ました。

冒頭、木の鳥かごを持った男が舞台にあらわれ、
飛散した鉛銃弾で鉛中毒になった
水鳥の最期について語ります。
ベトナムの俳優によるベトナム語の台詞。
やがて黒衣の葬列が静かに彷徨いこんできます。
自殺を禁じているキリスト教会の墓地には、埋葬できないらしい。
それに行きあった一人の猟師が
宗旨を問わない墓所へ案内することになります。
いったい何があったか道々猟師に語り聞かせる形で、
イプセンの「野鴨」が始まります。

自殺したのは14歳の少女でした。
その少女の母はベトナム人の女優レ・カインが演じています。
映画「夏至」で次女を演じた美しい人です。
イプセンの「野鴨」には出てこない、
鉛中毒で死んでいく鴨の姿が投影されることで
「ほかに生きるすべがどこにもない」生き物の嘆きが見えてきます。
水鳥たちは、消化のために小石を食べます。
散弾銃の破片と小石の違いを
わからずに摂取するので鉛中毒になるのです。
嘘だろうが本当だろうが食べる
芝居の中で、絶望にかられた少女の父親が家に帰ってきて
そのわりにはパクパク食事をとるシーンがあります。
なんともいえず愛しいシーンです。
生き物というのはそういうものだなと思う。
でもそこに、毒が含まれているとしたら。

義憤にかられて真実をぶちまけた男が、
なぜ自分のことを食卓の13人目の客と言ったのか、
なぜ、少女は自ら命を絶ったのか、
よくわからないこともありましたが、
愛するものを失う嘆きの声が、ただただ沁みました。
このお芝居は、日本を皮切りに、ベトナムや
他の国でも演じられるそうです。
音楽も、人形も、演者の人たちも素晴らしかったです。
結城座のお芝居は好きなものがたくさんありますが、
いままで一番感動した「テンペスト」を抜く感動でした。

関連記事 in my blog: 早春の「真夏の夜の夢」


よろしければポチっとお願いいたします。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






2015.11.09  放浪記 ふたたび 


Moji5.jpg
(関門海峡)

仲間由紀恵の「放浪記」をシアタークリエで観てきました。
この夏にちょうど門司で林芙美子ゆかりの展示品など見てきたところ、
そこにTRICKの山田奈緒子がオーバーラップして
絶対観たいなと思ったのです。

主演女優が若返ったら、放浪記の背景がぐっと古びて感じられました。
すでに「時代劇」の領域です。
帝劇より舞台も近いし、
門司にもあった、レトロな町並みに入り込んだようです。
若返り、若返りと言うなよって感じですが、
若返ったので、
危なっかしさといけなさと
可愛げと明るさと人恋しさがくっきりしてました。
「日夏京子め何を言う」
あんな雑魚寝状態の安宿で、人の迷惑顧みず
夜中に原稿を埋めていた芙美子が、
いつか、寝る暇もなく執筆に追われるほど出世して
書斎でうたた寝をしているのが
「しあわせじゃない」
わけがあろうか。
あの日あの晩、あんなに一心不乱に原稿を埋めていた芙美子にとって
「物書き」になれないほうがよほど不幸なんじゃないだろうか。
そんな「しなやかさ」と
「がむしゃらさ」が感じられる、
まだまだ元気な芙美子でした。

秋はいゝな
朝も夜も
私の命がレールのやうにのびて行きます。
(詩集 蒼馬を見たり 「秋のこゝろ」)



門司
(大正時代の門司港の街並みを再現した海峡レトロ通り。)

関連記事 in my blog: 放浪記 その1, 木村荘八展


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村






2015.02.28  解体されゆくアントニン・レーモンド建築 旧体育館の話 


kyutai0.jpg

「解体されゆくアントニン・レーモンド建築 旧体育館の話」
を三軒茶屋のシアタートラムで見てきました。
木の椅子が乱雑につまれ、砂が舞い込んでいる廃校を思わせる舞台に、
反響するような声で
「息吹」「敬虔」「奔放」「哲学」「癇癪」「沈黙」「平穏」「飴玉」
の登場人物が呼び込まれます。
最初に声を発した人物だけは名前がわかりません。
この人物と「息吹」とは双子なのかと思うほど似ているのですが、
ラストにこの二人が「生死」のシンメトリーになっていることがわかります。
他の7人も建築物の中のさまざまなエレメントのようでもあり
1人の人間の中に存在している「内面」のようでもあります。
台詞は大概とても短く、詩の一行一行をかわるがわる読んでいるようです。
小学校だとか中学校で
卒業式の送辞、答辞を複数の生徒でやるあの感じにも似ています。

「解体されゆく」建物が惜しまれるのは
たとえばチェコの建築家の貴重な建築物だからではないのだと思います。

「光がめぐるの、あの窓から入る光が」
「たくさんの過ぎ去って行った人間が見えるの」


というようなことは何の変哲もない建物にだってある。
その光を見ていた時間、その光が移動していった経過
そこにさまざまな感受性がチラチラして見える
あくまで個別の感覚なはずなのに、共感のように見える。
時間が蓄積されているのが見えるように思える。
建物そのものに魂が宿るように、誰かの人生であるかのように感じられる、
それは決してめずらしいことではありません。

そして解体を阻止するためにある学生が論文を書いたそうです。
まるで小さな昆虫にとても長く立派な学名をつけるように。
「面白い」「ばかばしい」「美しい」「幼い」「若々しい」
どんな形容詞を選べばいいのか。
わからないけれど、なんだか心打たれていました。

実をいうと、わたしはこの「旧体育館」を知っています。
いまだに「体育」の単位が取れてない夢を見るくらいサボっていたので、
「キュウタイ」はむしろ悪夢の中にあります。
2年生の時「体育」の時間にトランポリンをしました。
教授が「これはとても楽しいスポーツだと思われるかもしれませんが、
一瞬で死に変わるスポーツです。」
と言っていたことを無駄にくっきり覚えています。
一瞬で死に変わることなんてしたくない、と言いながら
結構楽しくぴょんぴょんしていました。
卒業前に、ともだちと学内のあちこちで撮った写真があったはずと
探してみたら、ありました。
思い入れはなかったけれど、たしかに光がさしていて
小さくともだちが映っているなと眺めました。


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村





2013.09.15  かもめ 


渋谷のシアターコクーンで、
チェーホフの「かもめ」を見てきました。
港、波止場、ブルースな「放浪記」のイメージを勝手に抱いていたら、
全然違いました。

もう何千世紀というもの、地球はひとつとして生き物を載せず
あの哀れな月だけが、むなしく灯りをともしている


これは劇中劇のセリフですが、
舞台が、どんどん廃墟とか、廃屋のような感じに見えてきて、
怖いような印象でした。
いろいろ残酷な心模様ですが、
最終的にとっても残酷な結末でした。
帰ってきてから、思い出して本箱を探したところ
やはり清水邦夫のお芝居の「楽屋」で、
女優が演じていたのが、「かもめ」でした。

いまあるものはすずろに淋しい思いを呼び、
人の世のなべてものは、つかの間に流れ去る。
そして、流れさるものはやがてなつかしいものへ。


こちらは、「楽屋」の冒頭の「鏡」のつぶやきです。
廃墟か。
でもそれを、額縁に入れて眺める気になれないのは、
現代のこの空気の中に自分が生きているということか。
など、とりとめなく考えてしまうのでした。

kamome201306.jpg

署名人/ぼくらは生れ変わった木の葉のように/楽屋 (ハヤカワ演劇文庫)
(2006/11/22)
清水 邦夫

関連記事 in my blog: 路地の落書き,  放浪記 その2


よろしければポチっとお願いいたします。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





2013.08.20  マイ・ロマンティック・ヒストリー 




シアタークリエで
「マイ・ロマンティック・ヒストリー」というお芝居を観ました。
とても面白かったです。
それぞれにティーンエイジャーの頃の恋をひきずっている。
アラサー男女(トムとエイミイ)の物語。
まずトムの独白つきで演じられた場面が、
つづいてエイミイの独白つきでもう一度演じられます。

どちらも相手の心をまったくわかってなくて、ちょっとバカにしている。
「まるでジャングルポケットみたいに暑くるしい(・・じゃなくて)
熱い青春の記憶」を思い起こしては、あんな恋はもうできないと嘆いています。
その思い込みや勘違いも次第に明らかになっていきます。
照明を落とした場面転換の隙間にはいりこんでくる
静かなピアノのメロディが切ない。
やがて少しずつ、お互いがお互いの気持ちを考えるようになっていきます。
絶望的なのか、希望があるのかは、わからない。
そういう余韻を残したラストでした。
春ごろにテレビドラマでやっていた「最高の離婚」も
アラサーなお話でしたが、ちょっと似ています。

「アラサーになったからといって世界が終るわけではない」
でも、ある年齢ごとに選ばなければならない
岐路というものはあるみたいです。
うちの文鳥2歳7か月は、ニンゲンにするとアラサーです。
そして来年の夏にはアラフォーになります。
なにを考えているのかな。

関連記事 in my blog: ムーミン谷の11月


よろしければポチっとお願いいたします。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





2013.07.15  螢と幽霊 


新しくなった歌舞伎座へ、行ってきました。
演目は、「東海道四谷怪談」。
なんでも30年ぶりに演じられるという「蛍狩」。
非道の限りをつくす伊右衛門が
螢の光る川辺に立つ、「若き日の恋女房」お岩を夢に見るというものです。
伊右衛門の記憶の中で、くっきりと涼やかな光をはなつ螢。
逆に濃く深い闇の入口に立たされたような感覚がありました。

さて、新しい歌舞伎座。
外から見ると、どこが変わったのかな?てな感じでしたが、
中にはいると
以前の広々した階段が消え
客席回りのゆったりと見守るような空間は消え
時間の移り変わりを知らせる窓からの光と天井の暗がりが消え
カレーコーナーから漂うカレーとコーヒーの香りは消え。

伊右衛門が夢に見ていた川辺じゃないけれど、
なんだかこの頃、記憶の中でばかりくっきりとしている風景が
増えてしょうがないなと思うのでした。
でも、舞台を見ていると
以前と変わらぬ気配のようなものがあって、
それはもしや「歌舞伎座の魂」というようなものなのかも、
なんて思うのでした。

歌舞伎座
(マウスをのせると正面玄関が見えます)

関連記事 in my blog: 歌舞伎座のカレー,  震える岩


よろしければポチっとお願いいたします。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




2012.07.07  笑うタクボク 雲は天才である 


先週末に、結城座の「笑うタクボク 雲は天才である」を見てきました。
歩く、歩く、つまずく
トランクを持って現れた旅人たちが、そんな台詞をいいながら
舞台の上に横倒しになった小学校の木の机と椅子を、
ひとつひとつ起こしていくと、いつの間にかそこは教室になっています。
旅人が姿を消すと
時間通りじゃないボンボン時計のことから始まって
あれこれまわりくどく懊悩する校長先生が現れます。
代用教員の石川ハジメ先生が、こどもに作った歌は、
「教育的」とはいえない!?
学校では、そういうごたごたが起こっているようです。
そうではあるけれど、
雲を眺めているシーンがあるせいか、
あやつり人形が、ちょっと、浮いているからか
妙にやすらぐキモチ。

宮沢賢治の「狼森と笊森、盗森」で、
村人が森に呼びかける場面を朗読している場面がありました。
このお話しが入った童話集「注文の多い料理店」が出版されたのは
1924年なので、啄木はすでに空の上の人。
やはり、教室はちょっと宙に浮いている感じです。

こどもの頃、授業で野外観察に行くのが好きだったな
なんてことを思い出したりしてました。
そういうことをまたやりたい今日この頃。

sora.jpg
(半円の窓を透かして見る空。大きな分度器みたいです。)

関連記事 in my blog: 早春の「夏の夜の夢」,  七つ森のカレー,  自然観察


よろしければポチっとお願いいたします。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村