FC2ブログ

空飛ぶ色いろnatsuno07

ようこそ! 
本に関すること、日々のこと、いろいろです。
ゆっくり遊んで行ってください。
文中敬称略とさせていただきます。
引用は青字にしています。

プロフィール

author: natsuno07 ♀
絵を見ることが好き。 読書が好き。文鳥が好き。
日常のあれこれ書いてます。
詩のサイトはこちら
シア・シュガー
ぎん色いろ色




yumenosuke


natsuno07



@soratobuiroiro

更新通知なつぶやき


カレンダー


04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


記事の年月でさがす


2020年 05月 【4件】
2020年 04月 【3件】
2020年 03月 【3件】
2020年 02月 【3件】
2020年 01月 【8件】
2019年 12月 【8件】
2019年 11月 【4件】
2019年 10月 【4件】
2019年 09月 【3件】
2019年 08月 【6件】
2019年 07月 【6件】
2019年 06月 【5件】
2019年 05月 【5件】
2019年 04月 【5件】
2019年 03月 【8件】
2019年 02月 【7件】
2019年 01月 【6件】
2018年 12月 【5件】
2018年 11月 【6件】
2018年 10月 【4件】
2018年 09月 【7件】
2018年 08月 【4件】
2018年 07月 【7件】
2018年 06月 【6件】
2018年 05月 【10件】
2018年 04月 【12件】
2018年 03月 【17件】
2018年 02月 【20件】
2018年 01月 【4件】
2017年 12月 【3件】
2017年 11月 【3件】
2017年 10月 【7件】
2017年 09月 【8件】
2017年 08月 【12件】
2017年 07月 【6件】
2017年 06月 【11件】
2017年 05月 【12件】
2017年 04月 【14件】
2017年 03月 【15件】
2017年 02月 【12件】
2017年 01月 【6件】
2016年 12月 【9件】
2016年 11月 【13件】
2016年 10月 【2件】
2016年 09月 【3件】
2016年 08月 【6件】
2016年 07月 【8件】
2016年 06月 【9件】
2016年 05月 【11件】
2016年 04月 【1件】
2016年 03月 【8件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【2件】
2015年 12月 【8件】
2015年 11月 【3件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【2件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【4件】
2015年 04月 【6件】
2015年 03月 【7件】
2015年 02月 【5件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【3件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【3件】
2014年 05月 【6件】
2014年 04月 【6件】
2014年 03月 【8件】
2014年 02月 【3件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【4件】
2013年 09月 【12件】
2013年 08月 【15件】
2013年 07月 【15件】
2013年 06月 【10件】
2013年 05月 【11件】
2013年 04月 【6件】
2013年 03月 【7件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【4件】
2012年 10月 【6件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【10件】
2012年 07月 【10件】
2012年 06月 【2件】
2012年 05月 【7件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【10件】
2012年 02月 【7件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【9件】
2011年 10月 【12件】
2011年 09月 【5件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【15件】
2011年 06月 【6件】
2011年 05月 【9件】
2011年 04月 【11件】
2011年 03月 【5件】
2011年 02月 【4件】
2011年 01月 【11件】
2010年 12月 【7件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【9件】
2010年 09月 【8件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【16件】
2010年 06月 【18件】
2010年 05月 【14件】
2010年 04月 【16件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【4件】
2009年 12月 【10件】
2009年 11月 【12件】
2009年 10月 【12件】
2009年 09月 【4件】
2009年 08月 【15件】
2009年 07月 【15件】
2009年 06月 【8件】
2009年 05月 【14件】
2009年 04月 【19件】
2009年 03月 【11件】
2009年 02月 【14件】
2009年 01月 【23件】
2008年 12月 【14件】
2008年 11月 【19件】
2008年 10月 【7件】
2005年 01月 【1件】



カテゴリでさがす

手書き風シリーズ星本の種類、など
記事のメインカテゴリーです。



キーワードでさがす




タグでさがす

手書き風シリーズ星記事の多い順です。


RSSリンクの表示




お問い合わせ


こちらから

2020.01.29  冬の水練 


2020_suiren.jpg
冬の水練
(岩波書店 2002/7/4)
南木 佳士

母の本棚に、南木 佳士の本が数冊ありました。
菊地信義の装丁が素敵なので
読んでみることにしました。
「水練」とあるので、また戦時中の話かと思いきや
著者は1951年生まれ
終末期医療に従事される医師であり、
芥川賞受賞作家でもあります。
著者自身がかかった「うつ病」からの
回復期にかかれたエッセイ集です。

「冬の水練」は
最後のエッセイのタイトルから来ているものですが、
「水練」についてはほとんど書かれていません。
だいたいが、ふんわりとしたり
ちくちくしたりする日常のお話でした。

話はそれますが、
ドラマの「いだてん」に出てきた神田YMCAのプール、
で泳いだことがあります。
いくら何でも1917年に作られたという温水プールが
そのままだったわけはないと思いますが、
そうとう古めかしい感じだったなぁというおぼろげな記憶が
うわぁっとよみがえりました。
東陽町に新しいプールができてからは
そちらで泳いでいたので、すっかり忘れていました。
あんなに泳ぐのが好きだったのに、
今は、水にぬれるの大嫌いです。

母もかつてはスイマーだったらしいです。
これは祖母から聞いた話で、
「いだてん」にも出てきた古式泳法「のし」が得意で
めちゃくちゃ早かったのだとか。
祖母の自慢話でしたが、母は
まるで別人の話を聞くような顔をして聞いていたなと
なんだか懐かしく思い出しました。


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村




2020.01.24  昭和史1926-1945 


showa-shi1925-1945.jpg
昭和史1926-1945
(平凡社ライブラリー 2009/6/11)
半藤 一利

昭和のシの字も知らない世代のために
開かれた「昭和史講座」の書き起こし、だそうです。
とても読みやすくて一気に読んでしまいました。
城山三郎の「落日燃ゆ」でイメージの良い広田弘毅が
けっこうそうでもない人であったり
歴史上の人物も
語る人によっていろいろな面があるものだと思いました。
込み入った事柄が明晰に解説されています。

昨年の秋の「トロールの森」のイベントで
紙芝居屋さんがやってきて、「黄金バッド」を見せてくれました。
なんだかそんな雰囲気の語り口でもあります。
口をあけて見入っている子供のような気持ちで
夢中で読んでしまいました。
でも、たとえば、二・二六事件の話の中で

奥さん方が危急の時にじつによく頑張った
という話が、この殺伐たる二・二六事件に
ちょっとした明るさをもらたしてくれるのではないでしょうか


そんな話にはふと我にかえるように
「そうなのか?」と思ったりします。
以前、広津桃子の追悼記事のことを書きましたが、
「個人」ではなくて「みんな」を作り出して
ある「結論」や「イメージ」を導きだしている。
おそらくは「そのとき必死の抵抗を見せた女性たちがいた」
という意味なのでしょうが、
目の前で夫を殺されるという状況に立たされた女性がいたことを
明るいというのは微妙だなと思いました。

著者はわたしからすればずっと大人の人ですが、
当時は少年でした。その少年が、
「東京大空襲」のあとに手伝いにいったときの話が
いちばん印象的でした。
サン=テグジュペリの云う
「虐殺されたモーツアルト」だと思うのでした。

関連記事 in my blog: 孫に語り伝える『満州』, 精神の在り場所 
戦う操縦士 古い文庫本のこと


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村








2019.12.28  石蕗の花ー網野菊さんと私 


tuwanohana.jpg
石蕗の花ー網野菊さんと私
(講談社 1981/3/30)
広津 桃子

広津桃子は、1918年(大正7年)生れです。
1949年父和郎の病床を網野菊が見舞ったことから
ふたりの交流がはじまります。
網野菊が文鳥と暮らしていた市ヶ谷の家
「陽のさす部屋」である、護国寺裏のアパート
を広津桃子が訪ねていくのですが、
その光景がまるで映画を見ているように
ありありと伝わってきます。
市ヶ谷の家の庭先には、猫が何匹も来ていたようで、
網野菊は、広津桃子にこんなことを言います。

転ばないように杖でおいながら行くときがあるのだけど
そういう時、猫の露払いとおともをしたがえた
魔法使いのような気がして、なんだかいやね。


広津桃子もまた猫のように網野菊の家を訪ねたのか、
それとも
魔法使いの歳の離れた後輩として訪ねたのか
その独特の目線の中に描きだされる網野菊は、
本人の作品の中で見え隠れする
本人像とはまたちがった姿です。

1981年に出版されているこの本は、
30年近く続いた網野菊との交流の記録であり
変わっていく東京のどこかに

ささやかな家があり、謙遜な生活があり、
目立たぬ植木が身を寄せ合うようにして
花を咲かせ、紫の草花があり、猫どもがたわむれていた情景が
一段と色鮮やかに浮かんでくる


そういう広津桃子自身の心に映し出された光景でもあります。
63歳の広津桃子が、78歳で亡くなった網野菊の記憶を振り返る
1980年代の始め。
今から40年近く前のことです。
でも、広津桃子の語り口があまりに生き生きとしているので、
読みながらいつの時代の話なのか
よくわからなくなったりしていました。

関連記事in my blog: 陽のさす部屋


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村





2018.11.27  戦う操縦士 (古典新訳文庫) 


tatakausojushi20181101.jpg
戦う操縦士
(光文社古典新訳文庫 2018/3/20)
サン=テグジュペリ 著 鈴木 雅生 訳 望月 通陽 表紙

古典新訳文庫で、「戦う操縦士」を読みました。
堀口大學訳で読み返したのは8年も前のこと。
その時は途中からとても難解になって時間のかかる読書でしたが、
今回も決してすらすらと読んでしまえるわけではありませんでした。
けれど、古い言葉の多い堀口訳で読むより
ずっと理解しやすく、後半難解な箇所が来るはず
と身構えながら読んでいたら、ふっと終わってしまったので
驚いたりしました。

後半部分、《共同体》と《人間》との関係を
カテドラルとカテドラルを作る石材に例えているあたりは
以前読んだよりもずっとわかりやすかったです。
サン=テグジュペリの思考や哲学について、
わかったとも共感したともいえませんが
偵察機としての危険な飛行に飛び立つ
パイロットの「思い」というものにこころ打たれます。

敵の攻撃が激しくなってきたそうだ。
それでも私は、この夕暮れの青さに驚かずにはいられない。
(中略)
ポーラ、おかしな戦争だよ。なにもかもが青く染まった
どこかさびしい戦争だよ。(19章より)


これは幼い頃の記憶にある乳母のポーラを
偵察飛行中に、思い出しているシーンです。
詩のような美しい訳だと思います。
古い新潮文庫の
難波 淳郎のカバー絵を改めて思い出すのでした。

光文社のホームページに
訳者のインタビュー記事をみつけました。
「あとがきのあとがき=訳者・鈴木雅生氏インタビュー記事」
その中で、訳者は
「誤読されると危険な作品」と語っています。
たしかにわたしもまた上に引用したように、
部分だけきりとって、
自分のいいように読んでしまいたくなっているのかもしれませんが、
そんな反省もふまえ
また読み返したくなるだろうと思います。

関連記事 in my blog: 戦う操縦士, 夜間飛行


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村





2018.11.21  戦う操縦士 古い文庫本のこと 


tatakausojushi20181102.jpg
戦う操縦士
(新潮文庫 1956/11/5, 1970年20刷)
サン=テグジュペリ 著 堀口 大學 訳 難波 淳郎 表紙

「戦う操縦士」の古い文庫本です。
「人間の土地」「夜間飛行」の時と同様、
このカバー絵も音楽的ですが、
これまでのジャジーな雰囲気に加えて
クラッシックな趣もあるような気がします。
人間の土地や、夜間飛行に出てくるような
荒れた天候とは真逆の
視界も良好に思われる、美しい青空。
しかし、この飛行はこれまでの
郵便飛行とは違う困難に直面しているのです。

この絵を見た時に浮かんだのが
「虐殺されたモーツアルト」という
「人間の土地」のラストに出てくることばでした。
フランスを去るポーランド人労働者で混雑した
列車の中で見かけた子供の寝顔に
モーツアルトの音楽のような美しさを
サン=テグジュペリは、見出します。
しかし、それと同時に人間一人一人の中にある
「虐殺されたモーツアルト」という絶望感も
見ているのです。

「夜間飛行」よりも、そもそもの刷数が少なかったのかもしれませんが
先に20刷を越えているということは
当時は、けっこう読まれていた本なのでしょうか?
今までの文庫よりも保存状態がいいのは、
古書店でみつけて買ったものだからです。


関連記事 in my blog: 夜間飛行 古い文庫本のこと


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村




2018.06.14  村上さんのところ 


murakamisan201806.jpg
村上さんのところ
(新潮文庫 2018/5/1)
村上 春樹 フジモトマサル 挿絵

こちらも、ゴールデンウィーク前に本屋さんに
平積みされていた人気の本です。
メールで寄せられた質問に
片っ端から村上春樹が答えるという内容。
こんなにどうでもいい質問と、
こんなに、どうでもよくはないことに関する質問が
ごっちゃになっていていいのかと思ったりしました。
それこそがリアルというものかもしれませんが。

宮部みゆきの三島屋変調百物語のように、
人はどこか語りたいという気持ちを抱えていて、
そのはじまりとして「問う」ということをするのかな
などと思いました。
村上春樹も答え役としてというよりは、
どちらかというと聞き手としての役割を果たしているからなのか
あまり実像というようなものは見えてきません。
もろもろはぐらかされている気がします。
真摯に応えている、と思える時でも
ほんとかな?というキモチになります。
フジモトマサルの絵がほのぼのしているので、
ほのぼのしたままに読み進みますが、
いったいこの本の意図するところは・・・などと考え出すと
ふと不安になってきたりもします。

それで、たとえば女性誌によくある占いのように、
自分のタイプをみつけるつもりで読めばいいのかな
なんて思うのでした。

1.いちばん印象的だった質問は
2.いちばん好きなフジモトマサルのイラストは
3.いちばん自分もしてみたいと思った質問は
4・いちばん共感した答えは
5.いちばん考え込んだ質問と答えは

そんなふうに。
何とかと答えたあなたはナントカタイプ、・・・なんて。
人の質問と、その答えに照らして
自分を見つめるような感じです。

・核発電所のこと
・もし馬主になったら
(タキノシラタキと名付けられた馬のことをしばし思い馳せ)
・1Q84の続編は?
・人文系学部の危機
・花屋を経営するのに役立ったことば
などが印象に残っています。
わたしはいったい何タイプなんだろう・・・

関連記事 in my blog: 1Q84


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村





2018.05.08  はしっこに、馬といる―ウマと話そう II 


hashikkoni201805.jpg
はしっこに、馬といる―ウマと話そう II
(カディブックス 2015) 
河田 桟

尻屋岬の寒立馬は本州北端の馬ですが、
この本は日本列島最南端の与那国島の馬のお話。
馬語手帖の続編です。
与那国馬も野生の馬だそうですが、
その群れからはぐれてしまった仔馬カディと
成長を見守る著者の間に
コミュニケーションができあがっていくまでの
心の流れが描かれています。

颯爽と本のページを
駆けて行ったかと思うと、
気持ちよさそうに休んでいたり
草を食べていたりする挿絵の馬に
いざなわれながら
詩集のようにも、絵本のようにも
何度もくりかえし読みたくなる本です。

たとえば寄せてはかえす波のように、
つながりながら、変化しながら、
たがいを育んでいくようなこと、
地面に結びついているようなこと
「野生」には
そういう質もあるような気がしています


ある固定した状態を守るだけではなくて、
一緒に「変化」していくということも
また「自然」であるということ。

読みながら、どうしてだか
「風の又三郎」の中で嘉介が
逃げた馬を追っかけて行く場面が
思い出されて仕方なかったのですが、
最後のほうに、カディとは
「与那国」の言葉で「風」を意味するというのを見つけ
ガラスのマントが光ったような
そんな気持ちになったりもするのでした。

関連記事 in my blog: 馬語手帖―ウマと話そう, 風の又三郎


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村