FC2ブログ

空飛ぶ色いろnatsuno07

ようこそ! 
本に関すること、日々のこと、いろいろです。
ゆっくり遊んで行ってください。
文中敬称略とさせていただきます。
引用は青字にしています。

プロフィール

author: natsuno07 ♀
絵を見ることが好き。 読書が好き。文鳥が好き。
日常のあれこれ書いてます。
詩のサイトはこちら
シア・シュガー
うちの文鳥




yumenosuke


natsuno07



@soratobuiroiro

更新通知なつぶやき


カレンダー


04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


記事の年月でさがす


2019年 05月 【1件】
2019年 04月 【5件】
2019年 03月 【8件】
2019年 02月 【7件】
2019年 01月 【6件】
2018年 12月 【5件】
2018年 11月 【6件】
2018年 10月 【4件】
2018年 09月 【7件】
2018年 08月 【6件】
2018年 07月 【7件】
2018年 06月 【6件】
2018年 05月 【10件】
2018年 04月 【12件】
2018年 03月 【17件】
2018年 02月 【20件】
2018年 01月 【4件】
2017年 12月 【3件】
2017年 11月 【3件】
2017年 10月 【7件】
2017年 09月 【8件】
2017年 08月 【12件】
2017年 07月 【6件】
2017年 06月 【11件】
2017年 05月 【12件】
2017年 04月 【14件】
2017年 03月 【15件】
2017年 02月 【12件】
2017年 01月 【6件】
2016年 12月 【9件】
2016年 11月 【13件】
2016年 10月 【2件】
2016年 09月 【3件】
2016年 08月 【6件】
2016年 07月 【8件】
2016年 06月 【9件】
2016年 05月 【11件】
2016年 04月 【1件】
2016年 03月 【8件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【2件】
2015年 12月 【8件】
2015年 11月 【3件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【2件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【4件】
2015年 04月 【6件】
2015年 03月 【7件】
2015年 02月 【5件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【3件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【3件】
2014年 05月 【6件】
2014年 04月 【6件】
2014年 03月 【8件】
2014年 02月 【3件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【4件】
2013年 09月 【12件】
2013年 08月 【15件】
2013年 07月 【15件】
2013年 06月 【10件】
2013年 05月 【11件】
2013年 04月 【6件】
2013年 03月 【7件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【4件】
2012年 10月 【6件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【10件】
2012年 07月 【10件】
2012年 06月 【2件】
2012年 05月 【7件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【10件】
2012年 02月 【7件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【9件】
2011年 10月 【12件】
2011年 09月 【5件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【15件】
2011年 06月 【6件】
2011年 05月 【9件】
2011年 04月 【11件】
2011年 03月 【5件】
2011年 02月 【4件】
2011年 01月 【11件】
2010年 12月 【7件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【9件】
2010年 09月 【8件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【16件】
2010年 06月 【18件】
2010年 05月 【14件】
2010年 04月 【16件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【4件】
2009年 12月 【10件】
2009年 11月 【12件】
2009年 10月 【12件】
2009年 09月 【4件】
2009年 08月 【15件】
2009年 07月 【15件】
2009年 06月 【8件】
2009年 05月 【14件】
2009年 04月 【19件】
2009年 03月 【11件】
2009年 02月 【14件】
2009年 01月 【23件】
2008年 12月 【14件】
2008年 11月 【19件】
2008年 10月 【7件】
2005年 01月 【1件】



カテゴリでさがす

手書き風シリーズ星本の種類、など
記事のメインカテゴリーです。



キーワードでさがす




タグでさがす

手書き風シリーズ星記事の多い順です。


RSSリンクの表示




お問い合わせ


こちらから

2019.05.15  2019年5月 読みたい本 


inokashirastation201905.jpg
(令和になった5月1日、新緑の向こうに井の頭公園駅が見えます)

10連休前は前倒しの仕事、
終わってからはその間たまった仕事で
なんだかんだ忙しかった上に、10連休の間も
家の用事に時間をさかれ、気が付くともう5月も半ばです。
時間が経つのがあまりに早く、頭が追いつきません。

いよいよ来年のオリンピックのチケットの抽選受付がはじまりました。
何となく楽しみになってきました。
世界各国から来る選手たちや観戦のお客さんたち
どうせ来てくれるなら、桜の季節か新緑の季節の日本を
お勧めしたい気持ちでいっぱいですけど
そうもいかないのが残念なところ。

この10連休中には、来年のオリンピック開催期間中
どう仕事をするのか、シュミレーションしたりもしました。
東京を離れたネット環境のない場所でも
スマホのデザリングを使えばなんとかなることはわかりました。
また、連休中に都心を友人と散歩していたら
沿道の警備がとても厳重で、なんだろうかと思ったら
どうやら赤坂御所に通じる道のようでした。
けっこう御所からは離れた位置だったのでびっくりです。
オリンピックの時の警備もまたすごいことになり
東京は出るも入るも大変なことになるだろうなと思うのでした。
そういえば、今日東京でJアラートのテスト放送があったのですが、
最初のテストしますというお知らせの放送もハウっているし
テスト放送もハウっているし、
それよりなにより騒音の多い東京のこと
会社の誰も意に介してなくて
「何?」と耳を澄ましてさえもいない。
こんなの役に立つのかなぁと思ったりしてました。
本当に使わないで済むのが何よりです。

さてもう半分以上過ぎてしまった5月の読みたい本は、
吉村昭の「月下美人」と「三陸海岸大津波」
トーン・テレヘン「リスのたんじょうび」です。


関連記事 in my blog: 2019年4月 読みたい本, めっちゃ医者伝


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト




2019.04.07  natsuno88の本棚 


natsunoniwa201904.jpg
(今は亡き文鳥のきっちゃん。学生の頃一緒に帰省したのでした。)

「今、親の家の中を片づけているのだけれど、
本が重くて大変」という話を友にしていたら、
友のお宅では、お父様の本が一階にも二階にも溢れていて、
さらにトランクルームにも置いてある
と、スマホにあったトランクルームの画像を見せてくれました。
おおお。素晴らしい。
片づけたり管理したりしなきゃいけないのは大変そうですが、
そこに住みたいような
本だらけの空間にうっとりと見とれました。

それに比較したら、うちなど、「本がない」に等しい
池波正太郎とか司馬遼太郎だとかは父のもの
「植物関連」「食べ物本」「小説」「エッセー」は母のもの。
知っている作家もいれば知らない作家も。
ひとつひとつ手にとると面白そうなので、つい時間がとられるし
まったく埒があかない、と思ってましたが、
友のお家のあの本の量を見たら、なせばなる。
大小全部で5本あった本箱のうち
読みたいなと思った本を2本分くらいなら残しておいても良い
という結論に達したのでした。

とはいえ、いつかは処分しなきゃいけないし、
もうよぼよぼになって「本の整理などできましぇん」
という日が来る前までに、できる限り読めればと思うのです。
そこで、はげみに「natsuno88の本棚」(ナツノハハノホンダナ)
というタグをつくることにしました。
夏も近づく八十八夜
積めよ、積め、積め、本を積む。
ゆるゆると、のんびりと楽しませてもらおうと思ってます。

関連記事 in my blog: ファイヤー!, よるくまと夏野菜の思い出


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村




2019.04.03  2019年4月 読みたい本 


sakura201904.jpg
(善福寺川緑地公園の桜)

桜が咲きはじめると、いても立ってもいられないキモチで
あちこちの桜を見にでかけてしまいます。
そんな中、新しい年号が令和と発表になり、
平成もあと27日となってしまいました。
文鳥の文の字が入らないかなと
平成生まれの文鳥を手に密かに期待してましたが
なかった・・。

こうして桜が咲く季節になると
やはり桜の美しさは格別ですが、
まだ寒さ厳しい早春に花をつける梅には
澄んだ音で響き渡る鈴のような美しさがあるなと
新元号の解説を聞いて、改めて思うのでした。
先月、会社の近くの公園の梅林の花を目当てに
小鳥たちがいっぱいやってきて
嬉しそうにしているのを見たばかりなので
いっそう、そう思います。

早春は、未曽有の大震災を経験した季節。
その頃に、咲き始める花に願いを込めた
令和はどんな時代になるのでしょうか。

さて4月にはいって
すでに読みかけているのは宮部みゆきの「桜ほうさら」です。
ちょうど季節だなと思って、再読してます。
そのほかには別役実の戯曲集「遊園地の思想」を
読もうと思っています。

関連記事 in my blog: 2019年3月 読みたい本,  


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村




2019.03.05  ぎん色いろ色ー金花糖 


kinkato201903.jpg

東京スーベニル手帖を開くと最初に目にはいるのが
招き猫と犬張子ととっくりが籠にはいっている可愛らしい金花糖。
錦華糖とも書くようです。
最近は見かけないけれど、子供の頃は三月の節句になると
白いとっくりの砂糖菓子が売られていたなぁ。
と思ってみていたところ、下の方に小さく小さく
(この本の文字は写真を強調するためおおむね小さい)
西荻窪喜久屋とありました。

おお、これは駅前の、あのお店ではないか、
そう思ってお節句の前に行ってみたのが数年前。
風格のある背の高いガラス棚に並べられた金花糖は
招き猫やとっくりのほかに、海の幸、山の幸。
「色どりをきれいに選んだほうがいいですよ」と
お店の方が親切にいろいろ取り出して並べてくれました。
まるで子供の頃のおままごとを思い出すような
やさしい気持ちになれる買い物でした。

その喜久屋さんが、昨年お店をたたんでしまわれ、
もう金花糖をご近所では買えないのだな、とがっかりしていたら、
喜久屋さんの前の道をもう少し北に歩いた先にある
Loupe(ルーペ)という雑貨屋さんで扱っているとのこと。
鯛とサザエと筍を買ってきました。

今年は久しぶりに母の古いお雛様も出し
西荻から出張お供えをしたりしたもので、
ちょっと鯛のしっぽが割れてますが
お店では壊れないように丁寧に包んでくれたのです。
繊細なお菓子なので、
お店の方も仕入れて売るには神経を使われることでしょう。
このやさしい風情のお菓子は残ってほしいなと思います。

関連記事 in my blog: 三月ひなのつき, 東京スーベニイル手帖


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 鳥ブログ 白文鳥へ
にほんブログ村





2019.03.02  2019年3月 読みたい本 


umenisuzume.jpg
(梅に鶯じゃなくて雀。細い枝に数羽摑まっていましたが、
スマホを向けたら、この子だけ撮らせてくれました。)

3月になり、ぐっと朝になるのが早くなりました。
近くの公園では
ちょっとちょっと咲いていた梅がいっきに満開になりました。
雀や、目白、四十雀など
小鳥様一行が団体でお花見しています。
「花は来年も咲くけれども」
今飛びまわっている小鳥たちのうちで、
来年も同じ梅の枝にいるだろう小鳥はわずか。
よく厳しい冬を乗り越えてきたものです。
うちの文鳥も去年の今頃は
タマゴ詰まりになりかけてものすごく心配しました。
今年は元気なので、
このままいっきに春爛漫になってほしいと思っています。

3月に読みたい本は、
昨年亡くなった梅原猛の「湖の伝説」
三浦哲郎の「夕雨子」のモデルになった
日劇のダンサー、水原まゆみのエッセイなど。

東海道53次の方は、
一日1万歩いかない日も出てきました。
なんとか豊橋あたりを通過。
名古屋につく頃は(歩数が)、
桜が咲いているのやら。

関連記事 in my blog: 2019年2月 読みたい本,  花は来年も咲くけれども


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村




2019.02.04  2019年2月 読みたい本 


鷽替え
(湯島天神の鷽、オンマウスで上野動物園のシャンシャン、
伸ばした手の先あたりにカラスがいました)

元旦からせっせと歩き、東海道53次だと
だいたい静岡あたりまで来ました。(歩数が)
江戸の人は、15日で京都まで行ったそうですから、
何をちんたら歩いているんだ、という感じですが
けっこう努力しています。

1月25日のウィークデーにお休みをもらったので、
湯島天神の鷽替え神事に行きました。
午前中、わりと早めに行って30分くらい行列に並び
ちらほらとほころぶ梅の花も眺めてきました。
それからてくてく歩いて、不忍の池をぐるっとまわって
上野動物園にも行きました。
ウィークデーだし、寒いしだからか、
シャンシャン見学の列がなんと「20分待ち」!
昨年末から親離れしたシャンシャンのところには
カラスが遊びに来ていました。
ううむ。
カラスのやつ並びもせずよくもそんな大接近を。
シャンシャン ウィズ カラス
可愛いかったです。

2月に読みたい本は、
宮部みゆきの「希望荘」と畠中恵の「おおあたり」。
なんだかんだあわただしいお正月よりも
ゆっくり楽しめそうです。

関連記事 in my blog: 2019年1月 読みたい本


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村




2019.01.29  ぎん色いろ色ーAudubon Songbirds Calender 2019 


songbird201901.jpg
Audubon Songbirds & Other Backyard Birds Calendar 2019
National Audubon Society

今年もまた、新しいカレンダーの表紙にまざって
うちの文鳥がすまし顔をしていてくれるのが
とても嬉しいです。
元気で、長生きしてね。

表紙の真ん中で自分と同じ黄色い花にとまっている
見返り美人の小鳥は
American Goldfinch オウゴンヒワ
ほぼ文鳥と同じくらいの大きさで、
さえずりは、シジュウカラにもちょっと似た感じらしいです。

文鳥のオスを飼ったことがないのですが、
歌は、文鳥特有のさえずりと
その文鳥だけのさえずりと
先輩文鳥から受け継ぐさえずりがあるらしいです。
メスの文鳥も
オスの歌ほど顕著ではないですが、
それぞれに違う鳴き声があります。

今一緒に暮らしている文鳥は
最初無口だったのに、
どんどんおしゃべりになって
時々、びっくりするくらいうるさいです。

関連記事 in my blog: ぎん色いろ色ーAudubon Songbirds Calender 2018


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 鳥ブログ 白文鳥へ
にほんブログ村