FC2ブログ

空飛ぶ色いろnatsuno07

ようこそ! 
本に関すること、日々のこと、いろいろです。
ゆっくり遊んで行ってください。
文中敬称略とさせていただきます。
引用は青字にしています。

プロフィール

author: natsuno07 ♀
絵を見ることが好き。 読書が好き。文鳥が好き。
日常のあれこれ書いてます。
詩のサイトはこちら
シア・シュガー
うちの文鳥




yumenosuke


natsuno07



@soratobuiroiro

更新通知なつぶやき


カレンダー


12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


記事の年月でさがす


2020年 01月 【4件】
2019年 12月 【8件】
2019年 11月 【4件】
2019年 10月 【4件】
2019年 09月 【3件】
2019年 08月 【6件】
2019年 07月 【6件】
2019年 06月 【5件】
2019年 05月 【5件】
2019年 04月 【5件】
2019年 03月 【7件】
2019年 02月 【7件】
2019年 01月 【6件】
2018年 12月 【5件】
2018年 11月 【6件】
2018年 10月 【4件】
2018年 09月 【7件】
2018年 08月 【4件】
2018年 07月 【7件】
2018年 06月 【6件】
2018年 05月 【10件】
2018年 04月 【12件】
2018年 03月 【16件】
2018年 02月 【20件】
2018年 01月 【4件】
2017年 12月 【3件】
2017年 11月 【3件】
2017年 10月 【7件】
2017年 09月 【8件】
2017年 08月 【12件】
2017年 07月 【6件】
2017年 06月 【11件】
2017年 05月 【12件】
2017年 04月 【14件】
2017年 03月 【14件】
2017年 02月 【12件】
2017年 01月 【6件】
2016年 12月 【9件】
2016年 11月 【13件】
2016年 10月 【2件】
2016年 09月 【3件】
2016年 08月 【6件】
2016年 07月 【8件】
2016年 06月 【9件】
2016年 05月 【11件】
2016年 04月 【1件】
2016年 03月 【8件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【2件】
2015年 12月 【8件】
2015年 11月 【3件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【2件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【4件】
2015年 04月 【6件】
2015年 03月 【7件】
2015年 02月 【5件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【3件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【3件】
2014年 05月 【6件】
2014年 04月 【6件】
2014年 03月 【8件】
2014年 02月 【3件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【4件】
2013年 09月 【12件】
2013年 08月 【15件】
2013年 07月 【15件】
2013年 06月 【10件】
2013年 05月 【11件】
2013年 04月 【6件】
2013年 03月 【7件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【4件】
2012年 10月 【6件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【10件】
2012年 07月 【10件】
2012年 06月 【2件】
2012年 05月 【7件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【10件】
2012年 02月 【7件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【9件】
2011年 10月 【12件】
2011年 09月 【5件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【15件】
2011年 06月 【6件】
2011年 05月 【9件】
2011年 04月 【11件】
2011年 03月 【5件】
2011年 02月 【4件】
2011年 01月 【11件】
2010年 12月 【7件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【9件】
2010年 09月 【8件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【16件】
2010年 06月 【18件】
2010年 05月 【14件】
2010年 04月 【16件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【4件】
2009年 12月 【10件】
2009年 11月 【12件】
2009年 10月 【12件】
2009年 09月 【4件】
2009年 08月 【15件】
2009年 07月 【15件】
2009年 06月 【8件】
2009年 05月 【14件】
2009年 04月 【19件】
2009年 03月 【11件】
2009年 02月 【14件】
2009年 01月 【23件】
2008年 12月 【14件】
2008年 11月 【19件】
2008年 10月 【7件】
2005年 01月 【1件】



カテゴリでさがす

手書き風シリーズ星本の種類、など
記事のメインカテゴリーです。



キーワードでさがす




タグでさがす

手書き風シリーズ星記事の多い順です。


RSSリンクの表示




お問い合わせ


こちらから

2020.01.15  精神の在り場所 


2020_tuwanoshinbun.jpg

「石蕗の花」の本の見返しに、
S63. 12.7 夕
と鉛筆書きされた新聞の切り抜きが
セロハンテープで貼り付けてありました。
著者が亡くなった1988年の夕刊に載ったコラム記事で
女性戦中派作家の死 ある「失意世代」
というタイトルです。

広津桃子(1918年 大正7年生)の世代の女性は
同年代の男性が戦争で亡くなっているため
生涯独身であったり、寡婦であったりして
「家庭のぬくもりを作り出す幸せを持たなかった」
と記事にはあります。

30年以上前の記事を書いた人は
「独身」と書いて「孤独」と読む、とでも思っていたのか。
独身で生涯を閉じた作家を磁石にすると
砂鉄のように「寂しい」という言葉が
吸い寄せられてくるとでも思っていたのか。

確かに戦時中に結婚適齢期を迎えたこの世代の女性は
夫や恋人を亡くした女性が多かったかもしれません。
でも寂しく生きたか、強く生きたか、楽しく生きたか、
そんなことは、その人にしかわからないことです。

「ひきこもり」「独居老人」「シングルマザー」などなど、
なんでもラベルをつけて書いたほうが、
記事は書きやすいのかもしれません。
とても巧い文章なので、さらっと読んだときには
ふうん、と納得してしまうのですが、
後からじわじわと、そうではない、と思うのでした。

「石蕗の花」は
網野菊という女性を悼む
哀歌(エレジー)ですが、
その哀しさは、寂しさとは違うものです。
その人が生きていた日々を愛おしむ気持ちです。

そういえば、「表札」という詩を書いた
石垣りん(1920年 大正9年生)も広津桃子と同年代で
生涯独身であった人でした。

精神の在り場所も
ハタから表札をかけられてはならない 
石垣りん
それでよい。


何かと表札をかけたがる世の中にあって
固定観念や思い込みこそが
寂しさを増幅させている、そんな気がします。
もっともこれは30年前の記事なので
今はもうちょっと違う感覚だと思いますが。

関連記事 in my blog: 石蕗の花ー網野菊さんと私


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村








2020.01.05  ぎん色いろ色ーあけましておめでとうございます 2020 


shinnen2020011.jpg

あけまして、おめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

年末、体調を悪くしたうちの文鳥が
なんとか回復してくれて、一緒に年末年始を
過ごすことができました。
とはいえ、まだ心配なので
今年のお正月はほぼ、
ビニールの覆いをして温めている文鳥のケージのそばで過ごしました。

そんななので、
ご近所定点観測していたみたいな。
お休みしていた記憶を脳内で早送り再生すると
わぁっと年末のあわただしい買い物風景から
静かな元旦の朝があらわれ、
破魔矢を持った人が通り過ぎていくと
2日にはそろそろ駅前のお店は開いていて、
3日からはすぐ近所のスーパーも開いています。

日々、ぬくぬくと文鳥と過ごすしあわせ。
文鳥もときどきじっとこちらを見ています。
がんばって長生きしてもらいたいです。

shnnen202001.jpg
(近所の神社の樹が光っています)

関連記事 in my blog: ぎん色いろ色ーAudubon Songbirds Calender 2019


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 鳥ブログ 白文鳥へ
にほんブログ村





2019.12.31  Review 2019 よいお年を 


IMG_2559.jpg
出口かずみ カレンダー展 日々是好日
於 西荻窪 「もりのこと」
(出口さんの絵の向こうに、師走の街が映りこんでいます。)

昼間は何だこれと思う生ぬるいような気温でしたが、
夜になって風が吹き荒れています。

今年は自分にとってはかなり苦しい1年でしたが、
なんとか今日までたどりつけました。
日々是好日というのは
はげまされる言葉です。

2019年もあと少しで終わっていきます。
来年はどんな年になるのでしょうか。


どうぞよいお年をお迎えください。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村






2019.12.21  ぎん色いろ色ーAudubon Songbirds Calender 2020 


IMG_1757.jpg
Audubon Songbirds & Other Backyard Birds Calendar 2020
National Audubon Society

赤い鳥、小鳥、なぜなぜ赤い
赤い実を食べた


という童謡みたいに、赤い実をつけた枝にとまっているのは、
猩々紅冠鳥 (Northern Cardinal)の雄。
Audubon Songbirdのカレンダーを使うようになって
何年もたつので、覚えのある鳥の姿が増えてきました。

このカレンダーの表紙の季節は春か夏のように
思われますが、
雪のつもったモミの木に
真っ赤な猩々紅冠鳥がとまっていると
クリスマス、という感じがします。

雀や文鳥よりは一回りくらい大きい小鳥で
アメリカではけっこうポピュラーな小鳥らしいです。

アドベントカードのように小窓がいっぱいの
このカレンダー。
とはいえ窓はすでに開いていて
開いているから、さまざまな小鳥たちが
訪れる気がする、
そんなこのカレンダーがとても好きです。

関連記事 in my blog: ぎん色いろ色ーAudubon Songbirds Calender 2019


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 鳥ブログ 白文鳥へ
にほんブログ村




2019.12.18  ぎん色いろ色ー前略文鳥様 


mypet201912.jpg

母は、雑誌や新聞の書評や関係のある記事を切り取っては
本に挟んでいました。
網野菊の「白文鳥」には
漫画家の滝田ゆうの「マイペット」という短文が挟まっていました。
週刊誌の切り抜きのようですが、
いつどこに載った記事かはわかりません。

滝田ゆうの家の文鳥は
家族みんなに可愛がられていたようで
奥さんなどは、旅行の途中、
わざわざ戻って餌を替えてやるほどの可愛がりよう。
10歳というから、だいぶ長生きの文鳥さんです。
網野菊の「文鳥話」を読んだあとで
この記事を読むと、なんだかほっとします。

うちで最初に飼った文鳥の名前もピーコでした。
母がつけた名前です。
網野菊と同じように、迷い込んできた子を
最終的に、うちで飼うようになったのでした。
滝田家のピーコは怖がりだったようですが、
うちのピーコは物怖じせず、誰にも等しく懐っこい子でした。

滝田ゆうで思い出すのは1975年に放送されたドラマ
「前略、おふくろ様」のタイトルバックです。
ドラマの舞台となる料亭「分田上」のある、
深川の風景を滝田ゆうが描いているものでした。

ドラマの中で、
公衆電話から郷里の山形に電話するサブちゃんが
10円玉をせわしなくカシャカシャ入れていく
シーンがありました。
そういう昭和な風景はどんどん遠くなっていきます。
うちの母にかかる電話はもう通じていません。

関連記事 in my blog: natsuno88の本棚

よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村




2019.11.27  ぎん色いろ色ー日のあたる本棚 


IMG_1907.jpg
(natsuno88の本棚に飛び乗った、うちの文鳥)

母の本箱の整理もいいけど、自分のとこも片付けないと
と、はじめたとたんにゲンナリして
そのわりに、「これは捨てられない」
「とても大事な思い出がある」
なんていちいち思うので全然片付きません。

体力も落ちて、目も悪くなって、日常的な掃除さえも
やっとこさっとこというほど歳を取ったとき
こうした「物」はけっきょく邪魔だなとわかってはいるのです。
老後はそれこそ「陽のさす部屋」で
暑すぎも寒すぎもしない
そんな場所で清潔に過ごすことができるのが
一番なのではないか。

そういえば母の荷物を整理している時、
ダブって買ってある本が出てくるわ出てくるわ
愕然としました。
集英社新書の「人はなぜ逃げおくれるのか」もその1つでした。
母のダブり買いは本に限りませんでしたが、本は日用品のように
複数あってもいいというものではないので
もったいないの極みです。
物が片付いていないから、どこに何があるかわからなくなり
またダブり買いをするという悪循環。

そんなふうであった母が
「人はなぜ逃げおくれるのか」という本を
二度も買っているというのがなんだかショックでした。
心の中にあった漠然とした不安は
たぶんこの本では解決しなかったでしょう。

母の本棚にある本を読んだところで、
母が何を考えていたかはわかりません。
けっきょくそこに書かれているものを通して
自分は自分に向き合うよりない。
「陽のさす部屋」」という小説は
母がどう読んだのかではなくて
今の自分にとってどういう小説であるのか、
読書というのはそういうことだと
改めて思うのでした。

関連記事 in my blog: ぎん色いろ色ー本棚大好き,  陽のさす部屋


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村




2019.10.23  2019年10月 読みたい本 


akinoumi201910.jpg

台風19号の時は
うちでも、雨がふきつけるサッシの下から
水が浸入してきて、雑巾でふせぎつつ
絞りつつで大わらわでした。
その程度でも、
水の浸入のすばやさと、ふせぎようのなさの怖さを感じました。
こういう激しい雨が
100年に1度とかいうことはなくて毎年のように降るかもしれない
と考えると愕然としてしまいます。

さて「10月に読みたい本」。
(もうあらかた過ぎてしまいました)
昨年亡くなった母の本棚に残っている本を
読んでみようと思ったのはいいのですが、
今のところあまり・・・
面白い本に遭遇してなくて、意欲喪失中です。
でもせっかく読んだので、ぼちぼちと感想は
書いていきたいなと思ってます。

そんなこんなの今日この頃、
ラグビーのワールドカップが佳境だし
オリンピックの開催も近づいているし、
ちょっと気分を変えて
森絵都の「DIVE」を読み返すことにしました。
読み始めると、面白い。
面白いと思える本に出合えるということは
幸せなことだなとつくづく思うのでした。

関連記事 in my blog: 2019年9月 読みたい本,


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村