空飛ぶ色いろnatsuno07

ようこそ! 
本に関すること、日々のこと、いろいろです。
ゆっくり遊んで行ってください。
文中敬称略とさせていただきます。
引用は青字にしています。

プロフィール

author: natsuno07 ♀
絵を見ることが好き。 読書が好き。文鳥が好き。
日常のあれこれ書いてます。
うちの文鳥


yumenosuke


natsuno07



@soratobuiroiro

更新通知なつぶやき


小鳥なつぶやき




カレンダー


06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


記事の年月でさがす


2017年 10月 【2件】
2017年 09月 【8件】
2017年 08月 【12件】
2017年 07月 【6件】
2017年 06月 【10件】
2017年 05月 【13件】
2017年 04月 【14件】
2017年 03月 【15件】
2017年 02月 【12件】
2017年 01月 【7件】
2016年 12月 【9件】
2016年 11月 【13件】
2016年 10月 【2件】
2016年 09月 【3件】
2016年 08月 【6件】
2016年 07月 【8件】
2016年 06月 【9件】
2016年 05月 【12件】
2016年 03月 【8件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【2件】
2015年 12月 【8件】
2015年 11月 【3件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【4件】
2015年 04月 【6件】
2015年 03月 【7件】
2015年 02月 【5件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【3件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【3件】
2014年 05月 【6件】
2014年 04月 【6件】
2014年 03月 【8件】
2014年 02月 【3件】
2014年 01月 【3件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【4件】
2013年 09月 【12件】
2013年 08月 【15件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【11件】
2013年 05月 【11件】
2013年 04月 【6件】
2013年 03月 【7件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【4件】
2012年 10月 【5件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【10件】
2012年 07月 【10件】
2012年 06月 【2件】
2012年 05月 【7件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【10件】
2012年 02月 【7件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【13件】
2011年 09月 【5件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【15件】
2011年 06月 【6件】
2011年 05月 【9件】
2011年 04月 【11件】
2011年 03月 【5件】
2011年 02月 【5件】
2011年 01月 【13件】
2010年 12月 【7件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【10件】
2010年 09月 【8件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【16件】
2010年 06月 【18件】
2010年 05月 【14件】
2010年 04月 【16件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【4件】
2009年 12月 【11件】
2009年 11月 【11件】
2009年 10月 【12件】
2009年 09月 【5件】
2009年 08月 【16件】
2009年 07月 【15件】
2009年 06月 【8件】
2009年 05月 【14件】
2009年 04月 【19件】
2009年 03月 【12件】
2009年 02月 【14件】
2009年 01月 【23件】
2008年 12月 【14件】
2008年 11月 【19件】
2008年 10月 【7件】



カテゴリでさがす

手書き風シリーズ星本の種類、など
記事のメインカテゴリーです。



キーワードでさがす




タグでさがす

手書き風シリーズ星記事の多い順です。


RSSリンクの表示




2016.07.19  画家の詩、詩人の絵 2 明るい午前の自然が 


函館美術館
(入り口にある大きな彫刻。ブルーデンの「自由」。タップすると後ろ姿が見えます)

明るい午前の自然がおもむろに
より明るい微妙な世界に変貌して行く


函館に訪れた日は雨模様で、
長谷川潾二郎の詩のような明るい午前とは
言えませんでしたが、
絵と詩の「微妙な世界」を堪能できました。

ああ これが 夏の忘れものか と
少年は 露草の 花の 青を 顔に置いた


こちらは香月泰男の「眼の中の秋」という詩の一節。
「水浴」と「波紋」という絵が縦に並べてあり、
プールサイドに夏は終わりの気配があるのが
感じられます。

「画家の詩」のほうが面白いかなと
思いながら見ていくうちに、
詩人まどみちおの絵をみつけてびっくりしました。
「おさるがふねをかきました」や「ぞうさん」など
誰にでもわかる詩をかいた人なのに
絵はこんなに抽象的だったのですね。
知らなかった。
「鳥のくる池」「空」など、いつまでも見ていたいような
不思議な絵でした。

あとでWebを見ていたら
美術館喫茶部の(喫茶部っていういい方いいな)
限定スイーツは「よだかの星」。
SL銀河で、おやつに食べて美味しかったお菓子です。
ああ、もっと早く知っていれば。

関連記事 in my blog:  母のまなざし、父のまなざし, 「くまのこ」と「しっぽ」, 
SL銀河に乗ってきた その2

よろしければポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村






スポンサーサイト




2016.07.18  画家の詩、詩人の絵 


gakanoshi.jpg

画家の詩、詩人の絵 - 絵は詩のごとく、詩は絵のごとく
(2015/10/19)青幻舎
土方明司、江尻潔 (監修)


湯川ゆきの市電を五稜郭前でおりて
徒歩でしばらく行くと、道立函館美術館。
「画家の詩、詩人の絵」
昨年秋、平塚美術館でやっていたときは
いけなかったのですが、ようやく見ることができました。
函館では、8月7日(日)まで開かれています。

「画家の詩」には長谷川潾二郎、松本竣介、南桂子、
香月泰男、恩地孝四郎などなど、
ああ何度みてもステキだなという絵の数々。
それから、萬鐡五郎。
岩手の花巻の人ですが、
療養生活を送った湘南の絵もたくさん描いています。
「海岸小品」という江ノ島を歌った詩は
江ノ島って一見近くに感じられるけれど、歩くと実はけっこう遠いという
日常的な会話を切り取った詩で、わたしは好きでした。

而シ押エラレタピンヲハネノケテ再ビ飛ビ出ス事ハ自由ダ
三岸好太郎の蝶の絵は本でみて小さい絵を想像しましたが、
実は壁いっぱいくらいの大きさで迫力があります。
命は軽いのか重いのか。

一方、「詩人の絵」は上手とはいえないものも数々あって
でもそれはそれとして面白いのでした。

カルモジインの田舎は大理石の産地で
其処で私は夏をすごしたことがあつた
ヒバリもいないし 蛇も出ない
ただ青いスモモの藪から太陽が出て またスモモの藪へ沈む
少年は小川でドルフィンを捉えて笑った


これは西脇順三郎の詩。
彼の絵もありました。
さすがギリシャ風な白と紺碧とエメラルドグリーンの油絵で、
ハレーションぎみなかんじがなんとも雰囲気がありました。
(つづく)

関連記事 in my blog: 長谷川潾二郎展 ボヌール, 恩地孝四郎展

よろしければポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村





2016.07.17  じつは函館で市電にも乗ってきた 


函館市電
(マウスをのせると車内が見えます。)

青森よりも、岩手よりも前の話ですが、朝の4時起きして飛行機に乗り、
函館に行きました。
朝の気配の残る港町函館を走る市電は、
はっぴいえんどの「風をあつめて」みたい。

しみだらけの
もやごしに
起きぬけの路面電車が
海を渡るのが 見えたんです


この歌が入っているアルバム「風街ろまん」は、1971年にリリース、45年前です。
オンタイムでは知らなかったけど、1980年代、リバイバルで流行りました。
ちなみに大瀧詠一は岩手の人。

吉本ばななの「キッチン」を森田芳光が映画化した時に舞台となったのが函館。
オープニングの澄んだ感じの音楽と夜の市電や坂を走る市電が印象的でした。
1989年の作品で、こちらはほぼ30年も前です。

市電に乗るとタイムトリップできるような、パラレルワールドにまぎれこんだような、不思議な気持ちになります。
古いことを思い出してうれしいような、愕然とするような。


hakodateshiden1.jpg
こんな子たちもいました

関連記事 in my blog: 映画 武士の家計簿

よろしければポチっとお願いいたします。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



←続きを読む



2016.07.14  そして青い森鉄道にも乗ってきた 




6月に岩手へ行ったばかりですが、夏休みで青森に出かけてきました。
若い頃にねぶた祭りを見に2回ほど青森市に行ったことがありましたが、
今回旅したのは、八戸、三沢、十和田、
下北半島の恐山と仏ヶ浦そしてまた岩手の二戸。
青い森鉄道と、いわて銀河鉄道の第三セクターの列車が走るエリアです。

つらつら思うに「行きたい気持ち」の起源は「新潮少年文庫」にありました。
二戸の金田一温泉は「ユタと不思議な仲間たち」の舞台といわれています。
また三浦哲郎のふるさとは八戸。
「つぶやき岩の秘密」の新田次郎は「八甲田山、死の彷徨」の著者で、
「蛙よ、木から降りて来い」の水上勉は仏ヶ浦の出てくる「飢餓海峡」の著者です。

それとは別に十和田市現代美術館と、
青森県立美術館と三沢の寺山修司記念館にも行きたかったのです。
少ない本数の列車とバスを乗り継いでのスリリングな移動なので、
「点と線」なみの計画を練りに練って行ってきました。
書きたいこと多数。
こんどはくじけず、記事をアップできたらいいなと思ってます。

わが耳のなかに小鳥を眠らしめ
呼ばんか遠き時の地平を

(寺山修司)

青森県三沢駅の近くの不動神社の前でこんな短歌の碑をみつけました。
うちの文鳥は留守中、なぜか電話のところにばかり止まっていたとか。
何をか伝えんとしてたのか??
いやいや、もともと電話とかリモコンのポチポチが好きなんです。


青い森
夏の空がきれい。温度は高くても30度まで。
昭和の子供の夏休みの温度なのだ。

関連記事 in my blog: 10冊のタイムカプセル

よろしければポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村






2016.07.07  三陸鉄道にも乗ってきた 


三陸
(釜石から三陸鉄道に乗って、盛に到着、
マウスをのせると気仙沼までは線路がないのでバス)

SL銀河は遠野に1時間ばかり停車するので、外に出てお弁当にしました。
わたしたちの陣取ったベンチの頭上にはスピーカーがあって、
語り部の話すお話がしばらく聞こえていましたが、
それがおわると岩手のゆるキャラ「わんこきょうだい」の歌がはじまりました。
わんこわんこわんこ・・
頭のなかはうに、うにっち!

面白くてかわいいがシュールだ。
今年の秋は岩手国体があるということで、
この5兄弟がトーチを持っている垂れ幕を見かけました。
2019年にはラグビーのワールドカップも開催されるということです。

わんこきょうだいはメインのそばっちと、
エリア担当のうにっち、とふっち、こくっち おもっちの五人兄弟。
新花巻あたりはおもっち担当、行き先の釜石はうにっち担当。
うにっち担当のエリアは、5年前の震災で大きな被害を受けた地域です。
実際に来てみると、車で30分走ってもとぎれない広大な土地で
今もなお復興のかさあげ作業をしていました。
とてつもなく広いエリアです。
5年たってもまだこんなで、仮設住宅でがんばってますと
地元の方がおっしゃっていましたが、
ほんとうにびっくりするほど、津波の力はすさまじいものだと感じました。
帰りは三陸鉄道と、JRで気仙沼まで。
そんな恐ろしい力を持つ反面、車窓から見える海の美しさもすごい。
そして雲丹をはじめとして海産物の美味しかったこと!

賢治の生まれた年と、亡くなった年にも三陸には津波があったそうです。
バスで通過した陸前高田から気仙沼はほぼ町がなくなっている状態で、
それはテレビの画面でみられる範囲をはるかに超えていました。
そして改めてあの震災の時の
こどもたちのことばを思い出していました。
「命あることを喜ぼう」

三陸
(美しい三陸の海、マウスをのせると気仙沼駅、そこからはドラゴンレールの大船渡線)

関連記事 in my blog: 命あること

よろしければポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村





2016.07.05  SL銀河でみつけた絵本 


銀河鉄道
銀河鉄道の夜
(ミキハウス 2013/10)
宮澤賢治 作 金井一郎 絵

SL銀河の2号車には、宮澤賢治の作品をあつめた書棚があって、
「銀河鉄道の夜」は文庫も絵本も幾種類か置かれています。
その中で、手に取ったのがこの絵本。
「陰り絵」と呼ばれている方法で作成された絵で、
黒のラシャ紙に穴をあけて、そこから光を通すことで描かれているそうです。
「銀河鉄道の夜」や「風の又三郎」は
挿絵がない方がいいなとずっと思っていましたが、
この絵本は絵があってこそ、はじめて気づくことがありました。

銀河鉄道の夜は、天の川を説明する
授業風景からはじまります。先生は言います。
「つまり私どもも天の川の中に棲んでいるわけです」

乳の流れたあと(ミルキーウェー)と言われたり、
川だといわれている銀河
地球もまたその小さなまたたきの一つです。
そこで川に落ちた友を助けようとしておぼれたカンパネルラと
病身の母のために牛乳を取りにいくジョバンニが
夜汽車に乗り合わせ不思議な銀河の世界を体験します。

でも現実世界の夜の川面は無情に星空を映すばかり、
子を失った父親(博士)が立ちすくんでいます。
この悲しみのなかにある人が、ジョバンニにとっては嬉しい
ニュースを伝えてくれます。
ジョバンニはもういろんなことで胸がいっぱいで
なんにも云えずに博士の前をはなれて
早くお母さんに牛乳を持って行って
お父さんの帰ることを知らせようと思うと
もう一目散に河原を街の方へ走りました


悲しみも喜びも同時に存在する
物語の終わりが、最初の学校の先生のことばと、
環になってつながった感じがしたのはこの絵本が初めてでした。

もう一つ、きのうの記事に書いた張子の鳥と同じコーナーに飾られていた、
版画がとても素敵でした。
岩手出身の大場冨生の作品です。
山頭火の句と版画がコラボしている本があるそうなので
見てみたいなと思うのでした。

銀河鉄道0
これもまた「銀河コレクション」のひとつです。

関連記事 in my blog: 星と森と絵本の家

よろしければポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村




2016.07.04  SL銀河に乗ってきた その2 


SL銀河8

新花巻でおやつを仕入れました。
「よだかの星」が美味しかったです。
一見、薄焼きせんべい風ですが、サクサクしたカリントウにゴマと、
黒蜜がまぶされていて、ぺったんこなところが
「ところどころ、みそをつけたようにまだら」
な、ヨダカそのもの。
「銀河鉄道の夜」の中では、鳥捕りが登場して
捕まえては不思議なお菓子に変えていましたが、
ヨダカだったらこうなるぞ、という感じ。

車内外に鳥がいます。
SL銀河
(1号車の月と星のミュージアム、マウスをのせると車体の鳥たち)

グラデーションのかかった青色の南部鉄瓶が並んだ
岩手の民芸品の「銀河コレクション」というコーナーが素敵で、
その南部鉄瓶がぶんぶく茶釜ならぬ、
鳥になってしまったような張子細工のハンドバックもありました。

SL銀河
コシェルドゥの小鳥バッグ 張子の技で作られてます。きれいな紺色
マウスをのせると、こちらも張子の鳥)

(つづく)

関連記事 in my blog: よだかの星

よろしければポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村





2016.07.03  SL銀河に乗ってきた 


SL銀河
(新花巻駅に入ってきたところ、マウスをのせると停車駅で石炭をたしています)

2014年12月に釜石線を走るSL銀河が
ナイトクルーズをしたという動画を見てからずっと気になっていたところ、
去年の夏、駅にポスターが出ていて、
おーし、と思ってネットでチェックしたらすでに売り切れ。
というわけで今年はさらに気合を入れて
5月に予約を入れて、6月に乗ってきました。
梅雨まっさかりだから、雨かなと思っていましたが、
なんとかお天気はもち、遠野を過ぎたあたりから
青空もちらほら見え始めました。

乗ってみたいと思ってはいましたが、
写真や映像っていいとこしか写さないし・・
眼鏡橋を通過するのは幽体離脱でもしないかぎり
見えるわけじゃない・・
子供向けにやたら作り事が多いかもしれない。
などなど、落胆しない心の準備をしていました。

でも実際に乗ってみると予想していたのの数十倍良かったです。
新花巻の駅に列車が入ってくると、
宮澤賢治の星めぐりの歌のメロディのベルが鳴ります。
空へ飛ぶのかというワクワク感。
汽笛がと鳴ると、もうやたら感動して泣かんばかりでした。
そして、機関車に引っ張られてくる客車がまた綺麗。
賢治が旅したころには夜汽車も走って
車窓から星が見えたのだろうか。

列車は青々と葉を茂らす山道を抜け、谷を見下ろし
水田に白鷺がいるのが見えます。
夜じゃないけれど、銀河鉄道の世界だし、
風の又三郎の風が吹いているような気もします。
沿線で、時折人が手を振っています。
機関車って、列車の中でも特に生き物っぽいから
思わず手を振りたくなるのでしょうか。
自分のいちばん好きな生き物の背に乗って旅する気持ち。
わたしの場合は鳥。(つづく)

SL銀河客車
(客車には鳥がいっぱい、マウスをのせると別の画像が見えます)

関連記事 in my blog: ハチドリの標本と黄色いトマト, きかんしゃやえもん

よろしければポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村





 Home