空飛ぶ色いろnatsuno07

ようこそ! 
本に関すること、日々のこと、いろいろです。
ゆっくり遊んで行ってください。
文中敬称略とさせていただきます。
引用は青字にしています。

プロフィール

author: natsuno07 ♀
絵を見ることが好き。 読書が好き。文鳥が好き。
日常のあれこれ書いてます。
うちの文鳥


yumenosuke


natsuno07



@soratobuiroiro

更新通知なつぶやき


小鳥なつぶやき




カレンダー


04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


記事の年月でさがす


2017年 10月 【2件】
2017年 09月 【8件】
2017年 08月 【12件】
2017年 07月 【6件】
2017年 06月 【10件】
2017年 05月 【13件】
2017年 04月 【14件】
2017年 03月 【15件】
2017年 02月 【12件】
2017年 01月 【7件】
2016年 12月 【9件】
2016年 11月 【13件】
2016年 10月 【2件】
2016年 09月 【3件】
2016年 08月 【6件】
2016年 07月 【8件】
2016年 06月 【9件】
2016年 05月 【12件】
2016年 03月 【8件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【2件】
2015年 12月 【8件】
2015年 11月 【3件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【4件】
2015年 04月 【6件】
2015年 03月 【7件】
2015年 02月 【5件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【3件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【3件】
2014年 05月 【6件】
2014年 04月 【6件】
2014年 03月 【8件】
2014年 02月 【3件】
2014年 01月 【3件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【4件】
2013年 09月 【12件】
2013年 08月 【15件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【11件】
2013年 05月 【11件】
2013年 04月 【6件】
2013年 03月 【7件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【4件】
2012年 10月 【5件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【10件】
2012年 07月 【10件】
2012年 06月 【2件】
2012年 05月 【7件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【10件】
2012年 02月 【7件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【13件】
2011年 09月 【5件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【15件】
2011年 06月 【6件】
2011年 05月 【9件】
2011年 04月 【11件】
2011年 03月 【5件】
2011年 02月 【5件】
2011年 01月 【13件】
2010年 12月 【7件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【10件】
2010年 09月 【8件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【16件】
2010年 06月 【18件】
2010年 05月 【14件】
2010年 04月 【16件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【4件】
2009年 12月 【11件】
2009年 11月 【11件】
2009年 10月 【12件】
2009年 09月 【5件】
2009年 08月 【16件】
2009年 07月 【15件】
2009年 06月 【8件】
2009年 05月 【14件】
2009年 04月 【19件】
2009年 03月 【12件】
2009年 02月 【14件】
2009年 01月 【23件】
2008年 12月 【14件】
2008年 11月 【19件】
2008年 10月 【7件】



カテゴリでさがす

手書き風シリーズ星本の種類、など
記事のメインカテゴリーです。



キーワードでさがす




タグでさがす

手書き風シリーズ星記事の多い順です。


RSSリンクの表示




2013.05.30  グリックの冒険  


gurik.jpg
グリックの冒険 (岩波少年文庫)
(2000/07/18)
斎藤 惇夫 作 薮内 正幸 絵

ペットのシマリスのグリックは、ケージから逃げ出して
生まれ故郷の「森」へ向かおうとします。
その途中、クマネズミとの戦いに向かうドブネズミのガンバと出会います。
ガンバはグリックとの別れ際に
「君は君自身の戦いを戦えばいい」という言葉を残します。
そして2部でグリックは、メスリスの「のんのん」と一緒に
本格的に故郷の「北の森」をめざすのです。

グリックと、「のんのん」の
めざす森はとても遠くにあります。
それもそのはず、著者のあとがきによると、
野尻湖畔、越後平野、信濃川と広大なエリアをリスたちは旅しています。
木の実を食べ、草の間、木の枝々をいくリスたちなのに、
大画面で映画を見ているような迫力があります。

読み終わってからしばらくいろんなことを考え込んでしまいました。
グリックの旅は若々しい「自分探し」の旅でしたが、
この先生きていくには「自分が自分であること」以上に
もっと険しい旅があるのだろうと思います。

本格的な冬が来る前に、森へ向かおうと焦るリスたちに、
「めっちゃ医者伝」の痘苗を運ぶ雪山越えのシーンを思い出していました。
この物語では、ひたすら故郷をめざしたグリックだけれど、
次には、笠井良策のように使命を帯びた旅になるかもしれない。

グリックの若い旅の話を続きを引き継いだのはガンバでした。
その話を先に読んでいたせいか
グリックの旅には、若い輝きのようなもの、
夢や憧れの甘美さのようなものを、感じていました。

関連書籍 in my blog: ガンバとカワウソの冒険, めっちゃ医者伝



よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村
スポンサーサイト




2013.05.25  木村荘八展 


木村荘八展

書きそびれてましたが、木村荘八展に行きました。
東京はすでに終わりましたが、
今は豊橋で、そのあとは日光に巡回するそうです。
「美術にぶるっ」で見た濹東綺譚の挿絵の原画がとてもよくて、
ぜひ行ってみたいと思いつつ、
夜遅くまでやっているから、いつでも行けると思っているうちに最終日間近。
いつものパターンでしたが、行けてよかったです。

カタログに「花の東京、東に西に」という帯がついています。
「花の東京?」
今時聞かないフレーズなんで、ついネット検索したら、
ヒットしたのは、「東京音頭」「東京ラプソディ」などなど懐メロ。
ううむ。ならば今の「東京」ってたとえるとなんだろう?
と考えてみましたが、よくわかりません。
そんな(どんな?)東京の玄関口にある
東京ステーションギャラリーは
壁は駅舎の煉瓦で、独特に落ち着いた空間。
一歩外にでると喧噪が渦巻いています。
「木村荘八展」を観るには演出効果絶大。
牛肉店帳場、新宿駅など「東京の賑わい」が描かれた
大きな絵は、まるで「芝居」の世界にまぎれこんだようだ
と思っていたら、まさにその「舞台」の絵もありました。

現実に大正時代の東京にワープしたら、
今と同様、住みにくい浮世なんだろうと思います。
でも、そこには、その時代を生きた人だけが享受できる
華やかさや、味わいがあるんだなと思ったのでした。

関連記事 in my blog: 濹東綺譚, 生々流転, 放浪記その1


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村




2013.05.14  フランシス・ベーコン展 


フランシス・ベーコン展
(マウスをのせると、国立近代美術館の
「眺めのいい部屋」から見えるお堀の風景です。)

「フランシス・ベーコン展」を見に竹橋へ行ってきました。
ちょうどゲド戦記の「影との戦い」を読んだばかりだったので、
ゲドがおびえる「影」はこういう形相をしているのではないか。
ゲドと影が闘った世界の果ての海とはこういう感じじゃないか
と思ったりもしました。

壁と柱と天井と入り口の中に描かれる人間の肖像画が
ゆらゆら動き出すように見えたり、
ガラスの入った額に画が入っているため、
絵に美術館にいる人が映りこんでいたり
壁にむかってねじ曲がって立ち上がっているような不自然な体勢であったり、
それらはすべて「影」を感じさせます。
対照的に背景にたびたび使われているオレンジ色は
まぶたを通してみたときの太陽の光の色なのかなぁと。

bacon2.jpg

関連記事in my blog: 雨の眺め方



よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村




2013.05.12  石の花  


ishinohana.jpg
石の花 (岩波少年文庫)
(1981/09/24)
パーヴェル・バジョーフ 作 ・ 佐野 朝子 訳
スズキコージ 挿絵

豊かな鉱物資源をもつウラル地方の
言い伝えにある「山の女王」にまつわる民話です。
ちょうど「レーピン展」を見に行った頃に読んでいました。
著者のバージョフは画家のレーピンより35歳年下。
一口に同じ時代のロシアというにはおおざっぱですが、
農奴とか、自由人という言葉がオーバーラップしました。

わるいものが女王様に出会えば不幸が来るし、
良いものが出会ってもめでたし、めでたしというわけには
いかないんだな


クジャク石の細工をする職人が
一度は見てみたいと切望する「石の花」
「美しい」ということはどういうことなのか、
なぜ、その「美しさ」を見出そうとするのか
安易に答えは出されていません。
といって、重苦しくリアリズムというわけではなく、
老人がこどもに語り聞かせる物語の輝きと温かみがあります。

2010年に岩波少年文庫60周年記念で復刊しましたが、
すでに品切れ再版未定になっています。
イマドキの子供がすんなり読みたがる本ではないかもしれませんが、
スズキコージの挿絵も素敵だし、絶版になってしまうには惜しい本です。

関連記事 in my blog: レーピン展,   うさぎのいえ



よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村




2013.05.11  猫を抱いて象と泳ぐ  


猫を抱いて
(オンマウスで、裏表紙。)
猫を抱いて象と泳ぐ
(文藝春秋 2011/07/08)
小川 洋子

伝説的なチェスプレイヤー、
リトル・アリョーヒンの数奇な一生を描いた小説にすっかり魅かれ、
しかも表紙や裏表紙に使われているオブジェが魅力的で
文庫本ではあきたらず、わざわざ単行本を探すほどの入れ込みよう、
そのまま勢いにまかせて、
10年前のベストセラー「博士・・」を読み、
おっとっと、と急ブレーキ、そんな感じでした。

「博士の愛した数式」でも、数字について「美しい」ということばで、
くりかえし表現されていましたが、
「猫を抱いて象と泳ぐ」の中では、
チェスの勝負に「美しい」ということばが使われています。
わたしはチェスの駒の動かし方ぐらいしか知らないのに
なるほど、そういうものかと思ってしまっていました。
でも、「博士の愛した数式」を読んでいると、
あれれ?という、疑問が頭に浮かんでくるのでした。

リトル・アリョーヒンの名勝負について、
勝手にわかったような気になっていたけれど、
はたして、「美しい」ってなんだろうか?
と考え込んでしまったのでした。
「愛おしい」「かわいい」「綺麗」「かっこいい」などなど、
ときには、「かわいそう」「やさしい」「あたたかい」「やわらかい」
「つよい」「高い」あるいは「すごい」「面白い」
「懐かしい」「誰もがみんな」
こういうジャッジによって
ヒーローや、アイドルは出来上がるものかもしれないし、
ある程度の許容範囲を超えない限り、
人の心を楽しませるものだと思います。
たとえ博士の80分しか持たない記憶のように長続きしないとしても。

リトル・アリョーヒンの「美しい」勝負とはなんだろう。
知ったように思ってはいけない
わかったような気持ちになってはいけない
と、そのように思ったのでした。

関連記事in my blog: 博士の愛した数式


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村




2013.05.09  博士の愛した数式  


hakasenoaishita_.jpg
博士の愛した数式 (新潮文庫)
(2012/07/01)
小川洋子

1975年、交通事故で頭に大怪我をして、
それ以降は80分しか記憶の続かない博士にとって、
江夏は阪神の選手であり続けます。
だから博士の家の家政婦の息子である少年が、
「江夏は広島カープに移籍した」という話しを聞かせると
博士は80分間の間だけ激しくショックをうけます。
博士は「阪神の」江夏の大ファンなのです。
少年は深く後悔して、
その後は、そのことについて話さないことに決めます。

でも、それでいいのか?
わたしが、今よりもっとずっと野球をよく見て、阪神ファンだった頃
江夏はすでに「広島カープの選手」でした。
めっぽう強かった広島のリリーフピッチャー江夏が
こころに焼きついています。
そして引退後、薬物で逮捕されたことも。

何を知っているわけではないけれど。
江夏がまだ阪神にいることにして、
ナイターを平和に観戦する風景は嘘だと思うのでした。
でも、多くの場合平和というものはそういうものかもしれない。
ともあれ、博士の永遠の記憶の中にある背番号28
その怒りとも悲しみとも喜びともつかない「存在感」には、
こころ打たれるものがあります。

この小説は2003年に出版されています。
少年の誕生日が9月11日であり、
博士と少年の「離れ」での記憶の最後になることには
意味があるのだろうと思います。
2001年の不幸なテロも予測できない
どんな原発事故も予測できない
すこしいびつだけれど、平和に見える1980年代後半の風景です。

関連記事in my blog: ことり


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村




2013.05.06  神代植物公園のバラ 


バラ
(マウスをのせると、赤いバラが見えます。)
連休最後の日には、神代植物公園へ行ってきました。
吉祥寺からバスで20分くらい。
夏を思わせる日差しで、さえぎるものもない広い庭に
バラが咲き乱れてました。
懐中時計を持ったウサギが走っていきそうです。

白いバラは銀世界という名前。すがすがしい白さです。
赤いバラは、グランドホテルという名。
由来は謎です。
同じ赤いバラで「羅生門」なんて凄みのある名のバラもありました。

武蔵野の雑木林を抜けていくと
深大寺があって、植物園の中にいても
ゴーンと鐘の音が聞こえてきました。



関連記事 in my blog: バラ園, 不思議の国のアリス


よろしければポチっとお願いいたします。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




2013.05.05  レーピン展 


レーピン展
(マウスをのせると、美術館が見えます。)

神奈川県立近代美術館のレーピン展に行ってきました。
うちの文鳥がどーんとかぶってますが、
この絵は、ムソルグスキーの肖像。
レーピンの肖像画は、描かれている人の
ちょっとした「面倒くさい」部分が、感じられるような気がします。
面倒くさいけれど、そこを分け入ると、「その人らしさ」が見えるような。

「皇女ソフィア」の肖像は目をかっと見開き、
窓の外には絞首刑にあった兵士の影・・
背後に影のように描かれている少女の表情がなんとも不気味です。
この絵はもはや、「面倒くさい」どころではないですが。

重苦しい時代を感じさせる絵のなかで、
まっすぐな愛情に貫かれるレーピンの家族の肖像画が
とてもよかったです。
妻と、長男、長女、次女。
長男、長女は幼いころ、妻はうたた寝をしているところ、
次女の絵は成人してからです。
明るい野外で、ちょっと風が強そうで、
少し困ったような、眩しそうな表情を浮かべています。
特に、この次女の肖像画が好きでした。

関連記事 in my blog: ゴヤ 光と影


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村




2013.05.03  ましろとカラス 


mashiro.jpg
ましろとカラス こどものとも
(福音館書店 2013/06/01)
ふくざわ ゆみこ 作・絵

子ヤギの首についている、きらりと光って
いい音色で鳴る鈴が欲しくて、カラスはいろんなものを持ってきては
交換してよと頼みます。
カラスのなつっこさ、しぐさのかわいらしさ、利口さが
ぞんぶんに描かれている絵に魅せられて、
久しぶりに「こどものとも」を買いました。

「いいなぁ、ちょうだい」「だめだめ」
そんな会話をしながら、戯れる子ヤギとカラスでしたが、
あるとき、なぜかいつになっても現れないカラスのことが気になり、
子ヤギは探しにでかけます。

同じ「こどものとも」の「かえるくんとけらくん」より
もうちょっと手前の、友情の芽生えはじめのお話。
リズミカルな言葉とわかりやすい絵で
自然にすんなり「気持ち」が伝わってきます。
読み終わると、ほんわかします。

関連記事 in my blog: かえるくんとけらくん



よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村




2013.05.02  新緑の善福寺公園 3 


トロールの森 春展
(マウスをのせると、別の作品が見えます。)

連休中は、どこにも行かず、ご近所探検隊になってます。
きょうも善福寺公園の話ですが、公園では「トロールの森、春展」が
5月6日まで開かれています。
桃四小学校4年生の作品で、力作ぞろい。
「よろこびの森」というタイトルがついていて、
善福寺公園にいそうな生き物(いない生き物も)がいっぱい。
ここ数年、秋のトロールの森展は、行けたり行けなかったりでしたが、
新緑のころもいいなと思うのでした。

昨日、上池の鯉のぼりの写真を載せましたが、
遠目でみるとこんな感じ。うーん、もっと写真がうまくなりたい。
鯉のぼり
(マウスをのせると、池で鯉が泳いでます。)

関連記事 in my blog: トロールの森 2009 その2



よろしければポチっとお願いいたします。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




2013.05.01  新緑の善福寺公園 2 


空を泳ぐ
(マウスをのせると、鯉のぼりが見えます。)

善福寺公園から帰ってきて、久しぶりに鳥の図鑑を開きました。
一度開くと見入ってしまう図鑑の世界。
鳥に関しては、どの図鑑をみていても楽しくて、
きりがありません。

トトロに出てくる真っ黒クロスケみたいな雛を連れた、
くちばしの赤い水鳥が下池にいました。
バンだと思われます。
池に空が映って、空を泳いでいくようです。
上池では鯉のぼりも空を泳いでいます。

池のほとりには、のんびりタンポポの間で昼寝をするカルガモ。
うちの文鳥もいっしょに散歩できるといいのになぁ。
と思うのです。

カルガモとタンポポ
(マウスをのせると、タンポポとうつらうつらするカルガモがいます。)

関連記事 in my blo:  山渓 野外ハンドブック 野鳥


よろしければポチっとお願いいたします。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




 Home