空飛ぶ色いろnatsuno07

ようこそ! 
本に関すること、日々のこと、いろいろです。
ゆっくり遊んで行ってください。
文中敬称略とさせていただきます。
引用は青字にしています。

プロフィール

author: natsuno07 ♀
絵を見ることが好き。 読書が好き。文鳥が好き。
日常のあれこれ書いてます。
うちの文鳥


yumenosuke


natsuno07



@soratobuiroiro

更新通知なつぶやき


小鳥なつぶやき




カレンダー


07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


記事の年月でさがす


2017年 10月 【2件】
2017年 09月 【8件】
2017年 08月 【12件】
2017年 07月 【6件】
2017年 06月 【10件】
2017年 05月 【13件】
2017年 04月 【14件】
2017年 03月 【15件】
2017年 02月 【12件】
2017年 01月 【7件】
2016年 12月 【9件】
2016年 11月 【13件】
2016年 10月 【2件】
2016年 09月 【3件】
2016年 08月 【6件】
2016年 07月 【8件】
2016年 06月 【9件】
2016年 05月 【12件】
2016年 03月 【8件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【2件】
2015年 12月 【8件】
2015年 11月 【3件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【4件】
2015年 04月 【6件】
2015年 03月 【7件】
2015年 02月 【5件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【3件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【3件】
2014年 05月 【6件】
2014年 04月 【6件】
2014年 03月 【8件】
2014年 02月 【3件】
2014年 01月 【3件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【4件】
2013年 09月 【12件】
2013年 08月 【15件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【11件】
2013年 05月 【11件】
2013年 04月 【6件】
2013年 03月 【7件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【4件】
2012年 10月 【5件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【10件】
2012年 07月 【10件】
2012年 06月 【2件】
2012年 05月 【7件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【10件】
2012年 02月 【7件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【13件】
2011年 09月 【5件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【15件】
2011年 06月 【6件】
2011年 05月 【9件】
2011年 04月 【11件】
2011年 03月 【5件】
2011年 02月 【5件】
2011年 01月 【13件】
2010年 12月 【7件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【10件】
2010年 09月 【8件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【16件】
2010年 06月 【18件】
2010年 05月 【14件】
2010年 04月 【16件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【4件】
2009年 12月 【11件】
2009年 11月 【11件】
2009年 10月 【12件】
2009年 09月 【5件】
2009年 08月 【16件】
2009年 07月 【15件】
2009年 06月 【8件】
2009年 05月 【14件】
2009年 04月 【19件】
2009年 03月 【12件】
2009年 02月 【14件】
2009年 01月 【23件】
2008年 12月 【14件】
2008年 11月 【19件】
2008年 10月 【7件】



カテゴリでさがす

手書き風シリーズ星本の種類、など
記事のメインカテゴリーです。



キーワードでさがす




タグでさがす

手書き風シリーズ星記事の多い順です。


RSSリンクの表示




2012.08.30  蛙よ、木からおりてこい 


kaeruyo0.jpg
1970年代の児童書、「新潮少年文庫」を再読してます。
水上勉のこの作品は、現在「新潮文庫」で
「ブンナよ、木からおりてこい」のタイトルで出版されています。

椎の木の高いところに、
「ほかの蛙たちにはやってこれない別天地」を見つけた蛙のブンナは
そこで一晩過ごすという冒険をします。
しかし、なんとそこは、トビが巣に餌を運ぶ際に使っている中継地点でした。
ブンナは身を隠しますが、
カエルの天敵でもある蛇が、スズメが、モズが・・。
半殺しで連れてこられる獲物たちの、
むき出しのエゴと、あらわになった弱さを、垣間見ることになります。

ブンナが死んだねずみから沸いた虫で生き延びる場面は、
宮澤賢治の「よたかの星」の中で、
ヨタカが飛びながら、羽虫食べる場面と似た不思議な美しさがあります。
生きるということは、「食べていく」「食べさせてもらう」こと、
トビに連れ去れる獲物たちの
悲しい声を耳の底に感じるような物語です。
そうだ、「飢餓海峡」の著者だった・・と改めて思うのでした。

表紙の木をのぼっていく、少年蛙のブンナのオブジェは香月泰男が、
挿絵の繊細な生き物たちの姿は丸木俊が描いています。

ブンナよ、木からおりてこい (新潮文庫)
(1981/08/27)
水上 勉

kaeruyo1.jpg


関連記事 in my blog: よだかの星, めっちゃ医者伝, うさぎのいえ


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村
スポンサーサイト




2012.08.27  ぎん色いろ色ー西荻窪上空に文鳥現る?! 


nishiogi0.jpg

東京都現代美術館で、
「鹿野秀明、特撮博物館 ミニチュアで見る昭和・平成の技」
を見てきました。
「ものすさまじい混雑」を覚悟していましたが、
けっこう涼しく、ゆっくり見ることができました。

地下3階の展示場は、撮影OKのミニチュアがありました。
この空間にうちの文鳥が飛んでいたら、どんなかな?
というようなことを思いながら分け入っていくと、
足元にナント、西荻窪駅がありました。
すぐそばの東京タワーは何物かの仕業で、へし折られていましたが、
西荻窪は、静かで平和に見えます。
(現実には、西荻窪から東京タワーは見えませんけど)

自分がこのミニチュアの中の人間で、
そこに見上げるばかりにでかいうちの文鳥登場したら、
たとえみんなが逃げまどっても、わたしはうれしいかもしれない。
「キングキドラの頭、その1」状態で
火を吹かんばかりに怒っているかもしれないとしても、
なだめられるような気がする。
すみません、と周囲にあやまりながら、
いっしょに家に帰ろうかな。
でっかいうちの文鳥の背中に乗っていっしょに飛ぶのかな?
そんな、愚かしいことを夢想するのでした。


ず~ん。

よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村




2012.08.24  マッターホーン 


マッターホーン
(マウスをのせると、紙袋にも女の子の絵が)

九品仏の帰りに、学芸大学で降りて
洋菓子のお店「マッターホーン」に行きました。
西荻の「こけし屋」と同じ、鈴木信太郎の描く女の子の絵が
包装紙が使われている、
というのをともだちのブログ(Kyoto Corgi Cafe)で知り、
行ってみたかったのでした。

カフェでは、バターケーキの「ダミエ」を頼みました。
見た目が(わたしの中では、)
1960年代ファッションぽい、デザインです。
マリリン・モンローとかバービーの服のイメージ。
バターケーキなので、
ちょいと、レトロな味わいでした。
店内は外光がほど良くさして、
飾られている鈴木信太郎の絵がとてもステキです。

お土産に買って来た
焼き菓子が、すごく美味しかったです。
かなりはまってしまいました。
アイスクリームケーキにも心惹かれています。


よろしければポチっとお願いいたします。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




2012.08.23  真夏の九品仏 


九品仏
(マウスをのせると別のお堂が見えます)

船田玉樹展を見て、行ってみようと思った九品仏に行ってきました。
思ったより、広くて大きいお寺でした。
わりと朝早めに出たものの、太陽がぐんぐん上にあがって
空はますます青く
しゃわしゃわしゃわしゃわ蝉は鳴き
あっ・・暑い・・・あつすぎる
九品仏駅からわずか数十メートルを、
東海道を行く旅人くらいへろへろになって
金魚のように口をぱくぱくさせながら歩いていきました。
それでも、大木の緑陰というのはすごくて、
お寺の境内は別天地のようです。

毎回、わけがわからなくなる東急大井町線。
ど、どうやったら溝の口方面行きのホームへ???と
自由が丘で右往左往しました。
緑陰で元気づいたため、どうせなら帰りはちょいと自由が丘を散策して
雑貨屋さんでも覗こうか・・と歩きはじめたら、
灼熱のアスファルトの照り返しで意識が朦朧。
そのように、いろいろ愚かしいお散歩でしたが、行ってよかったです。
雨が降っていたり、雪だったりの船田玉樹の絵を思い浮かべながら
こういう暑さの中にたたずむのもなかなかでした。

きれいなトンボも飛んでいました。

kuhonji1.jpg

関連記事in my blog: 船田玉樹展


よろしければポチっとお願いいたします。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




2012.08.22  家族になったスズメのチュン 


suzumenochun_.jpg
家族になったスズメのチュン (偕成社文庫)
(2006/08)
竹田津 実

獣医の竹田津先生に保護されて、半死の状態から立ち直ったものの
なかなか、野生に帰れないでいた一羽のスズメの物語です。

スズメと先生がこぜりあいしたり、
スズメが先生をお手伝いしたり、悩ませたり
なごませたり、はらはらさせたり、大笑いさせたりする
そういうほのぼのした日常がなんともいとおしい。

そんなにも懐いているスズメであっても、
野生に帰すことを先生はあきらめません。
といって、急かすわけでもない。
そこがなんだかすごいのです。

このスズメ、雛のときに「冒険」したあげく
夜の闇を一羽で過ごすという体験をしたために
恐怖心から外に出られなくなっていました。
けっこう強気で、やんちゃなスズメなのに、
「怖い」という気持ちが、ブレーキになっています。
たとえ小鳥であっても、幼いころ体験したことの影響力は大きいのです。
そのことに、なんとも、はっとさせられるのでした。
さて、スズメのチュンはどうなったのか??

スズメの、自然界では絶対に見られないシチュエーションの写真も
表情豊かで、とてもステキです。

関連記事 in my blog: こすずめのぼうけん


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村




2012.08.14  船田玉樹展  


船田玉樹展
(マウスをのせると、わかりにくいですが
草むらに後ろ姿の河童の看板が見えます。)

練馬区立美術館へ、船田玉樹展を見に行きました。
ご近所の美術館なので気軽に来たわりにはまり込んで見てました。

看板にもなっている「花の夕」という
この絵が見たいと思って来ましたが、
大きな屏風や襖絵が、他にもたくさん。
絵がするすると移動して、別の空間が開いたり、
絵が出たり入ったりしてさえぎったり
屏風や、襖ってつくづく
独特な空間演出なんだなぁと、あらためて思うのでした。
絹に描かれることで生まれる独特の光沢も
風景に奥行きを感じました。

「大王松」「暁のレモン園」などなど、
好きだと思った絵をあげていくときりがありません。
詩人でもあった船田玉樹の画文集が
生誕100年を記念して出版されていました。
河童の絵と河童の歌も載っています。
恥ずかしがりの河童や、河風が嫌な河童や
優しい河童、それから
芸術家の河童など、いろんな河童がいます。

定点観測みたいに何枚も書かれていた絵を見て、
世田谷の九品仏にこんど行ってみようと思うのでした。



よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村




2012.08.05  ボローニャ国際絵本原画展 


2012ボローニャ国際絵本原画展
(誘いこまれちゃいけなかった、高島通りの林、オンマウスで、美術館の入り口に。)

ボローニャ国際絵本原画展へ行ってきました。
二度目の板橋区立美術館。今回は、西高島平の駅から徒歩
・・でしたが、三田線と並行している、高島通りというところを
ぐんぐん歩いた結果、迷ってしまいました。
高島通りというのは、プチセントラルパーク風で気持ちよいのです。
でも、そこに誘い込まれてはならず、
新大宮バイバス沿いにいかねばならなかったのでした。
途中、あ、あの・・美術館は??
と道を尋ねたら、気の毒そうに
ここからだと、遠いですよ・・と言われました。
でも、もうバス停もわからないし、とりあえず指さされた方向に歩きました。
夏の外歩きに、道順の事前確認は必須でした。反省。

へろへろになってたどり着きましたが、疲れが吹き飛ぶ楽しさでした。
こどもの本のために描かれた5枚一組の2685の応募作品の中から
選ばれた作品が展示されています。
今井彩乃、刀根里衣など、日本人の展示もありました。

スペインのビオレ―タ・ロピスの「島にこぶし」の透明感のある絵が、
とても好きでした。会場には絵本も置いてありましたが、
原画のきれいさはまた格別です。
韓国、ユン・ジンシルの「ぬいぐるみのウサギと女の子」、
チョ・ソナの「ちいさなライオン」も素敵でした。
ベルギーのマンダナ・サダットの「シカ」も好きでした。
絵だけでもつたわってくる物語の世界に、深い奥行きがあります。
イタリアのキアラ・アルメッリーニの「きいろいキツネ」は、
もちろんこの絵のための物語があるのですが、
宮沢賢治の「雪わたり」の挿絵であってもいいなと思うのでした。
どれも延々見ていたいような作品ばかりでした。
板橋は12日までで、その後、西宮、四日市、七尾、鹿児島を
巡回するそうです。

関連記事 in my blog: 安野光雅の絵本展, チャッピィの家


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村




2012.08.03  動物のお医者さん  


こどものころには読んでいない「ドリトル先生」シリーズ、
「アフリカ行き」と「航海記」を読んでみましたが、
面白さがいまひとつわからない。
出版は、1920年代ですが、お話の舞台は、1830年代で
チャールズ・ダーウィンの時代です。
動物のことばを理解し、多くの動物たちから、
称えられ慕われる「ドリトル先生」より、
人間と動物が、意思の疎通に苦労するような
ノンフィクション的展開のほうがいいなと思うのでした。

と、「ドリトル先生シリーズ読破」はあきらめたところで
「動物のお医者さん」を読みました。
決して「ノンフィクション的展開」
とはいえませんが、こちらは何度読んでも面白い。
茫洋とした主人公、ハムテルに
「いままでにいちども怒ったことのない犬」のチョビはもとより、
ねずみが怖い獣医科学生、二階堂、
美人だけど、限りなく変人な院生の菱沼さんなどなど、
どの登場人物も好きです。

文庫版7巻の「オペラ」の話(101話)に、声をあげて笑っていたら、
文鳥から、つっつかれました。

動物のお医者さん (第7巻) (白泉社文庫)
(1996/06)
佐々木 倫子


関連記事 in my blog: 進化への航路  「ひよちゃん」「いたずらもの」と「ニンゲン」


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村




2012.08.02  めっちゃ医者伝 



18世紀末にイギリスのジェンナーが考案した種痘は
天然痘の予防策として既に西洋では普及していましたが、
幕末の日本では、まだ「予防接種」という発想が受け入れられません。
そういう無理解の中で、種痘の導入に心血を注いだ
福井藩 藩医 笠原良策の物語です。

出だしから一気に、物語の世界に引き込まれます。
夏のごく日常的な風景の中に、「疱瘡の仏がきた」という声が響くと、
いっせいに人が通りから姿を消し、
そこをガラガラと音をたてて焼き場に向かう大八車が駆け抜けていくのです。
そして、無力感をつのらせる若い医師が立ちつくしています。

ある時、種痘という予防法を知った良策は、
なんとかそれを福井藩に認めてもらおうと嘆願書を出します。
しかし、それは2年もの間、城の役人によって黙殺。
ようやく認められ、痘苗を手に入れますが、
京都から、福井に運ぶ山中で大雪に合い、
あわや遭難かという困難に見舞われます。
そうまでしてもたらしたにも関らず、世間の無理解に業を煮やす日々。

現在は、「雪の花」というタイトルで、新潮文庫に入っています。
京都から福井にむかう大雪のシーンから来ているのでしょうが、
少年文庫の表紙では、真夏のまっさおな空があります。
運ばれていく遺骸を無力感とともに見送りながら、
なお人々を救いたいと願った若き日の良策がいる、そういう感じがします。

雪の花 (新潮文庫)
(1988/04/28)
吉村 昭

関連記事 in my blog: 進化への航路,   母のまなざし 父のまなざし


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村




2012.08.01  ぎん色いろ色ー「風の盆」 in 西荻窪 


asagao bun

この間の日曜日
西荻窪で、越中おわら「風の盆」の踊りを見ました。
いちど富山で見たことがあって、
どのくらい前だろう?と古い写真をさがしたら、なんと20年前でした。
でも、つい昨日のことのように思えます。
女の人の着物は、この写真の朝顔よりもうすこし淡い色で、
男の人は、背中に「風」の半纏姿。

女性も優雅ですが、男性もステキ。
美しい山と、豊かな水田に恵まれた
富山の八尾の人は、毎年この踊りを踊り
年を重ね、
深く笠をかぶって踊る列のなかに、
ふと若かった頃の自分たちや、
なくなった人の姿を見つけるのかなぁ
それでこそ、「お盆」というものだなぁと
うらやましく思うのでした。

高円寺に阿波踊り、阿佐ヶ谷に七夕があるんだから、
西荻窪にこの踊りの催しが定着してくれるといいね、
なんて話してましたが、どうなんでしょう?

そうそう、話しは違いますが、
ことしの朝顔は、入谷の朝顔です。

関連記事 in my blog: 伝通院の朝顔市


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 鳥ブログ 白文鳥へ
にほんブログ村





 Home