FC2ブログ

空飛ぶ色いろnatsuno07

ようこそ! 
本に関すること、日々のこと、いろいろです。
ゆっくり遊んで行ってください。
文中敬称略とさせていただきます。
引用は青字にしています。

プロフィール

author: natsuno07 ♀
絵を見ることが好き。 読書が好き。文鳥が好き。
日常のあれこれ書いてます。
詩のサイトはこちら
シア・シュガー
うちの文鳥




yumenosuke


natsuno07



@soratobuiroiro

更新通知なつぶやき


カレンダー


07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


記事の年月でさがす


2019年 08月 【2件】
2019年 07月 【6件】
2019年 06月 【5件】
2019年 05月 【5件】
2019年 04月 【5件】
2019年 03月 【8件】
2019年 02月 【7件】
2019年 01月 【6件】
2018年 12月 【5件】
2018年 11月 【6件】
2018年 10月 【4件】
2018年 09月 【7件】
2018年 08月 【6件】
2018年 07月 【7件】
2018年 06月 【6件】
2018年 05月 【10件】
2018年 04月 【12件】
2018年 03月 【17件】
2018年 02月 【20件】
2018年 01月 【4件】
2017年 12月 【3件】
2017年 11月 【3件】
2017年 10月 【7件】
2017年 09月 【8件】
2017年 08月 【12件】
2017年 07月 【6件】
2017年 06月 【11件】
2017年 05月 【12件】
2017年 04月 【14件】
2017年 03月 【15件】
2017年 02月 【12件】
2017年 01月 【6件】
2016年 12月 【9件】
2016年 11月 【13件】
2016年 10月 【2件】
2016年 09月 【3件】
2016年 08月 【6件】
2016年 07月 【8件】
2016年 06月 【9件】
2016年 05月 【11件】
2016年 04月 【1件】
2016年 03月 【8件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【2件】
2015年 12月 【8件】
2015年 11月 【3件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【2件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【4件】
2015年 04月 【6件】
2015年 03月 【7件】
2015年 02月 【5件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【3件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【3件】
2014年 05月 【6件】
2014年 04月 【6件】
2014年 03月 【8件】
2014年 02月 【3件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【4件】
2013年 09月 【12件】
2013年 08月 【15件】
2013年 07月 【15件】
2013年 06月 【10件】
2013年 05月 【11件】
2013年 04月 【6件】
2013年 03月 【7件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【4件】
2012年 10月 【6件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【10件】
2012年 07月 【10件】
2012年 06月 【2件】
2012年 05月 【7件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【10件】
2012年 02月 【7件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【9件】
2011年 10月 【12件】
2011年 09月 【5件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【15件】
2011年 06月 【6件】
2011年 05月 【9件】
2011年 04月 【11件】
2011年 03月 【5件】
2011年 02月 【4件】
2011年 01月 【11件】
2010年 12月 【7件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【9件】
2010年 09月 【8件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【16件】
2010年 06月 【18件】
2010年 05月 【14件】
2010年 04月 【16件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【4件】
2009年 12月 【10件】
2009年 11月 【12件】
2009年 10月 【12件】
2009年 09月 【4件】
2009年 08月 【15件】
2009年 07月 【15件】
2009年 06月 【8件】
2009年 05月 【14件】
2009年 04月 【19件】
2009年 03月 【11件】
2009年 02月 【14件】
2009年 01月 【23件】
2008年 12月 【14件】
2008年 11月 【19件】
2008年 10月 【7件】
2005年 01月 【1件】



カテゴリでさがす

手書き風シリーズ星本の種類、など
記事のメインカテゴリーです。



キーワードでさがす




タグでさがす

手書き風シリーズ星記事の多い順です。


RSSリンクの表示




お問い合わせ


こちらから

2019.08.08  わたしが一番きれいだったとき 


noriko201908.jpg
茨木のり子詩集
(思潮社 現代詩文庫20 1973/9/1 8刷)

子供の頃、夏休みで家にいると
テレビから黙祷、という声が流れてきて
ああ、原爆の日だと思ったものです。
母は午前中の洗濯を終え、お昼の準備をしていたり
庭仕事をしていたり。
テレビはついているだけで
誰かが見ているわけではない、
そんな感じの家の中が思い浮かびます。
そのずっと延長上、何十年もたった去年の夏
8月9日が母の命日となりました。
いやお母さん
この日は世界中が平和を祈る日なんだけど
なんて思ったりします。

母の本棚に数冊並んでいる茨木のり子の詩集
その中でも一番古い思潮社の現代詩文庫は
母が生きているときから、借りたままになっている本です。
「対話」(1955) 「見えない配達夫」(1958)
そして「鎮魂歌」(1965))の3冊の詩集からの詩
と未刊の詩などがまとめられています。
有名な「わたしが一番きれいだったとき」は
「見えない配達夫」に収録されている詩で、
戦後13年たった日本で、30代の女盛りを生きる女性の
「長生き宣言」の詩です。

だから決めた できれば長生きすることに
年をとってから凄く美しい絵を描いた
フランスのルオー爺さんのように
                    ね


そして「鎮魂歌」の中には「本の街にて」という詩があります。

うす汚れた下駄を鳴らし
袴をはいて闊歩した明治時代の書生たち
モボきどりで
女の子を追っかけまわした大正の学生たち
その子らやその孫ら
いま尚ひきもきらず肩で風を切ってゆく街
お茶の水の駅を降りると
遠く散って行った者たちの郷愁が
石畳にも花屋の店先にも色濃く滲んで
その濃厚さに かすかに酔わされる


その後、昭和、平成、令和と時は流れ、
お茶の水の濃厚さも様変わりしました。
遠く散っていった人たちの、孫が働き盛りを迎えている今
長生きするなら
働けるだけ働きましょうなんて声も。
どうかなぁ。
「年とってからすごく美しい絵を描く」
見るのはともかく
美しい絵を描くとは・・
灼熱の炎天下、墓参りをして溜息をついてきました。

関連記事 in my blog: だから決めた 神田讃歌


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト




2019.08.05  2019年8月 読みたい本 


umi201908.jpg

毎年夏になると、本屋さんに
文庫フェアのポップやポスターが並び
若い人向けおすすめ文庫のカタログも置かれています。
それで、どれどれ今年も「こころ」はラインナップされているかな、
なんて見るのが楽しみです。
本屋さんで角川文庫と新潮文庫と集英社文庫の
カタログをもらいました。サイズは文庫本と同じ。

わたしの本好きは、活字中毒ではなくて
挿絵とか装幀とかの本好きなのかもしれない
と気づいた今日この頃ですが、
これが今の若い子受けするカバーなのかなと
文庫の表紙を眺めるのも面白いです。
「人間失格」はどの文庫にも入っていましたが、
角川文庫の表紙が、やたらにカッコ良い。
集英社文庫も同系ですが、太宰治って今こんな感じなのか
とびっくりです。

「新潮文庫の100冊」は
それぞれの本の「心に残る1行」が載っていて
読み応えがあるカタログでした。
カミュの「異邦人」はあの有名な出だし
きのうママンが死んだ
かな、と思ったら
私ははじめて、世界の優しい無関心に心をひらいた。
とあって、一度は読んだけど全然覚えていないことを
まざまざと思い知りました。
シビレル本とかヤバイ本とかの分類に古典が入っていたりします。
やっぱりあったぞ、の夏目漱石の「こころ」は
あなたはそのたった一人になれますか。
おおお。
ちゃんと「恋する本」の項目に入っています。
ちなみに角川文庫にも「こころ」はラインナップされていて、
表紙はどちらも渋め。
(鎌倉の海岸風景を表紙にすればいいのに)
集英社文庫は、「坊ちゃん」推しでした。

ともだちに言わせると、「こころ」のどこが面白いのかわからない
そうですが、わたしはなんか好きです。
同じ「恋する本」にあった
最上くんって頭いいけどバカだったんだね
と同じような感じ。読んだことがありませんが
七月隆文「ケーキ王子の名推理(スペシャリテ)」
という小説からの「1行」です。

関連記事 in my blog: 2019年7月 読みたい本, 夏目漱石の「こころ」を読む


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村




2019.07.29  ふたたび ナルニア国へ 


narunia201907.jpg
(「ロシアの装丁と挿画の世界」より。
文鳥がちょっと斜めにみているオレンジ色の表紙の本が
ナルニア国物語の「魔女とライオン」)

10年ほど前にブログをはじめた時、
児童文学の有名な作品を一度は読んでみようと
「魔女とライオン」を手にとりました。
かくれんぼで洋服ダンスに隠れたら
別世界に入りこんでしまったという
最初のお話「ライオンと魔女」がいちばん印象的で
あとの6冊も読みはしましたが、
大部分忘れてしまいました。

おととし(2017年)高円寺の「えほんやるすばんばんするかいしゃ」へ、
ロシアの絵本展を見に行ったとき、
挿絵といい、色使いといいなんて素敵な本だろうと
うっとり眺めた、小さな本がありました。
「ライオンと魔女」であるとお店の方が教えてくれました。
たしかに。フォーンのタムナスもルーシーもいます。
洋服ダンスも街灯もあります。
もしこの挿絵で「ナルニア国物語」を読んでいたら
もっと「ナルニア国物語」が好きになったかもしれないと思うのでした。

そういえば、10年前に読み終えたとき
宮澤賢治の「銀河鉄道の夜」のようだと
思った記憶があります。
ともかく10年前の自分のブログには感想ともつかない
どうでもいいことしか書いていないし、
もう一度、読み返してみようと思ったのでした。

関連記事 in my blog: ナルニア国へ


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村





2019.07.26  可愛い女(ひと)へ 料理の絵本 


kawaiiryorii20190701.jpg
可愛い女(ひと)へ 料理の絵本
(鎌倉書房 1979- 6-1)
料理製作 入江 麻木 城戸崎 愛 他
イラスト 松浦 英亜樹

「お菓子の絵本」のあとに出版された「料理の絵本」。
「お菓子の絵本」はシンデレラや、白雪姫、アリスなど少女っぽいですが、
ここでは、若草物語、アンの夢の家、小公女、ラプンツェルなど
もうちょっとお姉さんな話が題材に使われています。
ドン・キ・ホーテもあります。
美味しそうなスペイン料理が並んでいます。

三浦哲郎の小説「愛しい女」もそうでしたが、
女と書いて「ひと」と読む、てなところが
昭和だなぁと思ったりするし、
料理する、しないに男も女も関係ないよという現代があって
よかったなと思ったりします。
それはともあれ、この料理本を古臭くしていない
理由は並んでいる料理の美味しそうさと
イラストにあるのかなと思うのでした。
カラーをふんだんに使ったイラストも含め
これだけたくさんのイラストを一人の人が描いて
写真もたくさん載せて
40年前にこういう本を作るというのは
並大抵のことではなかったと思います。
その一方でリッチな時代だったのだなと思いもします。

表紙絵の黄色いエプロン姿の女性は、
夢の家のアンでしょうか?
料理の絵本という旗をかかげたサンチョ・パンサたちと
りりしく行進していく姿は、日々の家庭料理
日々の献立に向きあう人たちを元気づけているようです。

ドラマ「きのう何食べた」も、
日々の料理を応援された感じでしたが、
暑くて、何も作る気がしない~というようなときは
そんな応援に助けられたりするのです。

お菓子の絵本
(入江 麻木 若草物語 「ローレンスさんからのビーフストロガノフ。 
オンマウスで、城戸崎 愛 アンの夢の家「花嫁の母マリラの淋しい夕食」。)

関連記事 in my blog: 愛しい女, 可愛い女(ひと)へ お菓子の絵本


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村




2019.07.23  可愛い女(ひと)へ お菓子の絵本 


kawaiiokashi20190701.jpg
可愛い女(ひと)へ お菓子の絵本
(鎌倉書房 1978/10/1)
お菓子製作 入江麻木 他
イラスト 松浦 英亜樹

先月末で終わったドラマ「きのう何食べた?」のレシピ本が
本屋さんに積まれているのを、眺めながら逡巡中。
ドラマの中でちゃんと作り方を説明してくれているので
いらないといえばいらない、でもちょっとほしい。
頭の中に、倹約家のシロさんと
ちょっと贅沢もしたいケンジが現れては消えます。

そんなことをしていたら、思い出した古い料理の本。
今はもう無い鎌倉書房から出版されています。
奥付見てびっくりしたことに、初版は1978年。
使っている紙がいいからか、
本のつくりがしっかりしているからかあまり古びていません。
シンデレラや、赤毛のアン、メアリーポピンズ、不思議の国のアリス
こうした物語の中に登場してきたり、そのイメージで作られた
お菓子の数々が、おしゃれなテーブルセッティングと
イラストレーションで紹介されています。

なかでもマジパン細工をつかった「にんじんケーキ」は
見た目が可愛く、しかも作り方が簡単なので
何度か作ってみたりもしました。
白雪姫のパルフェは、パルフェって何?と当時思った
三色アイスのケーキ。
そのほか、ハイジの白いパンだとか、いろいろ。

いまは、ネットで検索できるレシピの方が便利で、
料理本をわざわざ買わないですが、
むかしは、こんな贅沢で夢のある本があったのだなと
なんだかしみじみ眺めてしまうのでした。


お菓子の絵本
(宮川敏子 シンデレラの人参ケーキ。 
オンマウスで、白雪姫のパルフェ 川北末一。)

関連記事 in my blog: 可愛い女(ひと)へ 料理の絵本


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村




2019.07.20  とおいまちのこと 


tooimachinokoto201907.jpg
とおいまちのこと
(佼成出版社 2019/6/30)
植田真 作 nakaban 絵

「みなとまちから」の絵本に登場する
キツネの姿の旅人は、
なぜか自然に受け入れてしまいましたが、
こちら「とおいまちのこと」に登場する男の子は
ほんとに男の子なんだろうかと疑問に思ったりします。
まるで一人で暮らしているように
自分でお湯をわかして紅茶を入れて
香を楽しんでいる。
男の子のように見えるけれど、実は大人なんじゃなかろうか。
そんなことを考えたりします。

紅茶の缶の蓋の海辺の絵をじっとながめているうちに
みなとまちの風景が
いっぱいに広がっているところが好きでした。

tooimachinokoto201907-2.jpg
(二冊の絵本はこんな感じのケースにはいっています。)

関連記事 in my blog: 力いっぱいきりぎりす


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村




2019.07.17  みなとまちから 


minatomachikara201907.jpg
みなとまちから
(佼成出版社 2019/6/30)
nakaban 作 植田真 絵

先月、西荻のウレシカで「みなとまちから」「とおいまちのこと」
の2冊の絵本の原画展を見ました。

あれからもう1ヵ月以上過ぎてしまって、
今は手もとにある絵本で振り返るよりないのですが、
作家のひとりの植田真が
「Jazzのインタープレーのような」
と解説している、「二つの世界の響きあい」を
よりみずみずしく感じることができたような気がしました。

梅雨時で湿気が強いせいか、
二つの世界のどちらも湿度が高そうな気がします。
海辺と木々のうっそうとしたジャングル風の世界。
「みなとまちから」の方はちょっと肌寒い感じ
「とおいまちのこと」の方はやや蒸しっとする感じです。

前に登山好きの人から、
「山は山によって表情が違うけれど、
海の景色はみな同じに見える」
と言われたことがあります。
たしかに海の風景はどこも似ていて
いつか来た海辺、知っている港
そんな気がします。
その「共感」の一方で、
今ここにいる自分だけしか感じ得ない「個の感覚」も感じる。

それを誰かに伝えたくなるような。
そういう海の景色がとても好きです。
絵本の「みなとまちから」の風景もまた。


関連記事 in my blog: リスのたんじょうび


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村