FC2ブログ

空飛ぶ色いろnatsuno07

ようこそ! 
本に関すること、日々のこと、いろいろです。
ゆっくり遊んで行ってください。
文中敬称略とさせていただきます。
引用は青字にしています。

プロフィール

author: natsuno07 ♀
絵を見ることが好き。 読書が好き。文鳥が好き。
日常のあれこれ書いてます。
詩のサイトはこちら
シア・シュガー
うちの文鳥




yumenosuke


natsuno07



@soratobuiroiro

更新通知なつぶやき


カレンダー


11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


記事の年月でさがす


2019年 11月 【4件】
2019年 10月 【4件】
2019年 09月 【3件】
2019年 08月 【6件】
2019年 07月 【6件】
2019年 06月 【5件】
2019年 05月 【5件】
2019年 04月 【5件】
2019年 03月 【7件】
2019年 02月 【7件】
2019年 01月 【6件】
2018年 12月 【5件】
2018年 11月 【6件】
2018年 10月 【4件】
2018年 09月 【7件】
2018年 08月 【4件】
2018年 07月 【7件】
2018年 06月 【6件】
2018年 05月 【10件】
2018年 04月 【12件】
2018年 03月 【16件】
2018年 02月 【20件】
2018年 01月 【4件】
2017年 12月 【3件】
2017年 11月 【3件】
2017年 10月 【7件】
2017年 09月 【8件】
2017年 08月 【12件】
2017年 07月 【6件】
2017年 06月 【11件】
2017年 05月 【12件】
2017年 04月 【14件】
2017年 03月 【14件】
2017年 02月 【12件】
2017年 01月 【6件】
2016年 12月 【9件】
2016年 11月 【13件】
2016年 10月 【2件】
2016年 09月 【3件】
2016年 08月 【6件】
2016年 07月 【8件】
2016年 06月 【9件】
2016年 05月 【11件】
2016年 04月 【1件】
2016年 03月 【8件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【2件】
2015年 12月 【8件】
2015年 11月 【3件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【2件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【4件】
2015年 04月 【6件】
2015年 03月 【7件】
2015年 02月 【5件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【3件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【3件】
2014年 05月 【6件】
2014年 04月 【6件】
2014年 03月 【8件】
2014年 02月 【3件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【4件】
2013年 09月 【12件】
2013年 08月 【15件】
2013年 07月 【15件】
2013年 06月 【10件】
2013年 05月 【11件】
2013年 04月 【6件】
2013年 03月 【7件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【4件】
2012年 10月 【6件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【10件】
2012年 07月 【10件】
2012年 06月 【2件】
2012年 05月 【7件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【10件】
2012年 02月 【7件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【9件】
2011年 10月 【12件】
2011年 09月 【5件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【15件】
2011年 06月 【6件】
2011年 05月 【9件】
2011年 04月 【11件】
2011年 03月 【5件】
2011年 02月 【4件】
2011年 01月 【11件】
2010年 12月 【7件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【9件】
2010年 09月 【8件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【16件】
2010年 06月 【18件】
2010年 05月 【14件】
2010年 04月 【16件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【4件】
2009年 12月 【10件】
2009年 11月 【12件】
2009年 10月 【12件】
2009年 09月 【4件】
2009年 08月 【15件】
2009年 07月 【15件】
2009年 06月 【8件】
2009年 05月 【14件】
2009年 04月 【19件】
2009年 03月 【11件】
2009年 02月 【14件】
2009年 01月 【23件】
2008年 12月 【14件】
2008年 11月 【19件】
2008年 10月 【7件】
2005年 01月 【1件】



カテゴリでさがす

手書き風シリーズ星本の種類、など
記事のメインカテゴリーです。



キーワードでさがす




タグでさがす

手書き風シリーズ星記事の多い順です。


RSSリンクの表示




お問い合わせ


こちらから

2019.11.27  ぎん色いろ色ー日のあたる本棚 


IMG_1907.jpg
(natsuno88の本棚に飛び乗った、うちの文鳥)

母の本箱の整理もいいけど、自分のとこも片付けないと
と、はじめたとたんにゲンナリして
そのわりに、「これは捨てられない」
「とても大事な思い出がある」
なんていちいち思うので全然片付きません。

体力も落ちて、目も悪くなって、日常的な掃除さえも
やっとこさっとこというほど歳を取ったとき
こうした「物」はけっきょく邪魔だなとわかってはいるのです。
老後はそれこそ「陽のさす部屋」で
暑すぎも寒すぎもしない
そんな場所で清潔に過ごすことができるのが
一番なのではないか。

そういえば母の荷物を整理している時、
ダブって買ってある本が出てくるわ出てくるわ
愕然としました。
集英社新書の「人はなぜ逃げおくれるのか」もその1つでした。
ダブり買いは本に限りませんが、本は日用品のように
複数あってもいいというものではないので
もったいないの極みです。
物が片付いていないから、どこに何があるかわからなくなり
またダブり買いをするという悪循環。

そんなふうであった母が
「人はなぜ逃げおくれるのか」という本を
二度も買っているというのがなんだかショックでした。
心の中にあった漠然とした不安は
たぶんこの本では解決しなかったでしょう。

母の本棚にある本を読んだところで、
母が何を考えていたかはわかりません。
けっきょくそこに書かれているものを通して
自分は自分に向き合うよりない。
「陽のさす部屋」」という小説は
母がどう読んだのかではなくて
今の自分にとってどういう小説であるのか、
読書というのはそういうことだと
改めて思うのでした。

関連記事 in my blog: ぎん色いろ色ー本棚大好き,  陽のさす部屋


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村




2019.11.22  人はなぜ逃げおくれるのか 


IMG_1718.jpg
人はなぜ逃げおくれるのか
(2004/1/21 集英社新書)
広瀬 弘忠

「ひとはなぜ逃げおくれるのか」
生き残るために!
タイトルや帯につられて
切羽詰まったキモチで読み始めると
あの、あの・・・と口がぱくぱくしてしまう
「災害心理学概論本」という感じの本です。
でもそうなんだなという心構えでじっくり読むと
とても面白いです。

Evacuate now! Get out of here!
叫び声とともにパニックに陥る群衆、
ハリウッド映画にありがちな
そういうシーンはあんがい起きにくく
むしろ平常であろう、平常であろうとすることで
逃げ遅れてしまうということもあるそうです。
同時多発テロの時に起こった「逃げ遅れ」の例は
実にはっとさせられることでした。
自分の職場でも割と大きな地震が来たなとか
外で警報のアナウンスが聞こえているぞ
という状態でも
変わらず仕事を続けている人が多いのです。
そんなことで慌てるのはプロっぽっくない
と恰好つけているのか、
仕事に集中しすぎているのか
いずれにしても、避難訓練をいくらしても
それだと逃げ遅れます。
そういう時に必ずスマホをチェックしたり
何が起きているのか確認しようとするタイプの人
というのは必要な存在だなと思うのでした。

慌てないのも問題ですが、
慌てすぎるのはもっと問題。
そんなパニックを警戒するあまり、
正しく避難誘導ができない
これはけっこう深刻な問題です。
ことに何か普段と違ったことが起きると
すぐに人が大渋滞してしまう都会では
これが二次的災害を招きかねません。

実際に災害に遭遇してしまったら、
つまるところはケースバイケースで、
マニュアルなどはありません。
あるときは助けになったものが
あるときは障害になる。
『何をどう守るのか』の判断を瞬時にするのは
なかなか難しいことかと思います。
でもあきらかに防災上ダメという箇所は
真剣にチェックして、
改善しないとホントに心配です。

関連記事 in my blog: 三陸海岸 大津波


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村




2019.11.16  希望の国のエクソダス 


IMG_ (238)
希望の国のエクソダス
(2000/7/20 文藝春秋)
村上 龍

1998年から2000年にかけて文藝春秋に連載された小説です。
20年前にすでに「教育」と「経済」は危機感に満ちていたのかと
何をいまさらな遅れて来た読者でした。

村上龍の小説は、
画家のフランシス・ペーコンの絵のようだと思うのですが、
この小説はどちらかというと
リキテンシュタインです。
主人公の恋人由実の雰囲気のせいか。
吹き出しの中に
全部大文字で、EVACUATE IMMEDIATELYとあるような。
でも読み進むにつれて
小学生向け学習マンガのような感じもちらほら。
当時46歳の著者が日本の10代に向けて
「危機感」を持てという警鐘を鳴らしつつ
彼らの未来に「期待」を抱いてもいるからなのか。
ちょっと説教臭さと気弱さが感じられたりもしました。

この小説が出版された1年後、
ニューヨークでの同時多発テロがありました。
そしてその10年後には東日本大震災と
福島原発の事故が起きました。
その後も自然災害が続いています。
ネット犯罪の闇も底が深くなっています。
「この国には何でもある」という小説の中の
10代の少年のことばが空しく響く20年後です。

これはどうでもいいことなのですが、
この本は20年前に母が買ったものです。
書評にある本をすぐ買うというミーハーな母でしたが、
当時はとても話題になった本だったのだと思います。
まだもうちょっと母が元気だった頃
この本を本棚に見つけて借りてきたのですが、
通勤電車で読むには重い・・という理由で
ずっと読まずにいたものをようやく読みました。
「これ面白かった?」と聞いた記憶はあるのですが、
母が何と答えたのか覚えていません。

関連記事 in my blog: フランシス・ベーコン展


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村





2019.11.10  トロールの森 2019 


troll201903.jpg
(根っこのしゃっくり。/のぐち あやの)

今年も11月3日から23日の20日間
善福寺公園はトロールの森です。
お天気にめぐまれた週末に出掛けてきました。
硝子を使った「根っこのしゃっくり」は
とてもきれいな作品でした。

昨年はトロールの食卓を公園に出現させた
宮嵜浩のBOMGRAI WESTも小さな色ガラスの風鈴も。
(以下、小さな画像はクリックすると大きくなります)
troll201902.jpg

そして、公園の5か所にある小さな小さな舞台。
第二次谷杉(ミミトメ)の声の小さな舞台俳優も素敵でした。
そこに小さな劇場があるだけで、
公園の樹々がどよめいているようです。
わたしもまた小さな人であるなら
空の高さと奥行きを感じさせる、
最初の舞台を見てみたいと思うのでした。

butaihaiyu01.jpg butaihaiyu03.jpg butaihaiyu02.jpg
butaihaiyu04.jpg butaihaiyu05.jpg

池を見下ろす高台にあるパーゴラ(日陰棚)は
毎年どんなかなと楽しみな場所ですが、
今年は海の家みたいな。
いつまでも夏のような暑さが続いていたから
そんな風に感じたのかもしれません。
三本木 歓/善福寺三門

troll201909.jpg troll201908.jpg

トロールの森は音楽やパフォーマンスも行われていますが
わたしは空間展示の作品がことに好きだなと思います。
そのほかにも、様々な作品がありました。
(トロールの森: http://www.trollsinthepark.com/art/ )

troll201910.jpg troll201907.jpg troll201906.jpg

関連記事 in my blog: トロールの森 2018

よろしければポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村





2019.10.29  陽のさす部屋 


hinosasuheya201910.jpg
陽のさす部屋
(講談社 1975/2/24)
網野 菊

1965年から1974年の10年間に書かれた短編11作品と
大正の終わりから昭和初期に書かれた短編4作品が
収録されている短編集です。
著者の年齢でいうと、
65歳から74歳にかけて書かれた作品と
26歳から27歳の頃に書かれた作品ということになります。

知らない初老の女性から
会ったこともない親戚や知人友人の話を
延々と聞かされているような
それでいてそこに誰もいないような気がしてくるような
そんな話ばかりです。
名前はイニシャルになっていることが多く
誰が誰やら混乱してくるし、
あたかも一人称かのような書き出しだったのに
途中から主人公が三人称であったりします。
しかも語り口は淡々としていて、
声が聞こえるとしたら、とてもぼそぼそとして
聞き取りにくそうです。

昔、祖父母の家に行くと、
会ったこともない遠い親戚や知人の
婚礼写真が貼られているアルバムがありました。
布張りの立派なアルバム。
それを見ているようです。

表題作は72歳になった著者が、
友人たちと老人ホームに入る話をしながら
けっきょく一人でアパート暮らしをはじめ
その部屋は何はなくともよく陽が当たる部屋で
という話です。

いつ迄生きるのか、いつ迄ここでの生活が続くのか。
とも角も、日光の恵みをありがたく思って生きて行こう、
と彼女は自分に云うのだった。


という、別にどうということもないラストの言葉とともに
その「陽のさす部屋」に自分が「意識」だけになって
存在するような、不思議な余韻がありました。


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村




2019.10.25  岸田劉生展 


書影
(画家岡崎義郎の肖像、オンマウスで、牧師田村直臣の肖像。)

10月半ば、東京ステーションギャラリーで岸田劉生展を見ました。
数ある麗子像は会期の途中で入れ替えがあったりで
見られなかった作品もありましたが、
とても見ごたえがある展覧会でした。

東京駅の中にある美術館
大正ロマンや昭和レトロの世界に
タイムトリップするようです。
風景画も魅力的でしたが、人物画に惹かれました。
霊能力がありそうな麗子像。
さまざまな表情を浮かべる自画像。
その人の性格が見えてくるような肖像画。
なかでも、
タンポポのような花を一輪持つ田村直臣と
タバコを持つ岡崎義郎の
真逆な印象の二人の絵が並んでいるのは
とても印象的でした。
しかもなぜかこの二人の間に
冬瓜の絵がかけられていました。

時計は動くのをやめ
奇妙な晩餐は静かに続く・・・わかりあえているかどうかの答えは
たぶんどこにもない


TRICKの主題歌の「私とワルツを」が
頭に聞こえてくるようだと思うのでした。
毛糸のストールを肩にかけ、青りんごを持っている
「麗子微笑」は前期展示だったため見られず残念。
6年前、東京近代美術館60周年記念特別展の時に
見た絵もかなりありました。
11月からは、山口県立美術館、
来年1月からは名古屋市美術館で展示されるそうです。

関連記事 in my blog: 生々流転 


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村




2019.10.23  2019年10月 読みたい本 


akinoumi201910.jpg

台風19号の時は
うちでも、雨がふきつけるサッシの下から
水が浸入してきて、雑巾でふせぎつつ
絞りつつで大わらわでした。
その程度でも、
水の浸入のすばやさと、ふせぎようのなさの怖さを感じました。
こういう激しい雨が
100年に1度とかいうことはなくて毎年のように降るかもしれない
と考えると愕然としてしまいます。

さて「10月に読みたい本」。
(もうあらかた過ぎてしまいました)
昨年亡くなった母の本棚に残っている本を
読んでみようと思ったのはいいのですが、
今のところあまり・・・
面白い本に遭遇してなくて、意欲喪失中です。
でもせっかく読んだので、ぼちぼちと感想は
書いていきたいなと思ってます。

そんなこんなの今日この頃、
ラグビーのワールドカップが佳境だし
オリンピックの開催も近づいているし、
ちょっと気分を変えて
森絵都の「DIVE」を読み返すことにしました。
読み始めると、面白い。
面白いと思える本に出合えるということは
幸せなことだなとつくづく思うのでした。

関連記事 in my blog: 2019年9月 読みたい本,


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村