FC2ブログ

空飛ぶ色いろnatsuno07

ようこそ! 
本に関すること、日々のこと、いろいろです。
ゆっくり遊んで行ってください。
文中敬称略とさせていただきます。
引用は青字にしています。

プロフィール

author: natsuno07 ♀
絵を見ることが好き。 読書が好き。文鳥が好き。
日常のあれこれ書いてます。

please also see シア・シュガー


過去記事から









@soratobuiroiro

更新通知なつぶやき


カレンダー


06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


記事の年月でさがす


2020年 06月 【4件】
2020年 05月 【5件】
2020年 04月 【3件】
2020年 03月 【3件】
2020年 02月 【3件】
2020年 01月 【8件】
2019年 12月 【8件】
2019年 11月 【4件】
2019年 10月 【4件】
2019年 09月 【3件】
2019年 08月 【6件】
2019年 07月 【6件】
2019年 06月 【5件】
2019年 05月 【5件】
2019年 04月 【5件】
2019年 03月 【8件】
2019年 02月 【7件】
2019年 01月 【6件】
2018年 12月 【5件】
2018年 11月 【6件】
2018年 10月 【4件】
2018年 09月 【8件】
2018年 08月 【4件】
2018年 07月 【7件】
2018年 06月 【6件】
2018年 05月 【10件】
2018年 04月 【12件】
2018年 03月 【17件】
2018年 02月 【20件】
2018年 01月 【4件】
2017年 12月 【3件】
2017年 11月 【3件】
2017年 10月 【7件】
2017年 09月 【8件】
2017年 08月 【12件】
2017年 07月 【6件】
2017年 06月 【11件】
2017年 05月 【12件】
2017年 04月 【14件】
2017年 03月 【15件】
2017年 02月 【12件】
2017年 01月 【6件】
2016年 12月 【9件】
2016年 11月 【13件】
2016年 10月 【2件】
2016年 09月 【3件】
2016年 08月 【6件】
2016年 07月 【8件】
2016年 06月 【9件】
2016年 05月 【11件】
2016年 04月 【1件】
2016年 03月 【8件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【2件】
2015年 12月 【8件】
2015年 11月 【3件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【2件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【4件】
2015年 04月 【6件】
2015年 03月 【7件】
2015年 02月 【5件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【3件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【3件】
2014年 05月 【6件】
2014年 04月 【6件】
2014年 03月 【8件】
2014年 02月 【3件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【4件】
2013年 09月 【12件】
2013年 08月 【15件】
2013年 07月 【15件】
2013年 06月 【10件】
2013年 05月 【11件】
2013年 04月 【6件】
2013年 03月 【7件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【4件】
2012年 10月 【6件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【10件】
2012年 07月 【10件】
2012年 06月 【2件】
2012年 05月 【7件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【10件】
2012年 02月 【7件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【9件】
2011年 10月 【12件】
2011年 09月 【5件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【15件】
2011年 06月 【6件】
2011年 05月 【9件】
2011年 04月 【11件】
2011年 03月 【5件】
2011年 02月 【4件】
2011年 01月 【11件】
2010年 12月 【7件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【9件】
2010年 09月 【8件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【16件】
2010年 06月 【18件】
2010年 05月 【14件】
2010年 04月 【16件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【4件】
2009年 12月 【10件】
2009年 11月 【12件】
2009年 10月 【12件】
2009年 09月 【4件】
2009年 08月 【15件】
2009年 07月 【15件】
2009年 06月 【8件】
2009年 05月 【14件】
2009年 04月 【19件】
2009年 03月 【11件】
2009年 02月 【14件】
2009年 01月 【23件】
2008年 12月 【14件】
2008年 11月 【19件】
2008年 10月 【7件】
2005年 01月 【1件】



カテゴリでさがす

手書き風シリーズ星本の種類、など
記事のメインカテゴリーです。



キーワードでさがす




タグでさがす

手書き風シリーズ星記事の多い順です。


RSSリンクの表示




お問い合わせ


こちらから

2020.06.14  ぎん色いろ色ー1ヶ月 


P6120406.jpg
2011-06-12 Gin
(5か月くらいのぎんちゃん、水浴び直後。
グレイの羽がまだ残っていました。)

うちの文鳥が旅立って1ヶ月が経ちました。
春頃にはもしかすると、10歳まで生きてくれかもしれない。
そんな期待を抱かせるくらい元気な様子でしたが、
本当は、いろいろ身体が効かなくなっているのに、
がんばって生きていたのだなと思います。
換羽期がきても羽が抜けなくなり、
飛べる距離はどんどん短くなって、
着地に失敗して、バササっと落ちていることがよくありました。
片足を上げて頭をかきかきするのに苦労していたし
餌を食べるのにも時間がかかっていました。
肩にくちばしをうずめて寝るスタイルができなくなっていました。
そのように、シニア文鳥として弱っていきましたが、
ひどく患っていたわけでもなく天寿を全うしてくれました。

ぼおっとしていると
どんどん時間が経ってしまいそうなので、
撮りためている画像の整理をにとりかかりました。
最初はつらかったですが、
だんだん、その瞬間瞬間の姿に
元気づけられます。
代り映えのない日常が
かけがえなく感じられます。

夜覆いをかけた鳥かごに声をかけると
キューキューと鳴いて答えてくれたのが
今はとても懐かしいです。


関連記事 in my blog: ぎん色いろ色ーネムノキが来た



よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 鳥ブログ 白文鳥へ
にほんブログ村





2020.06.08  はな子さん、はな子さん。 


IMG_4355.jpg
(1993年3月歌舞伎座舞台写真、文鳥の置物はショカ庫さん作)

2月の自粛要請が出た頃
野田秀樹の「演劇の死」ということばが話題になっていました。
頭によぎったのは、野田秀樹と同い年の
18代目中村勘三郎のことでした。

歌舞伎座建て替え後
新しい舞台に立つことのなかった勘三郎。
以前にも書きましたが、
彼が踊った「娘道成寺」は心に焼き付いています。
「娘道成寺」も「勘九郎(当時)」も
初めて観た時のことです。

「娘道成寺」は、「タンゴ・冬の終わりに」の
戸川純の歌ではないですが、
「あなたを思いすぎて
変わりはてた、わたしの姿」
になりゆく白拍子、花子の踊りです。
春、桜の花の下「萌え」な輝きを放ちながら、
春の突風のように暴れてふわっと消えていきます。
踊る人によってさまざまな魅力が展開しますが
あの時の「娘道成寺」の花子は忘れがたいです。

たった今死んだ人を演じた役者が
生きて舞台のセンターで拍手喝采を浴びる
逆に演じていた役者が亡くなっても
長く心に生き続ける
舞台を見たくなるのは
「死」への明るい「抵抗感」があるからかなと
思ったりします。

2017-03-12-IMG_9768.jpg
2017-03-17 Gin


関連記事 in my blog: 冬至だとか、鼠小僧のはなし, 娘道成寺,
光の時代ー Le Temps de Lumiere, 魂のすみか


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村




2020.06.05  工場物語とベティ・デイビスの瞳 


kojo_.jpg
2017-3-17 Gin

「工場物語」を見たのは、まだ10代のころでした。
6月、雨の駒場小劇場、とメモが残っているものの
大半のことは覚えていません。
キム・カーンの「ベティ・デイビスの瞳」が
使われていたと思うのですが、
「まことむすびの事件」も、
先日ブログ記事を書くので戯曲を読み返すまで
柄本明が演じていたのが
永野ではなくて殺しに来る男の方だったと
思い込んでいたりしていたので、
あまり自信がありません。

ではとっておきの、きらきらまばゆい話をしてあげよう

というハルノスケのセリフのあとの場面転換で
「ベティ・デイビスの瞳」が
流れたと思うのです。
ジャングルジムのように組み立てられた鉄骨があって
役者の動きがぴたっと止まって
ゆっくりと暗転していく中
この曲のイントロが流れてきた・・
そんな風に記憶しています。

ともかく、「ベティ・デイビスの瞳」を聞くと、
この頃のことを一気に思い出します。
芝居を観たのは駒場でしたが、
下北沢あたりの風景が目の前に広がります。
自分は工場物語に登場する犬たちのように
「朝スッキリ」の缶詰的なものを欲しがり
深く考えることもなく、あちこちで芝居を見ていました。
「不思議大好き」とか「おいしい生活」とか
この頃のCMで使われた言葉も「工場物語」には出てきます。
「深くものを考えなかった」自分でしたが、
今になってみると
「とっておきの話」や
「きらきらまばゆい話」の数々を観ていたんだなと思うのです。


関連記事 in my blog: なにか、きらめくものを思い浮かべて,
 まことむすびの事件


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村





2020.06.01  工場物語ーThe Factory Romance 


kojo2_.jpg
2017-3-30 Gin
工場物語
(1983/4/1 新宿書房)
如月小春

この戯曲集には、「工場物語」と「光の時代」の2作が載っています。
以前に「光の時代」について書きましたが、
コロナ感染症に世界中が翻弄されている今読むと
どちらもものすごく響く作品です。

工場物語は身動きがとれなくなっている
二つの人影のシーンから始まります。
それはあたかもコロナで動きを止めた都市のようです。
そして一人がもう一人を励ますために
「我を忘れるような話」を始めるのです。

ミノルとハルノスケの
「はな子さん」をめぐるラブロマンス。
『<少女と犬>型都市を記述する試み』
という但し書きもついています。

<少女と犬>型都市?なんだそれは?
物語りはところどころわかったり
全くわからなかったりしながら進んでいきます。
夢みたいな商品を次々に作ってしまう
胡散臭く、剣呑で、危険な工場。
混とんとしながら物語を追っかけて行くと
ゲームの中で疲労困憊しながら
くりかえしバーチャルな街へ出ていくような
感覚になってきます。
よく知っているような
まるで知らないような
表面的なようでいて、奥深くまで入り組んでいる
そしてもう一度冒頭の
身動きできなくなっている人影のセリフが
「そういえば・・」
というように、蘇ってきます。

その時僕たちは思ったよね
この街はほんとは工場なんだってね。


そして最後のセリフはいったい誰に、何を呼びかけているのか
よくわからないのですが
でも響くのです。聞いた瞬間に惹かれる音楽のように。
犬の遠吠えのように。

都市よ!老いたる都市よ!

関連記事 in my blog: 光の時代ー Le Temps de Lumiere


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村





2020.05.30  まことむすびの事件 



2020-05-03 Gin

去年の夏見たドラマ「サギデカ」は衝撃的でした。
サギ集団はまるで企業のように「研修」を行っており
掛け子になろうと集まってきた「新人」に
「高齢者にとどまっている富を『再配分する』。
これは社会のためになる仕事だ。」
と説明するのです。
そして「新人」たちは研修で痛々しいまでに
演技力を磨こうと努力しているのでした。

1980年代前半に豊田商事事件というのがありました。
やはり高齢者をターゲットにした詐欺で、
ダイヤモンド、ゴールド、ゴルフ会員権など
架空の商品を売りつけ、金をだまし取っていました。
主犯の永野はこの手口で広げた「事業」を
銀河計画と言っていたとか。
そして逮捕直前テレビカメラの前で殺害されました。

当時のわたしはほとんどこの事件に
関心を持っていませんでしたが、
これを題材にした芝居
「まことむすびの事件」は心に残っています。
1986年紀伊國屋ホールで上演されました。
台本は山崎哲。
永野と思われる男を演じているのは柄本明でした。

舞台の上では詐欺犯と殺しに来る男が
一人の人間の実体と影のようです。
どちらが影なのか実体なのかわからない。
不気味でもあり、切なくもある。
風の音を聞いているという老人の
ちんまりした姿や
芝居のはじまりと終わりの
それはそれは長いセリフ
遠い遠いところから聞こえてくるような
「銀河」に投げ出されるような
底知れない孤独感が広がっていました。

「新劇」1986年4月号に掲載されている
台本を読み返していたら、
別役実が書いている「『銀河計画』と観客席」
というタイトルの記事を見つけました。

宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』は詩である。
そして永野一男の「銀河計画」は犯罪である。
『銀河鉄道の夜』に対しては中立がありえるが
「銀河計画」に対してはそれがない。


サギ集団がどれほど「演技力」を磨いても
犯罪でしかない。
「芝居は」(この台本のセリフを借りるなら)
犯罪に対する復讐なのかもしれません。
それがこの世に「芝居」が必要であることの
一つの理由であるように思えるのです。


関連記事 in my blog: 秘密の花園


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村




2020.05.21  魂のすみか 


Tango_2016-05-15.jpg
2016-05-15 Gin
タンゴ・冬の終わりに
(講談社 1984/4/2)
清水 邦夫

「タンゴ・冬の終わりに」は
閉鎖まじかの映画館を舞台に繰り広げられる
妄想と現実の追いかけっこのような物語です。

空の彼方に浮かぶは雲
嗚呼 我が恋愛の名において
その暴虐の仕打ちさえ
もはやただ甘んじて許す

大音量の戸川純の「諦念プシガンガ」
とともに幕があくと
客席(舞台上の)いっぱいの人たちが
こちら側の客席(リアル)を一心に見いっています。
そのようにして、観客(リアル)も
芝居に巻き込まれていくのです。

戸川純の曲はもう一つ
「蛹化の女」が劇中歌として流れます。
パッフェルベルのカノンのメロディに
戸川純の詩が載っている歌です。

それはあなたを思いすぎて変わりはてた
わたしの姿


演劇の魅力は多かれ少なかれ
この戸川純の歌うところの
「怒涛の恋愛」的なところにある気がします。

本来の自分と
舞台で演じている俳優としての自分が
区別ができなくなっていく清村盛(平幹二郎)。
妻のぎん(松本典子)は、壊れていく夫に
「妄想は妄想にすぎない」というべきであったか
最後まで答えを見つけられずにいます。
そして、舞台上のセットの客席に向かってとも
こちら側の本当の客席に向かってとも
判然としない場所に立って
こんなセリフを残していきます。

ここは予定通り、5月には取り壊されます
美しく、悲しい廃墟・・魂のすみか
それ自体ひとつの魂

そして、このセリフのあとのト書きにはこう書かれています。

無人の客席めがけて、あのなつかしい観客たちが
怒涛のようになだれこんでくる
その輝いた眼、その輝いた手



(画像の撮影日は2016-5-15となっているので、
ほぼ4年前のぎんです。
頭に羽軸がつんつんしています。
ここ1年は衰えていたので換羽もありませんでした。
ぎんという名前に決めたとき、この芝居のことを思い出していました。)

関連記事 in my blog: なにか、きらめくものを思い浮かべて,
 タンゴ 冬の終わりに, 解体されゆくアントニン・レーモンド建築 旧体育館の話

よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村





2020.05.18  秘密の花園 


hanazono.jpg
2020-05-03 Gin

「秘密の花園」は1982年本多劇場こけら落としで
上演された唐十郎の舞台です。
一度友と観たあとに、あまりにも心打たれ
どうしてももう一回観たくなり当日券を買って
通路に座って観た記憶があります。

闇を切り裂く蒸気機関車の警笛で始まるこの舞台。
児童文学の「秘密の花園」よりは
「銀河鉄道の夜」に近い世界のような気がしています。
日暮里駅の陸橋にたたずむ
サラリーマン、アキヨシ(柄本明)が
仕事帰りの丘に寝転がる
銀河鉄道の夜のジョバンニと似ているような。
大貫さん(清水紘治)と一葉(緑魔子)は
銀河鉄道で乗り合わせた鳥捕り、燈台看守
川でおぼれたカンパネルラ
海難事故にあった乗客たちのように
どこか正体不明です。

登場人物たちをつないでいるのは
遠い遠いところまで続く線路のような「思い」。
メーテルリンクの「青い鳥」出てくる
生まれる前の「青い子供たち」のように
「再びまた会う」と信じる思いです。
アキヨシの姉の双葉と「日暮里の女」の一葉
二人の女性はそっくりで
妄想とも現実とも判別できない「秘密の花園」に
アキヨシは迷いこみます。

2004年に発売されたDVDには
作者の唐十郎と扇田昭彦の対談も収録されています。
「80年代は『多幸症』『はしゃぐ』『ノイズ』の時代で、
「観客と向き合うことがきつかった」と唐十郎は語っています。
この「秘密の花園」には
草笛のように聞こえる遠くの警笛に耳をすます
ノイズにかき消される音に耳をすましている
そんなシーンもありました

あの坂は怖い坂だね。
いい気になってかけ上がっていったはいいものの
あっという間に陽が暮れる
そして降りようとするともう闇だ


児童文学の「秘密の花園」は
伝染病で大人たちがいなくなった家に
蛇と少女が取り残されている
失われた楽園のような状態からはじまるのでした。
2020年代が、
まさか感染症による都市封鎖からはじまるとは。
桜の花が咲くまえから閉まってしまったあちこちの劇場が
はればれと開場できる日が一日も早く来ますように。


関連記事 in my blog: 耳鳴りのうた, うたかたの城, 秘密の花園


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村