空飛ぶ色いろnatsuno07

ようこそ! 
本に関すること、日々のこと、いろいろです。
ゆっくり遊んで行ってください。
文中敬称略とさせていただきます。
引用は青字にしています。

プロフィール

author: natsuno07 ♀
絵を見ることが好き。 読書が好き。文鳥が好き。
日常のあれこれ書いてます。
うちの文鳥


yumenosuke


natsuno07



@soratobuiroiro

更新通知なつぶやき


小鳥なつぶやき




カレンダー


04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最新記事




カテゴリでさがす

手書き風シリーズ星本の種類、など
記事のメインカテゴリーです。



キーワードでさがす




タグでさがす

手書き風シリーズ星記事の多い順です。


RSSリンクの表示




2016.12.14  エノケソ一代記 


enokeso0.jpg
(うちの文鳥が、恐れ多くもエノケソさんの顔に乗ってます。
すみません。)

世田谷パブリックシアターで「エノケソ一代記」を観てきました。
三谷幸喜の脚本で、猿之助と吉田羊が出演
エノケンの話かぁ、エノケンって、
サザンの歌詞に「エノケンロッパの芝居とちゅう・・」
てのがあったよね、とまるでわかってない状態で出かけました。
(エノケンロッパという人がいるのだと思っていた)
舞台がはじまってからしばらくしてようやく気づいたことに
エノケンじゃなくて、「えのけそ」
芝居の中の観客そのままに、だまされてしまっておったのでした。
戦前から戦後にかけて大人気だったという喜劇王
・・・に憧れ、尊敬し、偽者を各地で演じ続ける
「エノケソ」の可笑しくて、やがて悲しい物語。

そして、この芝居にはロッパ・・
いや、「くちっぱ」も登場して、なんと三谷幸喜が演じています。
はじめて観る三谷幸喜のお芝居で、
とってもレアな役者三谷幸喜を見ることができました。
ラッキーでした。くちっぱ、好きでした。
そして吉田羊は、思ったとおりの素敵っぷりでした。
他に好きだったのが山中崇の「柳沢さん」たち。
四国、東北、九州、関西、関東に出没する
さまざまな柳沢さんが、「おそまつくん」の5つ子のごとく
一人五役で登場します。
場面が変わるごとに、期待が高まるのです。
どんな柳沢さんが現れるだろうと。

舞台を見て大笑いしたあげくに、涙してしまいました。


よろしければポチっとお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト




← エノケソ一代記 その2 / Home / ダリ展 →

Comment Post


Name:
Title:

Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home