空飛ぶ色いろnatsuno07

ようこそ! 
本に関すること、日々のこと、いろいろです。
ゆっくり遊んで行ってください。
文中敬称略とさせていただきます。
引用は青字にしています。

プロフィール

author: natsuno07 ♀
絵を見ることが好き。 読書が好き。文鳥が好き。
日常のあれこれ書いてます。
うちの文鳥


yumenosuke


natsuno07



@soratobuiroiro

更新通知なつぶやき


小鳥なつぶやき




カレンダー


04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最新記事




カテゴリでさがす

手書き風シリーズ星本の種類、など
記事のメインカテゴリーです。



キーワードでさがす




タグでさがす

手書き風シリーズ星記事の多い順です。


RSSリンクの表示




2017.01.20  あおもり犬を見た夏の思い出 


Aomoribijutukan0.jpg

東京も雪がちらちらの寒い今日この頃です。
こんなときは、夏の思い出貯蔵庫へゴー。

去年の夏行った、青森県立美術館は真っ白な建物。
広々した緑の敷地に、まるで雪がつもっているようでした。

とはいえ、早朝から八戸の街を歩き回ったあげくの昼下がり、
青森ではめずらしいほどの暑さということで
いささか疲れてしまっておりました。
それゆえ、あまり丁寧に見ることもなく、
また、当初予定していたカフェでお茶とか、
ミュージアムショップでお買いもの、もスキップしてしまいました。

高さ8メートルという巨大なオブジェ「あおもり犬」は、
奈良美智の作品が集められているコーナーから見ることができます。
が、入館しないで外から見ることもできます。
ガラスの向こうに人がいるので、出口の場所を聞いたら
係の人が、「すべてをご覧になったあとで・・」
というので「なんで?」と思っていたらそういうこと。
ならば、こんな壁の中じゃなくて、ひろびろした
原っぱに置いてやればよくないか、とその時は思いましたが、
こうして冬の寒い日に考えると風よけがあるほうが楽かも。
とういうわけで、中から見ると
だいたいにおいては楽しそうに撮影している人々がいます。
(上の画像は右の方に人がいるのをトリミングしたもの。)
せっかく来て中を見ないなんてもったいないとは思いますが、
時間の限られた観光客の人には嬉しいかも。
奈良美智好きならば、中の展示がとても楽しいのでおすすめです。

またエネルギー切れの中でも、おお、と思ったのは
シャガールの「アレコ」
バレエの舞台背景画だそうですが、この巨大な美術館ならではの展示。
圧巻でした。

Aomoribijutukan.jpg

関連記事 in my blog: 十和田現代美術館 常設展

よろしければポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト




← ドールズタウン / Home / ぎん色いろ色 おもちつき →

Comment Post


Name:
Title:

Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home