空飛ぶ色いろnatsuno07

ようこそ! 
本に関すること、日々のこと、いろいろです。
ゆっくり遊んで行ってください。
文中敬称略とさせていただきます。
引用は青字にしています。

プロフィール

author: natsuno07 ♀
絵を見ることが好き。 読書が好き。文鳥が好き。
日常のあれこれ書いてます。
うちの文鳥


yumenosuke


natsuno07



@soratobuiroiro

更新通知なつぶやき


小鳥なつぶやき




カレンダー


04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最新記事




カテゴリでさがす

手書き風シリーズ星本の種類、など
記事のメインカテゴリーです。



キーワードでさがす




タグでさがす

手書き風シリーズ星記事の多い順です。


RSSリンクの表示




2016.11.29  金田一温泉 ユタと不思議な仲間たちの舞台 


金田一温泉
(ホテル金田一の大浴場の窓から見える緑、オンマウスで
馬淵川、この川がすぐ近くに流れています)

八戸から、いわて銀河鉄道に乗って、金田一温泉駅で降りると、
そこが、「ユタと不思議な仲間たち」の舞台となった町です。
八戸は、三浦哲郎の母方の家があったところで、
二戸のこの温泉町は父方の家があったところだそうです。
お話に出てくる銀林荘のモデルとなった緑風荘ではなく
駅に近い金田一ホテルに泊まりました。
ネムの花がいっぱい咲いていました。

昭和な感じの宿で、温泉も気持ちよかったです。
二階から入って、湯船のある一階に階段で降りていくと、
大きな窓の向こうに緑が見えて、
まるで、井の頭公園の熱帯鳥温室みたい。(今はない)
宿から駅の方へ戻って、それから馬淵川を渡り
なだらかな坂を上っていくと、三浦哲郎ゆかりの家がある高台に出ます。

金田一温泉
(看板に鴉がとまっていました。ダンジャ坂をのぼっていくと
三浦哲郎の父方の屋敷跡があります。オンマウスで、小学校跡地のモンゼ。)

途中にユタが通った分教場はこんな場所だったのだろうかという
廃校になった小学校がありました。
ところどころに、座敷わらしたちの看板があって、
見上げると外灯にも座敷わらしの絵が描かれています。
お話の中では、なんといっても
座敷わらしたちが梅雨明けに川で洗濯をする場面が好きでしたので、
ここかぁ、この川か・・と眺めてきました。
「まぶち」ではなくて、「まべち」と読むのだそうです。
この川は八戸まで流れていきます。
少しぼんやりしたお天気の日だったので、
またもっと「夏休み」という感じの頃に来てみたいと思うのでした。

金田一温泉
(今は使われていない小学校の校舎。オンマウスでズーム)

関連記事 in my blog: 熱帯鳥温室, ユタと不思議な仲間たち


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト




← ダリ展 / Home / 蕪島でウミネコとお近づきになる →

Comment Post


Name:
Title:

Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home