空飛ぶ色いろnatsuno07

ようこそ! 
本に関すること、日々のこと、いろいろです。
ゆっくり遊んで行ってください。
文中敬称略とさせていただきます。
引用は青字にしています。

プロフィール

author: natsuno07 ♀
絵を見ることが好き。 読書が好き。文鳥が好き。
日常のあれこれ書いてます。
うちの文鳥


yumenosuke


natsuno07



@soratobuiroiro

更新通知なつぶやき


小鳥なつぶやき




カレンダー


04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最新記事




カテゴリでさがす

手書き風シリーズ星本の種類、など
記事のメインカテゴリーです。



キーワードでさがす




タグでさがす

手書き風シリーズ星記事の多い順です。


2017.02.19  力いっぱいきりぎりす 



力いっぱいきりぎりす  
(岩崎書店 2009/12/10)
村上康司 編 nakaban 絵

昨年の3月には、西荻のURESICAで
『nakaban 個展「dessin」』を見ました。
先日の「ことばの生まれる風景」の画家のデッサン展です。
そのときに、「力いっぱい きりぎりす」という本を買いました。
虫、魚、鳥、動物が詠まれた俳句に
簡単な説明と絵がついている子供向けの絵本です。

連続したストーリがあるわけではないのですが、
14の句の絵のどこかに必ず帽子があるので、
こどもは、その帽子をさがしながら
先に進んでいくのかなと思います。
句の意味はわからなくても、絵の印象はこころに残り、
大人になって、ふとその句を探してみたくなるかもしれません。
そして帽子を追っかけてきた子供は、
ラストの3句で、列車に乗ります。
「露地裏を夜汽車と思う金魚かな」
露地裏から走り出した夜汽車が
見上げるように高い鉄道橋を渡り、
「なかよしの未知なる獏や朧の夜」
ついには天の川を走って行きます。
「長生きの象を洗ひぬ天の川」
そして夜汽車の窓から
さようならというように差し出された帽子
それが最後の絵です。

もし、銀河鉄道の夜を読んだことがあるなら
「イギリス海岸」を歩く宮澤賢治の写真を見たことがあるなら
あの帽子どこかで見たような・・と思うかもしれません。
ジョバンニが死んだ友だちと一緒に乗った銀河鉄道に
とても良く似ています。
それぞれの句の中にある一瞬一瞬の連続が
大きな宇宙へと広がっていくようです。

涼風に力いっぱいきりぎりす(一茶)
やがて死ぬ景色は見えず蝉の声(芭蕉)
この二つの句が並んでいるのも面白いと思いました。
ぎりぎりすの方は、
画面いっぱい怖いくらい巨大に存在しています。
いっぽう蝉の方は、あわい緑の空間に小さく飛んでいるシルエットが
儚く見えるのみです。
それぞれの俳人の死生観というものが、
絵の視点の違いで際立ちます。
生きて、死ぬということの意味。
子供がそういうことを考えるのはもっとずっと先のことでしょうが、
幼いときにこの本に出会ったら、
何を考えていただろう、と思うのでした。

関連記事 in my blog: SL銀河に乗ってきた

よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト




← お勢登場 / Home / ことばの生まれる景色  →

Comment Post


Name:
Title:

Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home