空飛ぶ色いろnatsuno07

ようこそ! 
本に関すること、日々のこと、いろいろです。
ゆっくり遊んで行ってください。
文中敬称略とさせていただきます。
引用は青字にしています。

プロフィール

author: natsuno07 ♀
絵を見ることが好き。 読書が好き。文鳥が好き。
日常のあれこれ書いてます。
うちの文鳥


yumenosuke


natsuno07



@soratobuiroiro

更新通知なつぶやき


小鳥なつぶやき




カレンダー


04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


記事の年月でさがす


2017年 04月 【13件】
2017年 03月 【15件】
2017年 02月 【12件】
2017年 01月 【7件】
2016年 12月 【9件】
2016年 11月 【13件】
2016年 10月 【2件】
2016年 09月 【3件】
2016年 08月 【6件】
2016年 07月 【8件】
2016年 06月 【9件】
2016年 05月 【12件】
2016年 03月 【8件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【2件】
2015年 12月 【8件】
2015年 11月 【3件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【4件】
2015年 04月 【6件】
2015年 03月 【7件】
2015年 02月 【5件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【3件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【3件】
2014年 05月 【6件】
2014年 04月 【6件】
2014年 03月 【8件】
2014年 02月 【3件】
2014年 01月 【3件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【4件】
2013年 09月 【12件】
2013年 08月 【15件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【11件】
2013年 05月 【11件】
2013年 04月 【6件】
2013年 03月 【7件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【4件】
2012年 10月 【5件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【10件】
2012年 07月 【10件】
2012年 06月 【2件】
2012年 05月 【7件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【10件】
2012年 02月 【7件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【13件】
2011年 09月 【5件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【15件】
2011年 06月 【6件】
2011年 05月 【9件】
2011年 04月 【11件】
2011年 03月 【5件】
2011年 02月 【5件】
2011年 01月 【13件】
2010年 12月 【7件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【10件】
2010年 09月 【8件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【16件】
2010年 06月 【18件】
2010年 05月 【13件】
2010年 04月 【16件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【2件】
2009年 12月 【11件】
2009年 11月 【11件】
2009年 10月 【12件】
2009年 09月 【5件】
2009年 08月 【16件】
2009年 07月 【15件】
2009年 06月 【8件】
2009年 05月 【14件】
2009年 04月 【18件】
2009年 03月 【11件】
2009年 02月 【13件】
2009年 01月 【22件】
2008年 12月 【13件】
2008年 11月 【18件】
2008年 10月 【7件】



カテゴリでさがす

手書き風シリーズ星本の種類、など
記事のメインカテゴリーです。



キーワードでさがす




タグでさがす

手書き風シリーズ星記事の多い順です。


2016.09.04  あべ弘士の動物王国展 


bessekai.jpg
新世界へ
(偕成社 2012/11)
あべ 弘士

ちひろ美術館は西武線上井草駅から10分くらい。
うちからは歩くと40分くらいはかかりますが、
荻窪からバスに乗って、青梅街道の混雑に巻き込まれて
ああ、いつになったらつけるの?と思っているうちに
40分くらいたってしまうし、思い切って徒歩で行ってみました。
ちょっとしたいい運動になってキモチよかったです。
企画展は「あべ弘士の動物王国展」(11月6日まで)

二階には動物を主役にしたねぶた絵が
部屋の4面に飾られていて、それはそれは迫力がありました。
一階の部屋では、アクリル製?のフラミンゴの群れもいて
大きな飛び出す絵本のようです。

なんといっても心奪われたのが、
北極からイギリスや北海沿岸の越冬地にむかう
カオジロガンの「渡り」を描いた「新世界へ」という絵本の原画でした。
かぎ型に、さお型に群れの形を変えながら
飛行していくカオジロガン、
下界の風景も海、雪原、山脈、とさまざまに変化していきます。
そして、圧巻なのがウミガラスの群れと
入り乱れながら飛んでいく風景でした。
オロロン鳥とか北のペンギンなんて呼ばれるウミガラスは、
北海道では絶滅危機に瀕しているそうです。
そんなウミガラスが大群で飛んでいる景色はもう夢のようです。
「ここがかれらの世界だ」
岩肌にたくさんのウミガラスが止まっているコロニーを見下ろし
カオジロガンはさらに先へ飛んでいきます。
300kmを1ヵ月かけて飛び続けるのだそうです。
かっこいいなぁ。
動物王国
(館内にも動物がいっぱい。オンマウスで、別の画像が見えます。)

関連記事in my blog: ライオンのながいいちにち

よろしければポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト




← 張子の白文鳥 / Home / 妖怪たちの存在感 →

Comment Post


Name:
Title:

Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home