空飛ぶ色いろnatsuno07

ようこそ! 
本に関すること、日々のこと、いろいろです。
ゆっくり遊んで行ってください。
文中敬称略とさせていただきます。
引用は青字にしています。

プロフィール

author: natsuno07 ♀
絵を見ることが好き。 読書が好き。文鳥が好き。
日常のあれこれ書いてます。
うちの文鳥


yumenosuke


natsuno07



@soratobuiroiro

更新通知なつぶやき


小鳥なつぶやき




カレンダー


04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最新記事




カテゴリでさがす

手書き風シリーズ星本の種類、など
記事のメインカテゴリーです。



キーワードでさがす




タグでさがす

手書き風シリーズ星記事の多い順です。


RSSリンクの表示




2016.09.03  妖怪たちの存在感 



戦国時代のハラノムシ―『針聞書』のゆかいな病魔たち
2007/4/30
長野 仁 (編集), 東 昇 (編集)

江戸東京博物館でやっていた「大妖怪展」をお盆の頃に見に行きました。
もう終わってしまっているので、今更ですが、ほんと面白かったです。

なかでも「針聞書」と「姫国山海録」に登場する皆様方
それぞれに、厄介だったり剣呑だったりする性質があるようですが、
ほのぼの感と不気味可愛いさを漂わせていました。
たとえば「針聞書」に出てくる肝臓にとりつくというソリの肝ムシは、
うちの文鳥もときどきこんな顔しますよ
みたいな表情をうかべて、わーい、と腕を広げているのです。
すっとこどっこい感が半端ない。
もしお医者さんに行って、
「ごらんなさい。あなたの体のなかにはこれがいる」と見せられたら、
自分よりお医者さんを哀れに思ってしまいそうです。

すっかりハラノムシに惹かれて、本を買いました。
「針聞書」のめんめんは、九州博物館から来ていたのでした。
この本の中で「蛇型」としてまとめられているムシたちは、
どいつもこいつも似た感じですが、その形態ゆえに
「文字」のようでもあります。
文字にも力がこもるという意味を考えたりしました。

8月はまだウォークラリー中だったので、
隅田川の厩橋の方まで散歩しました。
風景はすっかり変わったでしょうが、
川があることは江戸の昔も今も変わりません。
夜の隅田川はなんだか底知れない感じで
流れも速そうだし怖いのでした。
暗闇から現れたらたとえジバニャンだって怖い、
その怖いと思うキモチは大切なこと
忘れてはいけないこと、
妖怪たちの存在感はそこにあるのだなと
なんだかしきりに思う
妖怪展の帰り道でした。

よろしければポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト




← あべ弘士の動物王国展 / Home / 卒業の夏 →

Comment Post


Name:
Title:

Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home