空飛ぶ色いろnatsuno07

ようこそ! 
本に関すること、日々のこと、いろいろです。
ゆっくり遊んで行ってください。
文中敬称略とさせていただきます。
引用は青字にしています。

プロフィール

author: natsuno07 ♀
絵を見ることが好き。 読書が好き。文鳥が好き。
日常のあれこれ書いてます。
うちの文鳥


yumenosuke


natsuno07



@soratobuiroiro

更新通知なつぶやき


小鳥なつぶやき




カレンダー


04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最新記事




カテゴリでさがす

手書き風シリーズ星本の種類、など
記事のメインカテゴリーです。



キーワードでさがす




タグでさがす

手書き風シリーズ星記事の多い順です。


RSSリンクの表示




2016.08.12  十和田市現代美術館 大宮エリーの商店街美術館 


商店街美術館
(オンマウスで、カフェにも大きな絵がありました。)

常設展と企画展は別物とくっきりわかれている美術館もありますが、、
十和田市現代美術館は、常設展と企画展が
光のリボンで結ばれているような建物の作りになっていて
ゆるやかにつながっているように感じられました。
この夏の企画展は、
大宮エリーの「シンシアリー・ユアーズ (Sincerely yours)」。
ちょっと古めかしい言葉なのだろうか、
よくわかりませんが、響きが好きな言葉です。
手紙の末尾をしめる慣用句。

カラフルで明るい絵の数々は、大宮エリーから
被災地復興に日々取り組んでいる東北の人々への
ストレートなエールが込められた作品でした。

そして、それがさらに「大宮エリーの商店街美術館」として、
街道沿いの商店街へもつながっていきます。
見ているときは、まさかそれも作品だとは気付かず、
ここの商店街の屋根きれいだなと思っていたら、
「虹のアーケード」という作品でした。
ここに陽がさすと、商店街の歩道に虹色の光が落ちて
それこそ虹を踏んでいくような感じでした。
通りのあちこちにアート作品があります。
ちょっと下界まで降りてきちゃった雲みたいなオブジェだとか
空気のきらきらを集めているらしき網だとか。

商店街美術館
(七色の屋根、オンマウスで、自転車の横で待っている雲。)

これまでもいろいろな形で、
昭和なレトロ感のある空き店舗を使ってアート作品が展示されていたようです。

商店街美術館
(アトリエ十和田のガラス扉の向こうに森。
オンマウスで、アトリエ十和田の外灯と森と映りこんでいる通りを走る車の
パラレルワールド。)

商店街美術館
(「儀式の部屋」。虹のアーケードのすぐ近くの角っこのお店で、
床だとか入り口のタイルが凝っています。)

ほぼ半日、とても楽しかったのでした。

よろしければポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト




← ぎん色いろ色ーねこのお客 / Home / 十和田市現代美術館 常設展 →

Comment Post


Name:
Title:

Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home