空飛ぶ色いろnatsuno07

ようこそ! 
本に関すること、日々のこと、いろいろです。
ゆっくり遊んで行ってください。
文中敬称略とさせていただきます。
引用は青字にしています。

プロフィール

author: natsuno07 ♀
絵を見ることが好き。 読書が好き。文鳥が好き。
日常のあれこれ書いてます。
うちの文鳥


yumenosuke


natsuno07



@soratobuiroiro

更新通知なつぶやき


小鳥なつぶやき




カレンダー


04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最新記事




カテゴリでさがす

手書き風シリーズ星本の種類、など
記事のメインカテゴリーです。



キーワードでさがす




タグでさがす

手書き風シリーズ星記事の多い順です。


RSSリンクの表示




2016.07.17  じつは函館で市電にも乗ってきた 


函館市電
(マウスをのせると車内が見えます。)

青森よりも、岩手よりも前の話ですが、朝の4時起きして飛行機に乗り、
函館に行きました。
朝の気配の残る港町函館を走る市電は、
はっぴいえんどの「風をあつめて」みたい。

しみだらけの
もやごしに
起きぬけの路面電車が
海を渡るのが 見えたんです


この歌が入っているアルバム「風街ろまん」は、1971年にリリース、45年前です。
オンタイムでは知らなかったけど、1980年代、リバイバルで流行りました。
ちなみに大瀧詠一は岩手の人。

吉本ばななの「キッチン」を森田芳光が映画化した時に舞台となったのが函館。
オープニングの澄んだ感じの音楽と夜の市電や坂を走る市電が印象的でした。
1989年の作品で、こちらはほぼ30年も前です。

市電に乗るとタイムトリップできるような、パラレルワールドにまぎれこんだような、不思議な気持ちになります。
古いことを思い出してうれしいような、愕然とするような。


hakodateshiden1.jpg
こんな子たちもいました

関連記事 in my blog: 映画 武士の家計簿

よろしければポチっとお願いいたします。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



←続きを読む



← 画家の詩、詩人の絵 / Home / そして青い森鉄道にも乗ってきた →

Comment Post


Name:
Title:

Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home