空飛ぶ色いろnatsuno07

ようこそ! 
本に関すること、日々のこと、いろいろです。
ゆっくり遊んで行ってください。
文中敬称略とさせていただきます。
引用は青字にしています。

プロフィール

author: natsuno07 ♀
絵を見ることが好き。 読書が好き。文鳥が好き。
日常のあれこれ書いてます。
うちの文鳥


yumenosuke


natsuno07



@soratobuiroiro

更新通知なつぶやき


小鳥なつぶやき




カレンダー


08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


記事の年月でさがす


2017年 09月 【6件】
2017年 08月 【12件】
2017年 07月 【6件】
2017年 06月 【10件】
2017年 05月 【13件】
2017年 04月 【14件】
2017年 03月 【15件】
2017年 02月 【12件】
2017年 01月 【7件】
2016年 12月 【9件】
2016年 11月 【13件】
2016年 10月 【2件】
2016年 09月 【3件】
2016年 08月 【6件】
2016年 07月 【8件】
2016年 06月 【9件】
2016年 05月 【12件】
2016年 03月 【8件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【2件】
2015年 12月 【8件】
2015年 11月 【3件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【4件】
2015年 04月 【6件】
2015年 03月 【7件】
2015年 02月 【5件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【3件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【3件】
2014年 05月 【6件】
2014年 04月 【6件】
2014年 03月 【8件】
2014年 02月 【3件】
2014年 01月 【3件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【4件】
2013年 09月 【12件】
2013年 08月 【15件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【11件】
2013年 05月 【11件】
2013年 04月 【6件】
2013年 03月 【7件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【4件】
2012年 10月 【5件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【10件】
2012年 07月 【10件】
2012年 06月 【2件】
2012年 05月 【7件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【10件】
2012年 02月 【7件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【13件】
2011年 09月 【5件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【15件】
2011年 06月 【6件】
2011年 05月 【9件】
2011年 04月 【11件】
2011年 03月 【5件】
2011年 02月 【5件】
2011年 01月 【13件】
2010年 12月 【7件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【10件】
2010年 09月 【8件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【16件】
2010年 06月 【18件】
2010年 05月 【13件】
2010年 04月 【16件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【2件】
2009年 12月 【11件】
2009年 11月 【11件】
2009年 10月 【12件】
2009年 09月 【5件】
2009年 08月 【16件】
2009年 07月 【15件】
2009年 06月 【8件】
2009年 05月 【14件】
2009年 04月 【18件】
2009年 03月 【11件】
2009年 02月 【13件】
2009年 01月 【22件】
2008年 12月 【13件】
2008年 11月 【18件】
2008年 10月 【7件】



カテゴリでさがす

手書き風シリーズ星本の種類、など
記事のメインカテゴリーです。



キーワードでさがす




タグでさがす

手書き風シリーズ星記事の多い順です。


RSSリンクの表示




2016.07.05  SL銀河でみつけた絵本 


銀河鉄道
銀河鉄道の夜
(ミキハウス 2013/10)
宮澤賢治 作 金井一郎 絵

SL銀河の2号車には、宮澤賢治の作品をあつめた書棚があって、
「銀河鉄道の夜」は文庫も絵本も幾種類か置かれています。
その中で、手に取ったのがこの絵本。
「陰り絵」と呼ばれている方法で作成された絵で、
黒のラシャ紙に穴をあけて、そこから光を通すことで描かれているそうです。
「銀河鉄道の夜」や「風の又三郎」は
挿絵がない方がいいなとずっと思っていましたが、
この絵本は絵があってこそ、はじめて気づくことがありました。

銀河鉄道の夜は、天の川を説明する
授業風景からはじまります。先生は言います。
「つまり私どもも天の川の中に棲んでいるわけです」

乳の流れたあと(ミルキーウェー)と言われたり、
川だといわれている銀河
地球もまたその小さなまたたきの一つです。
そこで川に落ちた友を助けようとしておぼれたカンパネルラと
病身の母のために牛乳を取りにいくジョバンニが
夜汽車に乗り合わせ不思議な銀河の世界を体験します。

でも現実世界の夜の川面は無情に星空を映すばかり、
子を失った父親(博士)が立ちすくんでいます。
この悲しみのなかにある人が、ジョバンニにとっては嬉しい
ニュースを伝えてくれます。
ジョバンニはもういろんなことで胸がいっぱいで
なんにも云えずに博士の前をはなれて
早くお母さんに牛乳を持って行って
お父さんの帰ることを知らせようと思うと
もう一目散に河原を街の方へ走りました


悲しみも喜びも同時に存在する
物語の終わりが、最初の学校の先生のことばと、
環になってつながった感じがしたのはこの絵本が初めてでした。

もう一つ、きのうの記事に書いた張子の鳥と同じコーナーに飾られていた、
版画がとても素敵でした。
岩手出身の大場冨生の作品です。
山頭火の句と版画がコラボしている本があるそうなので
見てみたいなと思うのでした。

銀河鉄道0
これもまた「銀河コレクション」のひとつです。

関連記事 in my blog: 星と森と絵本の家

よろしければポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト




← 三陸鉄道にも乗ってきた / Home / SL銀河に乗ってきた その2 →

Comment Post


Name:
Title:

Secret:管理者にだけ表示を許可する

 Home