空飛ぶ色いろnatsuno07

ようこそ! 
本に関すること、日々のこと、いろいろです。
ゆっくり遊んで行ってください。
文中敬称略とさせていただきます。
引用は青字にしています。

プロフィール

author: natsuno07 ♀
絵を見ることが好き。 読書が好き。文鳥が好き。
日常のあれこれ書いてます。
うちの文鳥


yumenosuke


natsuno07



@soratobuiroiro

更新通知なつぶやき


小鳥なつぶやき




カレンダー


04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最新記事




カテゴリでさがす

手書き風シリーズ星本の種類、など
記事のメインカテゴリーです。



キーワードでさがす




タグでさがす

手書き風シリーズ星記事の多い順です。


2016.03.24  サルビルサ 


サルビルサ
サルビルサ
(架空社 1996/9)
スズキ コージ 作

去年の今頃、ちひろ美術館で
「聖(セント)コージズキンの誘惑展」を見て大感動したのですが、
全然ブログに書けずについに1年たってしまいました。
その時買った絵本のうちの1冊が「サルビルサ」

ある時、同時にしとめた一頭の獲物をめぐって、
国と国とが戦いになります。
王みたいな殿みたいな謎の指導者二人は相討ちとなり
兵隊たちはちりぢりに逃げ出していきます。
そして残った獲物を仲間と一緒に美味しくいただいたのは
コンドルみたいな禿鷹みたいな、謎の鳥でしたとさ、
というお話です。

片方が「ビレモジ!」と雄叫び出陣すると、
片方は「ジモレビ!」と叫んでの出陣。
どの言葉をとっても、この二つの国のことばは、反対コトバ。
でも気が付いたら、つながって上から読んでも
下から読んでも同じ言葉になっていた。
サルビルサ、サルビルサと鳴きながら
黒い鳥は拾った獲物を運んでいきます。

うまいことをやった鳥さん、
でも、現実はそうでもないらしいです。
鉛銃で狩猟された鹿などが放置され
それを頂戴したワシタカ類たちが鉛中毒になっているという。
この絵本の黒い鳥に似た絶滅危惧種コンドルも
鉛弾の摂取による中毒死が減少の一因だそうです。
ワシタカが生息するということは、
自然界の調和が保たれているということ。
そうか、サルビルサはいのちが循環できるという
「いただきます」のことばなんだな、となんだか思うのでした。

関連記事 in my blog: みんなだれかに

よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト




← 重版出来 / Home / 野鴨中毒 →

Comment Post


Name:
Title:

Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home