空飛ぶ色いろnatsuno07

ようこそ! 
本に関すること、日々のこと、いろいろです。
ゆっくり遊んで行ってください。
文中敬称略とさせていただきます。
引用は青字にしています。

プロフィール

author: natsuno07 ♀
絵を見ることが好き。 読書が好き。文鳥が好き。
日常のあれこれ書いてます。
うちの文鳥


yumenosuke


natsuno07



@soratobuiroiro

更新通知なつぶやき


小鳥なつぶやき




カレンダー


04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最新記事




カテゴリでさがす

手書き風シリーズ星本の種類、など
記事のメインカテゴリーです。



キーワードでさがす




タグでさがす

手書き風シリーズ星記事の多い順です。


RSSリンクの表示




2017.03.15  うみのがくたい 


うみのがくたい
(マウスを乗せると、海の生き物たちの演奏が始まったところ。)

うみのがくたい こどものとも傑作集
(福音館 1964/2)
大塚 勇三 作 丸木 俊 絵

あゆみBOOKSのブックカバーは、象の他に
花から飛び出すクジラの絵もあります。
それで思い出したこの絵本。
50年以上前の絵本で、丸木俊の絵がとても素敵です。

ある船では働いている人たちが音楽が好きで
ゆうがたになると甲板で合奏していました。
音楽が始まると、いつの間にかクジラや鮫やイルカも集まってきます。
海の生き物たちも音楽を楽しんでいました。
あるとき船は嵐に襲われ・・

この絵本とは真逆の話ですが、
人語を理解するようになったイルカが
政治的謀略に巻き込まれる古いSF映画「イルカの日」の
テーマ音楽を思い出します。
澄んでいて、輝いていて、物哀しい。

丸木俊と聞くと、「原爆の絵」の人という印象が強かったのですが、
はじめて古書でこの絵本を見たとき、あの「絵図」とはかけ離れた
美しさと可憐さに驚きました。

関連記事 in my blog: つつじむすめ,
 平塚美術館 香月泰男のシベリアシリーズ


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト




← ロルカ詩集 優しい恋歌 / Home / あゆみBOOKS 小石川店 →

Comment Post


Name:
Title:

Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home