空飛ぶ色いろnatsuno07

ようこそ! 
本に関すること、日々のこと、いろいろです。
ゆっくり遊んで行ってください。
文中敬称略とさせていただきます。
引用は青字にしています。

プロフィール

author: natsuno07 ♀
絵を見ることが好き。 読書が好き。文鳥が好き。
日常のあれこれ書いてます。
うちの文鳥


yumenosuke


natsuno07



@soratobuiroiro

更新通知なつぶやき


小鳥なつぶやき




カレンダー


04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最新記事




カテゴリでさがす

手書き風シリーズ星本の種類、など
記事のメインカテゴリーです。



キーワードでさがす




タグでさがす

手書き風シリーズ星記事の多い順です。


RSSリンクの表示




2016.01.21  最後の展覧会 


近代美術館 鎌倉館

10月にPart IIIがはじまったらすぐに行こうと思いながら、
結局、終了まであと10日ほどになってから慌てて出かけてきました。
お正月は終わったとはいえ、まだ1月だから
鶴岡八幡に行く人で混んでいるかなぁと心配していたら、
それどころじゃない。
美術館自体がめちゃくちゃ混んでました。
チケット売り場の前に列。
二階のカフェもいっぱいで、順番待ちをしている人がいます。
テラスや中庭で写真を撮っている人も多数です。

一階のテラスのひさしに池の水の反射光が映るのが
なんとも好きでしたが、日差しが弱くてうっすら見えるだけ。
もう、すでに建物の影が薄くなっているそんな印象でした。
池のこちらからあらためて美術館を眺めると、
閉館に向けて外壁の塗り替えなどはずっと行われていなかったろうし、
なんかすっかり古びて見えました。
特に寂れている印象が強いのは、渡廊下をはさんで向こう側の新館。
なんで、開けてないのだろうとずっと思っていましたが、
耐震性に問題があるということで2007年から閉鎖されていたのだそうです。
大きな絵を展示できるダイナミックな空間だった、そんな記憶があります。
こちらはそういうわけで美術館が引っ越したあとは取り壊されるそうですが、
本館部分は鶴岡八幡と県で文化施設として残すとか。
ということは、またこの池をこのテラスから眺めることもできるのかな。
近代美術館 鎌倉館
(テラスのひさしに映る冬の光:マウスをのせると閉ざされたままの新館との間にたたずむ彫刻)

中庭やイサムノグチの彫刻も残るでしょうか?
そうならうれしいことです。
展示されている絵は、葉山館で見たことのある絵もけっこうありました。
近代美術館所蔵であれば、また葉山で見ることができるかもしれません。
そういえば、歴代の館長さんと、学芸員さんの写真が展示されていました。
中でも印象的だったのが、1960年から70年くらいかと思われる
学芸員4人衆の写真。
たった今の風に吹かれている、そういう感じがする写真でした。

近代美術館 鎌倉館
(昭和っぽいデザインの壁:マウスをのせるとイサム・ノグチのコケシです。)

関連記事 in my blog: 神奈川県立近代美術館 鎌倉館,  鎌倉からはじまった 初秋,  
松田正平展 陽だまりの色と形

よろしければポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト




← プラド美術館展 / Home / Review 2015 その2 →

Comment Post


Name:
Title:

Secret:管理者にだけ表示を許可する


いよいよ最後なんですね。混んでるのは美術館自体のファンに加えて、私みたいに日曜美術館を見て行きたくなった人もあるんじゃないでしょうか? 私は閉館までに行けないけど、様子がとてもよくわかりました。
池に佇んでるのはジャコメッティですか? 池も残るなら、いつか実物を見てみたいです。
2016.01.24(23:50) / URL / モモ母 / [ Edit ]


池にたたずんでいるのは


ジャコメッティだそうです。
鳥に止まり木にされてます。
池はハスの季節がきれいですよー。
そうそう日曜美術館見てないので、見たかったなぁと思いました。
2016.01.29(21:13) / URL / natsuno07 / [ Edit ]


Trackback

TB*URL  
 Home