空飛ぶ色いろnatsuno07

ようこそ! 
本に関すること、日々のこと、いろいろです。
ゆっくり遊んで行ってください。
文中敬称略とさせていただきます。
引用は青字にしています。

プロフィール

author: natsuno07 ♀
絵を見ることが好き。 読書が好き。文鳥が好き。
日常のあれこれ書いてます。
うちの文鳥


yumenosuke


natsuno07



@soratobuiroiro

更新通知なつぶやき


小鳥なつぶやき




カレンダー


04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最新記事




カテゴリでさがす

手書き風シリーズ星本の種類、など
記事のメインカテゴリーです。



キーワードでさがす




タグでさがす

手書き風シリーズ星記事の多い順です。


2015.10.31  図説 プラハ: 塔と黄金と革命の都市 


zusetu puraha
図説 プラハ (ふくろうの本/世界の歴史)
(河出書房新社 2011/1/30)
片野 優・須貝 典子

「図説 プラハ」は、プラハの建物の歴史的背景と、
建物のどこを見るのか、どんなところを見るのか
わかりやすく書かれている本です。

泊まるのを「ホテルパリ=ホテル・パジージュ」に決めたのは、
バス停から近くて便利というのもさることながら、
この本の中で紹介されているモザイクで飾られている玄関のアーチに
ものすごく心惹かれていたからでした。
(前の記事に玄関の画像を載せています。)
ひまわりのモザイクに綺麗なブルー。
東欧だけれど、ちょっと南の感じがしています。

「華麗なるアールヌーボーを探して」
のページではほかに、プラハ駅、ホテル・エヴロバも紹介されています。
プラハ駅はRenewal されていて、
「長年化粧直ししていないせいか、黒くすすけて
どこか退廃的な雰囲気が漂っている」

といった古びた雰囲気はなくなっていました。
駅カフェでお茶をしたかったのに、それも見当たりません。
ならばホテルの一階にあるカフェ・エヴロバに行ってみようと歩いていくと、
入り口の前には衝立が立っていて工事中。
2016年に再オープンという情報をみかけたのですがどうなんでしょうか。
見上げると、ホテルらしき建物は残っていました。

アールヌーボーはその「退廃的」な雰囲気も
魅力のひとつだと思いますが、植物的な感じ
「秘密の花園」的な感じもいいんですよね。
すすけてないプラハの駅は、植物園の温室みたいな
雰囲気がありました。

ホテルパリ玄関
(プラハ駅。マウスをのせると、ホテル・エヴロパの壁面が見えます。)


よろしければポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村


関連記事 in my blog:  Hotel Paris プラハ その1
関連記事
スポンサーサイト




← Hotel Paris プラハ その2 / Home / Hotel Paris プラハ その1 →

Comment Post


Name:
Title:

Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home