空飛ぶ色いろnatsuno07

ようこそ! 
本に関すること、日々のこと、いろいろです。
ゆっくり遊んで行ってください。
文中敬称略とさせていただきます。
引用は青字にしています。

プロフィール

author: natsuno07 ♀
絵を見ることが好き。 読書が好き。文鳥が好き。
日常のあれこれ書いてます。
うちの文鳥


yumenosuke


natsuno07



@soratobuiroiro

更新通知なつぶやき


小鳥なつぶやき




カレンダー


09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


記事の年月でさがす


2017年 10月 【2件】
2017年 09月 【8件】
2017年 08月 【12件】
2017年 07月 【6件】
2017年 06月 【10件】
2017年 05月 【13件】
2017年 04月 【14件】
2017年 03月 【15件】
2017年 02月 【12件】
2017年 01月 【7件】
2016年 12月 【9件】
2016年 11月 【13件】
2016年 10月 【2件】
2016年 09月 【3件】
2016年 08月 【6件】
2016年 07月 【8件】
2016年 06月 【9件】
2016年 05月 【12件】
2016年 03月 【8件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【2件】
2015年 12月 【8件】
2015年 11月 【3件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【4件】
2015年 04月 【6件】
2015年 03月 【7件】
2015年 02月 【5件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【3件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【3件】
2014年 05月 【6件】
2014年 04月 【6件】
2014年 03月 【8件】
2014年 02月 【3件】
2014年 01月 【3件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【4件】
2013年 09月 【12件】
2013年 08月 【15件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【11件】
2013年 05月 【11件】
2013年 04月 【6件】
2013年 03月 【7件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【4件】
2012年 10月 【5件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【10件】
2012年 07月 【10件】
2012年 06月 【2件】
2012年 05月 【7件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【10件】
2012年 02月 【7件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【13件】
2011年 09月 【5件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【15件】
2011年 06月 【6件】
2011年 05月 【9件】
2011年 04月 【11件】
2011年 03月 【5件】
2011年 02月 【5件】
2011年 01月 【13件】
2010年 12月 【7件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【10件】
2010年 09月 【8件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【16件】
2010年 06月 【18件】
2010年 05月 【14件】
2010年 04月 【16件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【4件】
2009年 12月 【11件】
2009年 11月 【11件】
2009年 10月 【12件】
2009年 09月 【5件】
2009年 08月 【16件】
2009年 07月 【15件】
2009年 06月 【8件】
2009年 05月 【14件】
2009年 04月 【19件】
2009年 03月 【12件】
2009年 02月 【14件】
2009年 01月 【23件】
2008年 12月 【14件】
2008年 11月 【19件】
2008年 10月 【7件】



カテゴリでさがす

手書き風シリーズ星本の種類、など
記事のメインカテゴリーです。



キーワードでさがす




タグでさがす

手書き風シリーズ星記事の多い順です。


RSSリンクの表示




2015.07.16  火花 



火花
(2015/3/11) 又吉 直樹

なんと又吉さん、あれよあれよという間に。
芥川賞受賞作品を、受賞前に読んでいたのは初めてです。
読み終えてから、無性に吉祥寺の井の頭公園に
行きたくなり、ほっつき歩いたりしました。
昔はもっと昭和な感じの残っていた吉祥寺駅前も
すっかり様変わりして、公園入口の焼き鳥屋さんもきれいなお店に。
でも、そんな変化はどこ吹く風の木立の奥深さがあります。
そして昭和の高度成長期には大盛況だった観光地、熱海は
今は廃墟好きのメッカ。
それはそれで、いいようのない美しさを作り出していたりします。
街が賑わったり、寂れたり
その中でわあっと飛び散る火花みたいな笑い声
その暗さ、明るさ。
その酷さと無邪気さが雑然と存在している、そんな小説でした。

小説のラスト近くに打ちあがった誰かのプロポーズの花火、そのしょぼさと
上がった歓声の盛大さがこんな風に書かれています。

支払った対価に「想い」が反映されないという、
世界の圧倒的な無情さに対して笑ったのだ。
しかし、次の瞬間、僕達の耳に聞こえてきたのは、
今までとは比にならないほどの万雷の拍手と歓声だった


その歓声は、冒頭の熱海のシーンで、
「先輩」芸人が幼い少女に言う「楽しい地獄」に似たものなのか、
花火が上がる雑踏の中のこのシーンがわたしはとりわけ好きでした。
ところで、単行本の表紙に描かれているあの赤いのはなんだろう。
ずっと不思議に思っています。
宮澤賢治の「祭りの晩」に出てくる見せ物の「空気獣」みたいな。

関連記事 in my blog: 第2図書係補佐,  父が消えた 山の贈り物

よろしければポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト




← 夏のいただきもの / Home / うたかたの城 →

Comment Post


Name:
Title:

Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home