空飛ぶ色いろnatsuno07

ようこそ! 
本に関すること、日々のこと、いろいろです。
ゆっくり遊んで行ってください。
文中敬称略とさせていただきます。
引用は青字にしています。

プロフィール

author: natsuno07 ♀
絵を見ることが好き。 読書が好き。文鳥が好き。
日常のあれこれ書いてます。
うちの文鳥


yumenosuke


natsuno07



@soratobuiroiro

更新通知なつぶやき


小鳥なつぶやき




カレンダー


07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


記事の年月でさがす


2017年 08月 【4件】
2017年 07月 【6件】
2017年 06月 【10件】
2017年 05月 【13件】
2017年 04月 【14件】
2017年 03月 【15件】
2017年 02月 【12件】
2017年 01月 【7件】
2016年 12月 【9件】
2016年 11月 【13件】
2016年 10月 【2件】
2016年 09月 【3件】
2016年 08月 【6件】
2016年 07月 【8件】
2016年 06月 【9件】
2016年 05月 【12件】
2016年 03月 【8件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【2件】
2015年 12月 【8件】
2015年 11月 【3件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【4件】
2015年 04月 【6件】
2015年 03月 【7件】
2015年 02月 【5件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【3件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【3件】
2014年 05月 【6件】
2014年 04月 【6件】
2014年 03月 【8件】
2014年 02月 【3件】
2014年 01月 【3件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【4件】
2013年 09月 【12件】
2013年 08月 【15件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【11件】
2013年 05月 【11件】
2013年 04月 【6件】
2013年 03月 【7件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【4件】
2012年 10月 【5件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【10件】
2012年 07月 【10件】
2012年 06月 【2件】
2012年 05月 【7件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【10件】
2012年 02月 【7件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【13件】
2011年 09月 【5件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【15件】
2011年 06月 【6件】
2011年 05月 【9件】
2011年 04月 【11件】
2011年 03月 【5件】
2011年 02月 【5件】
2011年 01月 【13件】
2010年 12月 【7件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【10件】
2010年 09月 【8件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【16件】
2010年 06月 【18件】
2010年 05月 【13件】
2010年 04月 【16件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【2件】
2009年 12月 【11件】
2009年 11月 【11件】
2009年 10月 【12件】
2009年 09月 【5件】
2009年 08月 【16件】
2009年 07月 【15件】
2009年 06月 【8件】
2009年 05月 【14件】
2009年 04月 【18件】
2009年 03月 【11件】
2009年 02月 【13件】
2009年 01月 【22件】
2008年 12月 【13件】
2008年 11月 【18件】
2008年 10月 【7件】



カテゴリでさがす

手書き風シリーズ星本の種類、など
記事のメインカテゴリーです。



キーワードでさがす




タグでさがす

手書き風シリーズ星記事の多い順です。


RSSリンクの表示




2015.04.13  父が消えた  


chichikie.jpg
父が消えた
(文藝春秋 1981/3/10)
尾辻 克彦

自分的にも世間的にも遅ればせなこのブログ。
昨年の秋、赤瀬川原平(尾辻克彦)が亡くなったというニュースを見たのは、
安西水丸の展覧会を見た直後でしたので、二重にがっくりしました。

赤瀬川原平の絵は
かつて白水社から出ていた「新劇」という月刊誌の
表紙で見たのが最初だったと思います。
その後、エッセイや小説、それに宮武外骨ことを書いた本を夢中で読みました。
亡くなった頃に千葉の美術館で展覧会が開かれていて
是非行きたかったのですが、ついに時間がとれず行くことができませんでした。

せめて、読み返そうと思っていた「父が消えた」を
ようやく最近読み返しました。
この小説を読む返すのは二回目で、
一回めはわたし自身の父が死んだ時です。
別の小説「国旗が垂れる」とごっちゃになっていて
あれ、こういう話だっけと思いましたが、今回もまた同じく。
何度でも同じようなことをしているのでした。
でも尾辻克彦の小説は、そういうちょっとした思い込みや
勘違いや、物忘れを、ぐるぐるたどっているうちに
ふっと飛び立つような、解放されるような感じがあるのです。

これも、やはり前に読み返したときに思ったことですが、
とりわけ「胡桃子ちゃん」が出てくる父子家庭の話が好きだなと。
この短編集にも「お湯の音」という
「胡桃子ちゃん」の出てくる話があります。
芥川賞受賞後に書かれた短編です。
そのめでたさ、そのほっとする感じ、
昭和臭さ、そして変なお父さんぶりが好きだったなと。
だからやっぱりちょっと違うような気がしたけれど、
追悼の気持ちで手に取るのはやっぱりこの一冊
「父が消えた」だなと思うのでした。

関連記事 in my blog: 安西水丸 地球の細道  あんじゅう

よろしければポチっとお願いいたします。 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト




← 詩の楽しみー作詩教室 / Home / 欲望という名の電車 →

Comment Post


Name:
Title:

Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home