空飛ぶ色いろnatsuno07

ようこそ! 
本に関すること、日々のこと、いろいろです。
ゆっくり遊んで行ってください。
文中敬称略とさせていただきます。
引用は青字にしています。

プロフィール

author: natsuno07 ♀
絵を見ることが好き。 読書が好き。文鳥が好き。
日常のあれこれ書いてます。
うちの文鳥


yumenosuke


natsuno07



@soratobuiroiro

更新通知なつぶやき


小鳥なつぶやき




カレンダー


04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最新記事




カテゴリでさがす

手書き風シリーズ星本の種類、など
記事のメインカテゴリーです。



キーワードでさがす




タグでさがす

手書き風シリーズ星記事の多い順です。


RSSリンクの表示




2015.02.05  Nのために  


Nのために (双葉文庫)
(2014/08/23)
湊 かなえ

登場人物の誰もがイニシャルにNがあって、
それぞれが「自分以外のNのために」「うそをついている」
そのようにして、何重にも隠された真相が
すこしずつ明かされていくというミステリーです。
テレビドラマではラブストーリー風の切ない仕上がりになっていましたが、
原作は、もうちょっとザラっとしています。

ざっくり言うと、愛情過多だったり、極端なエゴイストだったりする親に
傷つけられた子供が大人になって、
彼らなりに他人と向き合って、守ろうとしたり、救おうとしたりするのに
結果的に殺人事件になってしまう。
しかも主人公は病に侵されて、人生をやり直すことさえできない。
・・という、読み終えても虚しさが残るお話です。
イヤな気分になるミステリー、「イヤミス」というのだそうです。

文庫本の表紙の絵がなかなかに素敵ですが、
これは中身を読むと、相当にげんなりな鳥かごです。
それにしても、小鳥飼ってる人ってどういうイメージいだかれてるのだろう。

よろしければポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト




← きりこについて / Home / すみれ色してた窓で →

Comment Post


Name:
Title:

Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home