空飛ぶ色いろnatsuno07

ようこそ! 
本に関すること、日々のこと、いろいろです。
ゆっくり遊んで行ってください。
文中敬称略とさせていただきます。
引用は青字にしています。

プロフィール

author: natsuno07 ♀
絵を見ることが好き。 読書が好き。文鳥が好き。
日常のあれこれ書いてます。
うちの文鳥


yumenosuke


natsuno07



@soratobuiroiro

更新通知なつぶやき


小鳥なつぶやき




カレンダー


04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最新記事




カテゴリでさがす

手書き風シリーズ星本の種類、など
記事のメインカテゴリーです。



キーワードでさがす




タグでさがす

手書き風シリーズ星記事の多い順です。


2014.06.16  星の林に月の船  


hoshinoha.jpg
星の林に月の船 (岩波少年文庫)
(2005/06/16)
大岡 信編


引き出しの中を片付けていたら、古い新聞の切り抜きが出てきました。
「折々のうた」
2007年まで大岡信が朝日新聞に連載していたコラムです。

見ていたい花火を見上げる君だけを

この俳句は「17音の青春2004」に所収されている
高校生の俳句だそうです。
2004年から、10年の時が過ぎていて、
ニュースは、ほぼインターネットで見るようになった昨今
「新聞の切り抜き」が懐かしい。
大岡信が小中学生向けに詩歌を紹介している
少年文庫があったので挟んでおくことにしました。

天の海に 雲の波立ち 月の船
星の林に 漕ぎ隠る見ゆ
(万葉集 柿本人麻呂)


小学1年生が17歳の高校生になり、
17歳だった高校生が母親になる10年後。
2014年と2004年の間に流れた10年。
月の船がすべっていく天の時間はゆるやかなのか光速なのか?

片付けものをしながらついほかのことに気を取られて
考え事をはじめてしまう自分にも
やれやれ10年の時が流れたんだなぁと思うのでした。

関連記事 in my blog: つきのふね

よろしければポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト




← きょうはマラカスのひ -クネクネさんのいちにち / Home / おはよう、つちたち →

Comment Post


Name:
Title:

Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home