空飛ぶ色いろnatsuno07

ようこそ! 
本に関すること、日々のこと、いろいろです。
ゆっくり遊んで行ってください。
文中敬称略とさせていただきます。
引用は青字にしています。

プロフィール

author: natsuno07 ♀
絵を見ることが好き。 読書が好き。文鳥が好き。
日常のあれこれ書いてます。
うちの文鳥


yumenosuke


natsuno07



@soratobuiroiro

更新通知なつぶやき


小鳥なつぶやき




カレンダー


04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最新記事




カテゴリでさがす

手書き風シリーズ星本の種類、など
記事のメインカテゴリーです。



キーワードでさがす




タグでさがす

手書き風シリーズ星記事の多い順です。


RSSリンクの表示




2014.05.05  「トロと休日」な休日 


三崎港
(三崎港のお昼、マウスを乗せるとちょっとアングルが違うけどトロがいます。)

三浦半島の三崎港に行きました。
プレステ「トロと休日」の舞台になった町です。
品川で京急に乗り換える段階でめちゃめちゃ混んでいたので
恐ろしい予感はしていましたが、三崎口からのバスに長蛇の列、
乗ったものの、道は城ケ島や、油壺に行く車で超渋滞。
五月晴れの気持ちのいい天気だったので、
「よおし、行くかあ」と誰もが思ったであろう、
ザ、ゴールデンウィーク。

2001年に「トロと休日」が出たときから13年の時が流れ、
まず、おんなじってわけにはいかないと思ってましたが、
かなりトロの歩いた町の風景が残っていました。
しかも、海風も太陽も本物だから気持ちよいのでした。
お店の軒先にツバメが巣を作っていたり、
トンビの喉かな声が空に響いていたり、
路地には本物の猫の姿があります。
街中にはたくさん人がいるのに、なんだかのんびりしていました。
マグロ丼、トロ饅頭、美味しいものも食べました。

三崎港2
(懐かしの駄菓子屋さん、マウスを乗せるとトロがきょろきょろしています。)

誰もが帰りはじめる夕方は混雑が倍増していて、
まず、車がまったく動かない状態。
道が空いていれば15分のところ1時間半かかりました。
ともかくものすごかったです。
こんどはもうちょっと乗り物が
空いてそうな時を選んで来たいなと思うのでした。

三崎港3
(この手前の道を入っていくと、おいしいドーナツ屋がありました。)


関連記事 in my blog: ぼくとハコイヌ

よろしければポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト




← Suica-fe / マルノウチリーディングスタイル / Home / つつじのむすめ →

Comment Post


Name:
Title:

Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home