空飛ぶ色いろnatsuno07

ようこそ! 
本に関すること、日々のこと、いろいろです。
ゆっくり遊んで行ってください。
文中敬称略とさせていただきます。
引用は青字にしています。

プロフィール

author: natsuno07 ♀
絵を見ることが好き。 読書が好き。文鳥が好き。
日常のあれこれ書いてます。
うちの文鳥


yumenosuke


natsuno07



@soratobuiroiro

更新通知なつぶやき


小鳥なつぶやき




カレンダー


04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最新記事




カテゴリでさがす

手書き風シリーズ星本の種類、など
記事のメインカテゴリーです。



キーワードでさがす




タグでさがす

手書き風シリーズ星記事の多い順です。


2014.04.11  てつぞうはね 


tetsuzo.jpg
てつぞうはね
(ブロンズ新社 2013/09/20)
ミロコマチコ


二年前にこの世を去った犬のことを思い出しながら
今飼っている犬と桜の咲く川べりを歩く友のブログを読んで
この絵本のことを考えました。

おおきくてふにゃあとした感じの猫のてつぞうを
まるで抱き上げるような錯覚に陥りながら
つい何の気なしに読み始めてしまったわたしは
あっしまった・・・とちょっと後悔。
てつぞうは帰らぬ猫となってしまいます。
それからまたしばらくして、かつててつぞうがそうであったように
桜の花びらを追っかけるのが好きな二匹の猫たちが
絵本の中で無邪気に遊んでいます。

今はこの世にいない猫の思い出を
今、目の前にいる二匹の猫に語っているのか
それともこの世にいないけれど、記憶の中にいる猫に
語りかけているのか。

一度でも動物を飼って、看取ったことがあれば
元気にしている動物を目の前に見ていても
別れの記憶を忘れてしまうことはできないものです。
だけれど、そういう痛みのようなものだけではなく
二度目に飼い始めた人には
今生きている動物と、かつて飼っていた動物の両方が
ふっと寄り添ってくる瞬間があります。
という、そういう絵本なのです。

関連記事 in my blog: 疾走する猫

よろしければポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト




← クヴィエタ・パツォウスカー展 / Home / なにか、きらめくものを思い浮かべて →

Comment Post


Name:
Title:

Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home