空飛ぶ色いろnatsuno07

ようこそ! 
本に関すること、日々のこと、いろいろです。
ゆっくり遊んで行ってください。
文中敬称略とさせていただきます。
引用は青字にしています。

プロフィール

author: natsuno07 ♀
絵を見ることが好き。 読書が好き。文鳥が好き。
日常のあれこれ書いてます。
うちの文鳥


yumenosuke


natsuno07



@soratobuiroiro

更新通知なつぶやき


小鳥なつぶやき




カレンダー


04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最新記事




カテゴリでさがす

手書き風シリーズ星本の種類、など
記事のメインカテゴリーです。



キーワードでさがす




タグでさがす

手書き風シリーズ星記事の多い順です。


2014.03.24  武者分類(むしゃぶるい)図鑑 


武者分類
(マウスを乗せるともう一つの看板が現れます。)

冬枯れた枝が光りはじめる早春とはなりましたが、
連休最後の日は、練馬美術館へ。
野口哲哉の武者分類(むしゃぶるい)図鑑を見てきました。

等身大くらいの武者がいると思っていたら、サイズはいろいろ。
うちの文鳥よりちょっと大きいくらいだったり、
うちの文鳥がおもちゃにして突っつきまわしそうなサイズだったり。
化石や貝殻の標本のように展示されている武者もいました。

日本の兜の意匠には動物、植物からヒントを得たものも多いそうです。
しかも図鑑とか分類という言葉が使われているせいか
野外観察に来ているようなキモチになります。
胡桃、栗、植物には植物の鎧があり
鳥たち、動物たちにも固い表皮や針状の毛による鎧があるなぁ
ということを思ったりしながら。

着甲武人猫散歩逍遥図なんていう掛け軸もありました。
猫の兜なんていうのも。

「Traveler~旅する侍」「After rain」は
田舎のバス停みたいな箱の中で、黄色い傘をさしている武者がいます。
背後の背景は中世ヨーロッパ。
とても小さい作品ですが、その作品のバックには
日本の戦国時代が舞台だろう大きな屏風が置かれています。
その不思議な空間がなんとも好きでした。

よろしければポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト




← ベルナルさんのぼうし / Home / ムットーニのからくり劇場 →

Comment Post


Name:
Title:

Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home