空飛ぶ色いろnatsuno07

ようこそ! 
本に関すること、日々のこと、いろいろです。
ゆっくり遊んで行ってください。
文中敬称略とさせていただきます。
引用は青字にしています。

プロフィール

author: natsuno07 ♀
絵を見ることが好き。 読書が好き。文鳥が好き。
日常のあれこれ書いてます。
うちの文鳥


yumenosuke


natsuno07



@soratobuiroiro

更新通知なつぶやき


小鳥なつぶやき




カレンダー


04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最新記事




カテゴリでさがす

手書き風シリーズ星本の種類、など
記事のメインカテゴリーです。



キーワードでさがす




タグでさがす

手書き風シリーズ星記事の多い順です。


RSSリンクの表示




2014.03.08  行ってきました「ぐりとぐら展」 


ぐりとぐら展1
午後から用事があったので、早めに出かけたため
すぐに入場できたものの、中はとっても混雑状態。
そういや、大きいタマゴのオブジェがあるとか・・
なんだ、なんだ、どこだ、どこだ状態。
人に埋もれてました。
でも、行ってよかったです。
ここ数年、足を運ぶようになった絵本の原画展ですが、
本で見るのとまた違った新鮮さがあります。
ぐりとぐらも、さらに伝わってくる色のみずみずしさがあって、
トカゲや、カメの色などは絵本ではあまり気づかなかったけれど
とてもきれいです。
見終わって出てくると、入場制限の札が出ていて
入場待ちの列が続いていました。
「人気ものだよ、ぐりとぐら♪」
帰りにやっぱり美味しいもの食べたくなります。

で、用事をすませてから、美味しいものを食べにいってしまいました。
うちに帰ってきてから、本棚の前でごそごそ。
子供の頃から今までずっと大事にしている絵本の数冊の中に
「ぐりとぐら」はあります。
開くと、クレヨンで自分の名前書いてるし。
今日、ふうんと思ったのは、「ぐりとぐらって小さいんだな」と。
子供の頃、自分はぐりとぐらとまるで同じサイズのつもりで
絵本を見ていたのだなと、気づくのでした。

ぐりとぐら展0
関連記事 in my blog: 懐かしい本の記憶

よろしければポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト




← もぐらくんとゆきだるまくん (もぐらくんの絵本) / Home / 待ちどおしい「ぐりとぐら展」 →

Comment Post


Name:
Title:

Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home