空飛ぶ色いろnatsuno07

ようこそ! 
本に関すること、日々のこと、いろいろです。
ゆっくり遊んで行ってください。
文中敬称略とさせていただきます。
引用は青字にしています。

プロフィール

author: natsuno07 ♀
絵を見ることが好き。 読書が好き。文鳥が好き。
日常のあれこれ書いてます。
うちの文鳥


yumenosuke


natsuno07



@soratobuiroiro

更新通知なつぶやき


小鳥なつぶやき




カレンダー


04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最新記事




カテゴリでさがす

手書き風シリーズ星本の種類、など
記事のメインカテゴリーです。



キーワードでさがす




タグでさがす

手書き風シリーズ星記事の多い順です。


RSSリンクの表示




2014.01.05  インターメディアテク: 東京大学学術コレクション 


あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

お正月休みに、東京中央郵便局跡にできたKITTEへ。
そこで入ってみた、インターメディアテクがとっても面白かったです。
東京大学の学術文化財を常設展示しているスペースで
「動物のお医者さん」の漆原教授が出てきそうな雰囲気。
どうみても「ひよちゃん」にしか見えない、
天然記念物的ニワトリの剥製の数々
不思議の国のアリスの「イモムシ」みたいな
大きな「蚕」の模型、など。
鳥の剝製が天井近くで睨んでいたりで、
ハリーポッターの学校みたいでもあります。

ずいぶん前に東京都庭園美術展で「森と芸術」を見たときも
東大から貸し出されたはく製や、自然科学の模型
標本などが展示されているコーナーがありましたが、
それをさらにダイナミックにした感じ。
現在は、「驚異の部屋ー京都大学バージョン」ということです。
科博の常設展と雰囲気が似ているけれど、
展示の仕方がもうちょっと芸術的に仕上がっています。

インターメディアテク: 東京大学学術コレクション
(平凡社 2013/11/27)
西野 嘉章


関連記事 in my blog: 動物のお医者さん  猛暑日の庭

よろしければ初ポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト




← ひめねずみとガラスのストーブ / Home / よいお年を →

Comment Post


Name:
Title:

Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home