空飛ぶ色いろnatsuno07

ようこそ! 
本に関すること、日々のこと、いろいろです。
ゆっくり遊んで行ってください。
文中敬称略とさせていただきます。
引用は青字にしています。

プロフィール

author: natsuno07 ♀
絵を見ることが好き。 読書が好き。文鳥が好き。
日常のあれこれ書いてます。
うちの文鳥


yumenosuke


natsuno07



@soratobuiroiro

更新通知なつぶやき


小鳥なつぶやき




カレンダー


04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最新記事




カテゴリでさがす

手書き風シリーズ星本の種類、など
記事のメインカテゴリーです。



キーワードでさがす




タグでさがす

手書き風シリーズ星記事の多い順です。


RSSリンクの表示




2013.10.13  アメリカン・ポップ・アート展 


American Pop

8月に始まってから、ずっと行きたいなと思いながら、
他にも行きたい美術展があったので後回しになっていた
アメリカン・ポップ・アート展をようやく見てきました。
国立新美術館です。
今から20年近く前の1996年東京都現代美術館で
アンディ・ウォーホール展をやった時にも見に行きましたが、
自分も変わったし、時代も変わって
今回見たアメリカンポップアートはかなり違う印象でした。

ジョン・アンド・キミコ・パワーズ夫妻の
コレクションであるという、
「私物」感覚が、「公共物」的なポップさと混ざって
なんとも不思議な部屋に紛れ込んだ気分です。
そのキミコ・パワーズのポートレートが、
なんといっても、かっこよかったです。
キャンベルスープ缶の絵は、もはやアンディ・ウォーホールであって
アンディ・ウォーホールでないような
きっとあんまり何も思わないだろうな
と思ってましたが、実際に見ると圧倒されました。
コピーできそうで、絶対できないからアートなんだなと改めて。

他には、ジャスパー・ジョーンズ、この人の絵も
美術の教科書などで、ちまちまっと見てもその迫力は
伝わるものじゃない、という壁画のような魅力があって
すごかったです。

関連記事 in my blog: 生々流転


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト




← ぎん色いろ色ー楽しいどあのぶんちょう  / Home / Audubon Songbirds & Other Backyard Birds 2014 Calendar →

Comment Post


Name:
Title:

Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home