空飛ぶ色いろnatsuno07

ようこそ! 
本に関すること、日々のこと、いろいろです。
ゆっくり遊んで行ってください。
文中敬称略とさせていただきます。
引用は青字にしています。

プロフィール

author: natsuno07 ♀
絵を見ることが好き。 読書が好き。文鳥が好き。
日常のあれこれ書いてます。
うちの文鳥


yumenosuke


natsuno07



@soratobuiroiro

更新通知なつぶやき


小鳥なつぶやき




カレンダー


04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最新記事




カテゴリでさがす

手書き風シリーズ星本の種類、など
記事のメインカテゴリーです。



キーワードでさがす




タグでさがす

手書き風シリーズ星記事の多い順です。


2013.09.09  みつこととかげ  


mitsukototoka.jpg
みつこととかげ
(福音館書店 2011/02/10)
田中清代

女の子が仲良しの「とかげ」と「とかげの国」に行くお話です。
とかげの国では、女の子のサイズはトカゲと一緒。
女の子には虹色の尻尾もついています。
絵本の「トマトさん」で、とかげたちがそうしていたように
大きなトマトにもたれかかったりしてます。
とても気持ちよさそう。
「ちょろりん」のときも思ったけれど、
なぜか二足歩行の「とかげくん」
先にたって、るんるんと歩いていきます。

前に、「飼うペット別、飼い主の性格」
について書かれているのを読んでいたら
爬虫類、鳥類を飼う人は「ニンゲン嫌い」だとか。
理由は、「無表情な生き物を好むから」だそうです。
それは、違うんだなぁ。
爬虫類は飼ったことないので、わかりませんが、
鳥類は表情豊かです。

ただ、一緒に散歩は無理。
その惜しい一点の夢をかなえてくれているところが、
素敵な絵本なのです。
鳥はとかげじゃないけれど、やっぱり二足歩行だと
「いとこ」な感じがいや増します。
この絵本のとかげくんは、鳥にひどい目にあいますけど。

関連記事 in my blog: トマトさん,  ちょろりんととっけー


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト




← 800番への旅 / Home / はじめて小鳥がそらをとんだとき →

Comment Post


Name:
Title:

Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home