空飛ぶ色いろnatsuno07

ようこそ! 
本に関すること、日々のこと、いろいろです。
ゆっくり遊んで行ってください。
文中敬称略とさせていただきます。
引用は青字にしています。

プロフィール

author: natsuno07 ♀
絵を見ることが好き。 読書が好き。文鳥が好き。
日常のあれこれ書いてます。
うちの文鳥


yumenosuke


natsuno07



@soratobuiroiro

更新通知なつぶやき


小鳥なつぶやき




カレンダー


04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最新記事




カテゴリでさがす

手書き風シリーズ星本の種類、など
記事のメインカテゴリーです。



キーワードでさがす




タグでさがす

手書き風シリーズ星記事の多い順です。


2013.09.05  誇らかなオンドリ 




「ハンス・フィッシャー 世界でももっとも美しい教科書」
真壁伍郎 著 (編集工房 くま)
先日、「こねこのぴっち 絵本原画展」を
教文館に見に行ったとき買った本で、
フィッシャーの挿絵が入ったスイスの小学生用教科書について
書かれています。

小学生のときに使った国語の教科書は、
中学や高校のときよりずっと「絵」が印象に残っていて、
つい最近も、そういえば「おそばのくきはなぜあかい」の初山滋の絵を
教科書でも見ていた記憶がある
と思い出したばかりでした。

ここで紹介されている教科書は、フィッシャーの挿絵と
誰でも知っているわらべ歌によって、リズミカルに
楽しくことばを学ぶことができるというものです。
「風だよ 風だよ 天からのこどもさ」だとか、
「かっこう かっこう と森でよぶ」というタイトルがついていて
何が書いてあるのかなと、とても気になります。
堀内誠一の絵がはいった、マザーグースの絵本と
ちょっとだけ似ているような気もします。

表紙になっている「誇らかなオンドリ」は、
この画像だと分かりにくいですが、きれいな羽とトサカと
そして、ちょぴりお茶目な目をしています。
鳥だってそれぞれ性格があるよ
ということをよく知っている人だな、なんて思うのです。

関連記事in my blog: こねこのぴっち 絵本原画展  
たなばた(こどものとも傑作集)  オレンジとレモン


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト




← はじめて小鳥がそらをとんだとき / Home / ぎん色いろ色ー本棚移動 →

Comment Post


Name:
Title:

Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home