空飛ぶ色いろnatsuno07

ようこそ! 
本に関すること、日々のこと、いろいろです。
ゆっくり遊んで行ってください。
文中敬称略とさせていただきます。
引用は青字にしています。

プロフィール

author: natsuno07 ♀
絵を見ることが好き。 読書が好き。文鳥が好き。
日常のあれこれ書いてます。
うちの文鳥


yumenosuke


natsuno07



@soratobuiroiro

更新通知なつぶやき


小鳥なつぶやき




カレンダー


04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最新記事




カテゴリでさがす

手書き風シリーズ星本の種類、など
記事のメインカテゴリーです。



キーワードでさがす




タグでさがす

手書き風シリーズ星記事の多い順です。


RSSリンクの表示




2013.09.01  ジブリ「風立ちぬ」のことなど 


白バラ
(マウスをのせるとバラの花が見えます)
「あんたが、あんたのバラの花をとてもたいせつに思っているのはね、
そのバラの花のために、時間をむだにしたからだよ」-星の王子さま


「風立ちぬ」を見てきました。
ペイトンの「雲のはて」やサン・テグジュペリの「闘う操縦士」は
パイロットの話でしたが、こちらは航空エンジニア。
時代が平和であれば、プロジェクトエックスだったはずの
技師たちの努力が、時代の風に巻き込まれていきます。
なんで、今この映画なんだろう。
いったい今はどんな風が吹いているのやら。

見終わって出てきたのは、激暑の六本木。
アスファルトの照り返しは激しく、首都高は覆いかぶさり
熱中症で倒れた人がいるのか
救急車が出動してタンカーが置かれてました。
関東大震災の日も暑かったそうです。
鎌倉の大仏が30センチ動いたのだとか。
土曜日の「あまちゃん」は、ついに2011年3月11日
ゆいちゃんの乗った電車が走り出したラストだけで
号泣しそうでした。

関連記事 in my blog: 戦う操縦士,  雲のはて


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 鳥ブログ 白文鳥へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト




← ぎん色いろ色ー本棚移動 / Home / ぎん色いろ色ーメイプルシロップ文鳥 →

Comment Post


Name:
Title:

Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home