空飛ぶ色いろnatsuno07

ようこそ! 
本に関すること、日々のこと、いろいろです。
ゆっくり遊んで行ってください。
文中敬称略とさせていただきます。
引用は青字にしています。

プロフィール

author: natsuno07 ♀
絵を見ることが好き。 読書が好き。文鳥が好き。
日常のあれこれ書いてます。
うちの文鳥


yumenosuke


natsuno07



@soratobuiroiro

更新通知なつぶやき


小鳥なつぶやき




カレンダー


07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


記事の年月でさがす


2017年 08月 【4件】
2017年 07月 【6件】
2017年 06月 【10件】
2017年 05月 【13件】
2017年 04月 【14件】
2017年 03月 【15件】
2017年 02月 【12件】
2017年 01月 【7件】
2016年 12月 【9件】
2016年 11月 【13件】
2016年 10月 【2件】
2016年 09月 【3件】
2016年 08月 【6件】
2016年 07月 【8件】
2016年 06月 【9件】
2016年 05月 【12件】
2016年 03月 【8件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【2件】
2015年 12月 【8件】
2015年 11月 【3件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【4件】
2015年 04月 【6件】
2015年 03月 【7件】
2015年 02月 【5件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【3件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【3件】
2014年 05月 【6件】
2014年 04月 【6件】
2014年 03月 【8件】
2014年 02月 【3件】
2014年 01月 【3件】
2013年 12月 【5件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【4件】
2013年 09月 【12件】
2013年 08月 【15件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【11件】
2013年 05月 【11件】
2013年 04月 【6件】
2013年 03月 【7件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【4件】
2012年 10月 【5件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【10件】
2012年 07月 【10件】
2012年 06月 【2件】
2012年 05月 【7件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【10件】
2012年 02月 【7件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【13件】
2011年 09月 【5件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【15件】
2011年 06月 【6件】
2011年 05月 【9件】
2011年 04月 【11件】
2011年 03月 【5件】
2011年 02月 【5件】
2011年 01月 【13件】
2010年 12月 【7件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【10件】
2010年 09月 【8件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【16件】
2010年 06月 【18件】
2010年 05月 【13件】
2010年 04月 【16件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【2件】
2009年 12月 【11件】
2009年 11月 【11件】
2009年 10月 【12件】
2009年 09月 【5件】
2009年 08月 【16件】
2009年 07月 【15件】
2009年 06月 【8件】
2009年 05月 【14件】
2009年 04月 【18件】
2009年 03月 【11件】
2009年 02月 【13件】
2009年 01月 【22件】
2008年 12月 【13件】
2008年 11月 【18件】
2008年 10月 【7件】



カテゴリでさがす

手書き風シリーズ星本の種類、など
記事のメインカテゴリーです。



キーワードでさがす




タグでさがす

手書き風シリーズ星記事の多い順です。


RSSリンクの表示




2008.10.28  クローディアの秘密 


くろーでぃあのひみつ

クローディアの秘密 (岩波少年文庫 050)
(2000/06)
E.L.カニグズバーグ 作 松永 ふみ子 訳


鉄道博物館はとても混んでいましたが、博物館のようなところに来ると、
閉館時間が来て、お客さんがすっかり帰ってしまったあとは
どんな感じだろうと考えたりします。
じっと動かないでいた展示物がいっせいに動きだしていたり、
水族館の大きな水槽で、がんがん泳いでいたマグロたちが
気を抜いてペースダウンしてたり、そんなことがあったら面白いかも、なんて。
ニューヨークのメトロポリタンミュージアムに
12歳の女の子が弟と一緒に「家出」する、
「クローディアの秘密」という話があります。
・・・とだけ聞いたら、どんな話を想像しますか?
夜の美術館で巻き起こるファンタジー?タイムトリップするSF?

この小説は1967年に"From the Mixed-up Files of Mrs.Basil E.Frankweiler"
という原題で出版されています。
紛れ込んでいるファイルはクローディアの家出の詳細なのか・・
あるいは、クローディアの探し求めた「彫刻の真偽」に関するファイルなのか・・。
原題はそっけなくて、ただの書類のタイトルみたいですが、
この小説を読めば、それが真面目くさった・・・
たとえば「美術館の警備員」のウィンクみたいな茶目っ気だとわかります。
1960年代のアメリカは、冷戦真っ只中、
クローディアが14才になるころには、月面着陸が成功する、そんな時代。

家出「経費」の削減と捻出に「有能」な弟と、
発想の奇抜さと計画の緻密さをあわせもつクローディアの二人は、
無事美術館への家出作戦を遂行します。
その美術館では破格の安値で購入した天使の像が、
実はミケランジェロの作ではないかと騒がれ、
連日人が押し寄せています。
そんな中で、二人は真偽の追求のためにある行動に出るのです。

同じ1960年代の日本で読めば、
さぞ、クローディアはアメリカ風な小学生だったでしょうが、
2008年現在ともなると、ほとんど違和感がなく、
そんなに昔のお話とは思えません。
とはいえ、実際にニューヨークに行けば、
クローディアが歩いた頃の風景はなく、もはや違うニューヨークなはず。
ジャズにロック、J.F.ケネディ暗殺にベトナム戦争、
1960年代の空気が漂うニューヨークってどんなだったのだろう・・・
そんなことを考えます。


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト




← ムーミン谷の11月 / Home / 青い鳥 →

Comment Post


Name:
Title:

Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home