空飛ぶ色いろnatsuno07

ようこそ! 
本に関すること、日々のこと、いろいろです。
ゆっくり遊んで行ってください。
文中敬称略とさせていただきます。
引用は青字にしています。

プロフィール

author: natsuno07 ♀
絵を見ることが好き。 読書が好き。文鳥が好き。
日常のあれこれ書いてます。
うちの文鳥


yumenosuke


natsuno07



@soratobuiroiro

更新通知なつぶやき


小鳥なつぶやき




カレンダー


04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最新記事




カテゴリでさがす

手書き風シリーズ星本の種類、など
記事のメインカテゴリーです。



キーワードでさがす




タグでさがす

手書き風シリーズ星記事の多い順です。


RSSリンクの表示




2012.11.29  絵本 化鳥 


絵本 化鳥
(画像は、泉鏡花記念館前のポスター)

金沢の泉鏡花記念館のホームページにあるこの絵を見て、
絵本「化鳥」原画展を絶対見に行こうと思いました。
このポスターになっている絵は
少年が川に落ちた時助けてくれた
「翼の生えた美しい姉さん」を探しに「鳥屋」に行く場面のものです。
このポスターの中にはいませんが、左端のほうに白文鳥もいます。
水の街の風景がベトナム風な感じがします。
横長の絵本を見開きで見るサイズなので、
「絵てぬぐい」のようにも感じられます。
高野文子の「絶対安全剃刀」も彷彿とします。

それにしても泉鏡花。
夜叉ケ池、高野聖、滝の白糸などなど
タイトルだけだったらかなり沢山知っているのに
どれも話を知らない・・。
「化鳥」の文章は当時の口語体だそうですが、こんな話し方していたのか?
ともかく不思議な印象の話でした。
化鳥と書いて「けちょう」
なんとも、見慣れない聞きなれない言葉ですが、
怪鳥と書いても「けちょう」と読ませることがあるようです。
ちなみに、うちの文鳥が口を開けて
かぁああっと頭を掻いている姿は「怪鳥」さながらです。

絵本 化鳥
(国書刊行会 2012/10/26)
泉 鏡花 中川 学 画

関連記事 in my blog: 黄色い本

よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト




← 雨の眺め方 / Home / 泉鏡花記念館 →

Comment Post


Name:
Title:

Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home