空飛ぶ色いろnatsuno07

ようこそ! 
本に関すること、日々のこと、いろいろです。
ゆっくり遊んで行ってください。
文中敬称略とさせていただきます。
引用は青字にしています。

プロフィール

author: natsuno07 ♀
絵を見ることが好き。 読書が好き。文鳥が好き。
日常のあれこれ書いてます。
うちの文鳥


yumenosuke


natsuno07



@soratobuiroiro

更新通知なつぶやき


小鳥なつぶやき




カレンダー


04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最新記事




カテゴリでさがす

手書き風シリーズ星本の種類、など
記事のメインカテゴリーです。



キーワードでさがす




タグでさがす

手書き風シリーズ星記事の多い順です。


RSSリンクの表示




2012.10.31  クリスティのハロウィーン・パーティー  


Hallow_.jpg
ハロウィーン・パーティー (ハヤカワ・ミステリ)
(早川書房 1971/12/15)
アガサ・クリスティー 作 中村 能三 訳

ハローウィンが近づいたので、
アガサ・クリスティのこの推理小説を読み返しました。
「殺人を見たことがある」
という少女の発言から、ハローウィンパーティで悲劇が起こります。

こどもの頃に江戸川乱歩を読んだ時のような「怖いもの見たさ」、
で、読んでいるというわけでもなく、
ただ、なんとなく時間をつぶしてしまったような感じ。
何故、犯人が罪を犯したのか、という
動機に関しては
まぁ、ふうん・・というような感じです。
そのくせ読み返すのは三度目。
裏を返せば、こういうリアリティのない人を
「犯人」にしたい気持ちが
万国共通的にあるのかも、なんて思ったりもします。

話しは違いますが、10月から始まったドラマの
「悪夢ちゃん」にはまってます。
背中に羽を生やした「夢王子」というのが出てきます。
こちらもリアリティ・ゼロ。
「夢王子」はイイ者か?ワル者か?
はたまた、笑えるだけか?
知りたいような、知りたくないような。

関連記事 in my blog: ハローウィン・いろいろ,  ツヨイ味方


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト




← キツネの黍団子 / Home / 英雄の書-赤い本のいざない →

Comment Post


Name:
Title:

Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home