空飛ぶ色いろnatsuno07

ようこそ! 
本に関すること、日々のこと、いろいろです。
ゆっくり遊んで行ってください。
文中敬称略とさせていただきます。
引用は青字にしています。

プロフィール

author: natsuno07 ♀
絵を見ることが好き。 読書が好き。文鳥が好き。
日常のあれこれ書いてます。
うちの文鳥


yumenosuke


natsuno07



@soratobuiroiro

更新通知なつぶやき


小鳥なつぶやき




カレンダー


04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最新記事




カテゴリでさがす

手書き風シリーズ星本の種類、など
記事のメインカテゴリーです。



キーワードでさがす




タグでさがす

手書き風シリーズ星記事の多い順です。


RSSリンクの表示




2012.09.30  ダーウィンと出会った夏 


今から100年以上前の、アメリカのテキサスの11歳の少女のお話。
各章の冒頭に、栞のようにダーゥインの「種の起源」からの文章が引用され
そのあとには、アメリカ南部の富裕階級に育つ少女の
ちょっと退屈な日常がつづられています。
アメリカ南部で大農場を経営する一家のアルバムを
延々と見させられるような感じ。
ひとくちに「農場」といっても、国柄というのがあるなぁと
「農場にくらして」と比較して思ったりもしました。

原題は、「The Evolution of Captina Tate」
Captina Tateは主人公の少女の名です。
「ガラパゴスフィンチの進化」というのと
同じ感じで本のタイトルになっているので
少女が100年前のテキサスという特殊な「環境」の中にいる
「小鳥」のようにも思えてきます。

そして、思春期は自分の選んだ環境の中にあるわけではないし、
望み通りに生きられるわけでもない。
けれど、「独自の」どこの誰とも違う、
「自分」へ「進化」する時期でもあった
なんてことを思い出すのでした。
「2012年課題図書、高等学校の部」に選定された本です。

ダーウィンと出会った夏
(ほるぷ出版 2011/07)
ジャクリーン ケリー 作 齋藤 倫子 訳

関連記事 in my blog: 進化への航路,  農場にくらして,  野川


よろしければポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト




← 古城の歌 / Home / ぎん色いろ色ーおふとんかけたら →

Comment Post


Name:
Title:

Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home